News

2012年4月18日(水)

バトルして捕まえたポケモンが“トレッタ”になって出てくる! 業務用ゲーム『ポケモントレッタ』が7月中旬から稼働

文:電撃オンライン

 タカラトミーアーツは、マーベラスAQLとの共同事業として、業務用アミューズメントマシン『ポケモントレッタ』を、7月中旬から展開する。

『ポケモントレッタ』

 本作は、画面上でポケモンとバトルをして、たくさんのポケモンを捕まえていくゲーム。捕まえたポケモンが、“トレッタ”と呼ばれるチップのようなものになってマシンから出てくるのが特徴だ。本日4月18日に開かれた関係者向けの商談会で、本作の詳しいゲーム内容も明かされた。

『ポケモントレッタ』 『ポケモントレッタ』
▲『ポケモントレッタ』の筐体。モンスターボール型のボタンなど、工夫が凝らされている。▲マシンから出てくる“トレッタ”。ゲーム中に捕まえたポケモンが、実際に“トレッタ”になって出てくる。

 本作のゲームの流れを紹介する。ゲームを始めるとまずは“サーチモード”になる。これは、草むら、沼地などの6つのエリアから、シルエットや地形などをヒントにポケモンを探すモードだ。ダイヤルを回して3つのエリアを選択すると、画面上に3匹のポケモンが登場して、“バトルモード”に移行する。

『ポケモントレッタ』
▲エリアは、隣合った3つのエリアをダイヤルでまとめて選択することになる。一部のエリアにはポケモンのシルエットが表示されているので、ヒントになるはずだ。

 “バトルモード”に突入すると手持ちの“トレッタ”を3枚スキャンして、画面上に自分のポケモンを呼び出すことに。“トレッタ”が持っていない場合でも、レンタルポケモンで戦える。3匹呼び出した後、3対3のバトルがスタートする。

 バトルが始まると、わざを繰り出すポケモンをダイヤルで選択。わざは、“トレッタ”の裏に固有のものが1つ設定されている。ポケモンは1匹につき1回までわざを繰り出せるが、HPが0になってしまうとわざを出せなくなってしまうので、やられそうなポケモンからわざを使わせるのが有効だ。お互いわざを出せるポケモンがいなくなるか、3ターンが経過するとバトル終了となる。

『ポケモントレッタ』 『ポケモントレッタ』
▲わざは、一度に3匹をまとめて攻撃できる。タイプの相性はもちろん、“ミス”や“きゅうしょ”などの要素もある。
『ポケモントレッタ』
▲わざを決めた後は、ルーレットによって攻撃力を上乗せすることができる。大ダメージを狙おう。

 バトルが終わると、次は“ゲットモード”に。ここでは、ルーレットにより投げるモンスターボールを選び、バトルしたポケモンを捕まえることになる。バトル時に、ポケモンのHPをより多く減らしていた方が捕まえられる可能性がアップ。さらに、残っているポケモンの数やHPによって、ルーレットに“スーパーボール”や“ハイパーボール”といったいいボールが出現するようになる。うまくいけば、最高で3匹までポケモンを捕まえられる。

 なお、バトルで失敗してしまっても、必ず1匹ポケモンを捕まえられるので安心だ。また、バトルをせずにランダムで“トレッタ”だけをもらうモードも実装される予定とのこと。

『ポケモントレッタ』
▲ルーレットで、投げるモンスターボールを決定する。ボールも、わざと同じく3個同時に同じものが飛んでいく。
『ポケモントレッタ』 『ポケモントレッタ』
▲見事ポケモンを捕まえると、そのポケモンが“トレッタ”になって出てくる。複数のポケモンを捕まえて、2個、3個と“トレッタ”を手に入れたい場合、追加でクレジットを投入する必要がある。

 なお“トレッタ”は、ノーマルクラス、スーパークラス、ハイパークラス、マスタークラスの4つのクラスにわかれており、同じポケモンでも複数のクラスが用意されている場合がある。

 稼働時の“シーズン1”では、7月14日に公開される『劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ 「キュレムVS聖剣士 ケルディオ」』のポケモンたちを中心に、40種類以上のポケモンが登場するとのこと。“トレッタ”の側面には、並べるとイラストが完成する仕掛けもあるので、コンプリートを目指そう。

 さらに、これにあわせて関連商品も発売される。ゲームの進行状況の記録やパートナーポケモンの育成を行える『トレッタレポート』が500円(税込)、“トレッタ”3枚と“トレッタレポート”がセットになったスターターキット『はじめてポケモントレッタセット』が800円(税込)。この他、ファイルやケースなどもラインナップされる。

『ポケモントレッタ』 『ポケモントレッタ』
『ポケモントレッタ』 『ポケモントレッタ』 『ポケモントレッタ』
『ポケモントレッタ』 『ポケモントレッタ』
▲コレクションが楽しくなりそうな、さまざまな関連商品が発売される。

 また、稼働中の『ポケモンバトリオV(ブイ)』の“かけはしパック”を『ポケモントレッタ』で使うと特別なことが起こる仕掛けや、小学生以下限定で『トレッタレポート』のおためしバージョンが無料でもらえるキャンペーンなどもあるとのこと。モバイル機器を使った大会イベントなども予定されているそうだ。

『ポケモントレッタ』 『ポケモントレッタ』
▲商談会の会場にはピカチュウも駆け付け、関係者らに笑顔を振りまいていた。

(C)2012 Pokémon. (C)1995-2012 Nintendo/Creatures Lnc./GAME FREAK inc.Developed by T-ARTS and MAQL

データ

▼『ポケモントレッタ』
■メーカー:タカラトミーアーツ
■対応機種:AC
■稼働時期:2012年7月中旬

関連サイト

関連記事

注目記事

週間アクセスランキング

[集計期間2014年 10月24日~10月30日]

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。