News

2012年6月11日(月)

極まった映像美、そして日本近海が舞台!? 『トゥームレイダー』開発者デモプレイ&インタビュー

文:電撃オンライン

『トゥームレイダー』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

 E3 2012のスクウェア・エニックスブースでは、クローズドでPS3/Xbox 360用のACT『トゥームレイダー』の開発者によるデモプレイが行われた。その模様とインタビューをお届けしよう。

『トゥームレイダー』

 世界中で人気を集めるACT『トゥームレイダー』シリーズ。その最新作にあたる本作のジャンルは“サバイバルアクション”となっており、シリーズでおなじみの女性冒険家ララ・クロフトの起源が描かれるという。

 開発会社CRYSTAL DYNAMICSのスタッフによるデモプレイでは、船が座礁する既存ムービーと、今回のE3で発表されたスカベンジャーに捕縛されるムービーの間にあたる部分が用いられ、実機でのプレイを見せつつ本作の解説が行われた。ストーリー的には、ララがサバイバル生活に挑む様子の他、荒くれ者であるスカベンジャーたちから逃げるために、初めて人の命を奪うシーンなどが描かれている。

『トゥームレイダー』 『トゥームレイダー』

 今回のデモプレイで、まず印象に残ったのは、自分が置かれている立場を明確に理解し始め、生き抜くために奮闘するララの姿。今作ではララの起源が描かれるというが、まさに今回のプレイで見たものは、その起源のなかの起源にあたる部分だろう。

 ララの仕草や表情、雰囲気の演出も深く印象に残っている。船の難破によって島に漂着したばかりのララの“何をするにも不安げ”な表情や、初めて鹿を弓で仕留めた時の“罪悪感に満ちつつも生き抜くことの何かを悟った”かのような演出。これらを見た時、「これが新生『トゥームレイダー』の映像クオリティだ」という感想を素直に持ち、昨年のE3 2011で本作のデモプレイを見た時以上に洗練されていると感じた。

『トゥームレイダー』

 もちろん、つねに彼女の心身の状態が鮮明に伝わってくる映像演出(顔の汚れ、お腹の傷を押さえながら走る姿など)は健在であり、ララが置かれている状況をプレイヤーは自然と認識することができる。こうした細部のこだわりが“あらゆるところ”に施されている点も、本作のクオリティの高さを裏付けるソースとなるだろう。

 ララだけでなく、その他の映像クオリティも凄まじい。他のキャラクターの仕草や表情はもとより、フィールドのリアリティも本作の映像美の極みだ。雨粒が画面手前に付着する(カメラのレンズに付くイメージ)ところも、ちょっとした演出としておもしろい。

『トゥームレイダー』 『トゥームレイダー』

 シリーズならではの謎解きについては、武器の強化によって新たなマップに進入する様子を披露。具体例を挙げると、手斧をレバー代わりにして扉を開ける仕掛けにおいて、武器レベルが低い時は強度不足で開けることはできないが、武器レベルを上げることで強度が上がり、扉が開くようになる。こうした用途はもちろん、武器レベルが戦闘時の武器の攻撃力などにも影響があるのか、気になるところだ。

→日本を徹底的に取材!? 要注目の開発者インタビュー!(2ページ目へ)

TOMB RAIDER (C) 2012 SQUARE ENIX LTD. Published by Square Enix Co., Ltd. CRYSTAL DYNAMICS, the CRYSTAL DYNAMICS logo, EIDOS, the EIDOS logo, LARA CROFT and TOMB RAIDER are registered trademarks or trademarks of Square Enix Ltd. SQUARE ENIX and the SQUARE ENIX logo are registered trademarks or trademarks of Square Enix Holdings Co, Ltd.

1 2

データ

▼『トゥームレイダー』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS3
■ジャンル:アクション
■発売日:2013年4月25日
■希望小売価格:7,600円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『トゥームレイダー』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:Xbox 360
■ジャンル:アクション
■発売日:2013年4月25日
■希望小売価格:7,600円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。