News

2012年3月2日(金)

【週刊 俺の妹P続】伏見先生、二見P、三木副編集長の座談会で続編が決定した理由が明らかに! 大学生になった麻奈実のプレイ動画もお届け

文:電撃オンライン

『俺の妹がこんなに可愛いわけがない ポータブルが続くわけがない(初回特装版)』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

 3月29日にバンダイナムコゲームスから発売される、PSP用ソフト『俺の妹がこんなに可愛いわけがない ポータブルが続くわけがない(以下、俺の妹P続)』の特集ページ“週刊 俺の妹P続”の第8回をお届けする。

『俺の妹がこんなに可愛いわけがない ポータブルが続くわけがない』

 本作は、伏見つかさ先生が執筆する電撃文庫『俺の妹がこんなに可愛いわけがない(以下、俺の妹)』(イラスト:かんざきひろ先生)をゲーム化したもの。2011年に発売されたPSP用ソフト『俺の妹がこんなに可愛いわけがない ポータブル(以下、俺の妹P)』の続編にあたる。ストーリーは、伏見先生総監修の完全オリジナルとなっており、伏見先生が自ら書き下ろしたシナリオも収録される。

 今回から数回にわたって、原作者・伏見つかさ先生、ゲームの制作を担当する二見鷹介プロデューサー、伏見先生の担当編集である三木一馬電撃文庫副編集長による座談会をお届けする。それぞれ、どのような思いでこのゲームの制作に携わっているのかを語ってもらったので、興味がある人はぜひご覧いただきたい!(※インタビュー中は敬称略) また、最後のページには大学生になった麻奈実と京介の会話シーンを動画で掲載している。こちらもお見逃しなく!

■続編制作が決まった理由とタイミングは?■

――まずは、本作の開発が決まった経緯から教えてください。

二見やっぱり、以前の座談会で話したことが大きかったですね(笑)。

――まさか、あの時に話したことが本当に実現してしまうとは思いませんでした(笑)。

二見僕も思っていませんでした。でも、前作の発売後に伏見先生と三木さんに続編ができないかと相談したら、快くOKしてくださって。それで、開発することになったんですよ。

三木いや、これはもう本当に単純な理由なんですが、売れたから。5文字で表現できちゃいます。

伏見ありがたいことです。

二見確かに、IR(※投資家向け広報告知)にも“売れたから”とあったので、それは間違いないはずです。

――前作は、バンダイナムコゲームス社内で企画のゴーサインをもらうのも大変だったと聞きましたが、『俺の妹P続』はスンナリと通ったんですか?

二見前作は、タイトルがあまりにも特殊だったんで、疑いの目で見られたりはしましたね。

それと「二見キメェ」という声なき声が聞こえたり(笑)。

でも前作が売れたことがあったので、今回は笑顔でOKをもらいました。

――開発が決定したのはどれくらいのタイミングだったんですか?

二見昨年の春くらいですね。

伏見前作が発売されてから、まだそんなに経っていないころでした。

――二見さんから相談を受けた時、伏見先生たちはどう思いましたか?

伏見よーしやるぞ! とやる気が出ました! まだまだゲームに盛り込みたいネタはたくさんありましたし。きちんと時間を取って、ゲームにしっかりとかかわりたいなと。

――確かに、前作の座談会でも「ゲームのシナリオを全部書かせてほしい」とお願いしたと言ってましたよね。

伏見あの時もお話ししましたが、「もうちょっとヒマな時にゲームを作ってくれればシナリオ全部書けたのになあ」と思っていました。

三木担当としては流せない発言ですね(笑)。さておき質問に答えますと、純粋にうれしかったですね。ゲームにせよアニメにせよ、原作をおもしろいと思ってくれる人が楽しんでくれるモノでないといけないと思うんです。全員が全員楽しめたわけではないかもしれませんが、いい意味で反響が大きかったからこそ続編の話が出るわけですし。ユーザーの皆さんに感謝ですね。

→続編だけでなくリファイン版を付けた理由とは?(2ページ目へ)

(C)伏見つかさ/アスキー・メディアワークス/OIP
(C)2012 NBGI
※記事中のゲーム画像は開発中のものです。

1 2 3

データ

▼『俺の妹がこんなに可愛いわけがない ポータブルが続くわけがない(初回特装版)』
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:PSP
■ジャンル:ADV
■発売日:2012年5月17日
■希望小売価格:6,981円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『俺の妹がこんなに可愛いわけがない ポータブルが続くわけがない』
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:PSP
■ジャンル:ADV
■発売日:2012年5月17日
■希望小売価格:5,981円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。

ゲーム実況エクストリーム
再生数ランキング(04/17~04/23)

  1. 1

    【MHW】壊れ性能の新防具と鑑定武器の強さと仕様「マム・タロト」は最高の神アップデート【モンハンワールド】

  2. 2

    【MHW】新モンスター「マム・タロト」は期間限定クエストだった!有利に戦える方法や環境利用、肉質や弱点属性など【モンハンワールド】

  3. 3

    【MHW】落石利用で「マム・タロト」を達成度MAXで攻略、調査前と調査後の比較【モンハンワールド】

  4. 4

    【MHW】歴戦個体に閃光弾が一部無効に!?ツタの葉の増殖や調査クエストのソートが可能に「第二弾大型アップデート」に伴う仕様変更【モンハンワールド】

  5. 5

    【MHW】驚愕!アップデートで有料ダウンロードコンテンツがサイレント修正「乱れ桜は春爛漫」の詳細【モンハンワールド】

  6. 6

    【MHW】アステラ祭No.1の神クエスト!HR、痕跡、装飾品、竜玉、紅玉、宝玉が同時に収集できる「丘の上の雪見桜」【モンハンワールド】

  7. 7

    【MHW】大幅下方修正!最強のコンテスト大剣「竜熱機関式【鋼翼】改」がサイレント調整、影響は少なそう?【モンハンワールド】

  8. 8

    【MHW】新要素16人で討伐!新モンスター「爛輝龍 マム・タロト」の実機プレイはカプコンTVで【モンハンワールド】

  9. 9

    【MHW】マルチ!最強の鑑定武器狙いで「マム・タロト」をしばくモンスターハンターワールドなのである【モンハンワールド】

  10. 10

    【MHW】発掘武器復活か?「鑑定武器」やマム・タロトの武器や防具、重ね着が生産可能に【モンハンワールド】