News

2012年8月1日(水)

赤のデッキですべてをなぎ倒す!? キュートな新人声優が『デュエルズ・オブ・ザ・プレインズウォーカーズ2013』に挑戦!

文:電撃オンライン

 こんにちは。ライター・カワカミ雁々です。今回も名作TCG『マジック:ザ・ギャザリング(以下、MTG)』がPS3やXbox 360、iOS、PCといった各種プラットフォームで楽しめちゃう『デュエルズ・オブ・ザ・プレインズウォーカーズ2013(以下、D13)』の魅力を、声優の尾高もえみさんにご協力いただいて、紹介していきます。

『デュエルズ・オブ・ザ・プレインズウォーカーズ2013』
▲前回の記事のあと、尾高さんに各色のデッキをお渡しして家で遊んでもらったところ、シンプルな攻めの赤デッキがお気に入りになったとのこと。今回は赤デッキを使ってもらいました。

 これまで『MTG』で遊んだことがない人でも、簡単にルールを覚えられて楽しめるのが『D13』のおもしろさの1つですが、もちろん『D13』の魅力はそれだけではありません。『D13』では、基本のデッキしか持っていない状態からカードを獲得していき、デッキをより強いものに調整し、そしてその強いデッキで戦うという、トレーディングカードゲームの醍醐味ともいえる要素をしっかり味わえるんです。

 前回はチュートリアルということで、わりとわかりやすい効果の呪文やクリーチャーしか登場しませんでしたが、今回は『MTG』のカードは非常に多彩で、かつ強力なものがある! というところをお見せします。

 前回の動画を観て『MTG』って結構地味なゲームだなと思った人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。『MTG』には今回お見せするような猛烈な攻めを見せるデッキや、逆に相手の攻撃をすべて弾き返すような堅い守りを誇るデッキ、あるいは何もない状態から一瞬で相手を葬り去るようなものまで、非常に多彩なデッキがあり、戦い方があります。今回の動画で、それを少しでも感じていただければと思います。まずは1回目の対戦を早速どうぞ!

 いかがだったでしょうか? 前回に比べて、さまざまな能力を持ったカードがたくさん登場しました。では、ちょっと今回のプレイを振り返ってみましょう。まずは、ゲーム開始時の判断です。手札が配られたその時から、もうゲームは始まっています。

『デュエルズ・オブ・ザ・プレインズウォーカーズ2013』
▲最初に配られた手札で始めたくない場合は、手札をデッキに戻し、新たに引き直すことができます。これを“マリガン”と言います。
『デュエルズ・オブ・ザ・プレインズウォーカーズ2013』 『デュエルズ・オブ・ザ・プレインズウォーカーズ2013』
▲1ターン目からプレイできるカードが複数ありますね。どちらをプレイすればより速く、そして多くダメージを与えられるのか。プレイヤーは的確に判断する必要があります。
『デュエルズ・オブ・ザ・プレインズウォーカーズ2013』 『デュエルズ・オブ・ザ・プレインズウォーカーズ2013』
▲《大食のドラゴン》は戦場に出た時に、自分のクリーチャーを“生け贄に捧げる(※効果と引き替えにクリーチャーなどを墓地に置く)”ことでパワーとタフネスが上がる“貪食”という能力を持っています。▲《連続突撃》はこのターン2回攻撃できるようになる効果を持ち、もはや『MTG』のルールすら破壊しています。
『デュエルズ・オブ・ザ・プレインズウォーカーズ2013』
▲“キッカー”は、カードをプレイする時に追加でマナを支払うことで、オマケの効果を得られる能力です。マナに余裕がなければ普通にプレイし、余裕があればキッカー・コストを支払うことでより強力なカードとしてプレイできるという柔軟性を持ちます。キッカーを持つカードをプレイする時はその能力を使うかどうか、自動的に確認してくれるのがうれしいですね。
『デュエルズ・オブ・ザ・プレインズウォーカーズ2013』 『デュエルズ・オブ・ザ・プレインズウォーカーズ2013』
▲赤デッキの超強力カードその1である《ゴブリンの首謀者》。クリーチャーとして戦場に出つつ、手札にゴブリン・カードを追加してくれます。『MTG』では基本的に毎ターン1枚しかカードを引けないので、土地をプレイして、さらにカードをプレイとやっていくと、いつか手札がなくなってしまいます。しかし、彼がいればそんな心配も無用です。
『デュエルズ・オブ・ザ・プレインズウォーカーズ2013』
▲赤デッキの超強力カードその2《ゴブリンの群衆追い》。一緒に攻撃しているゴブリンが多ければ多いほど、自身のパワーが上がっていくという能力を持ちます。動画でも観ていただいたようにゴブリンはマナ・コストの軽いカードが多く、数を並べやすいので彼のパワーは簡単に2ケタに到達します。ライフが20点しかないゲームでこの破壊力!

 とまぁ、流れるような速攻で尾高さんがあっさりゲームをものにしました。このように、デッキの調整しだいではわずか数ターンで対戦相手のライフを削りきることができます。今回はもう1つ動画がありますので、こちらもご覧ください。

→続いて第2戦の内容は……?(2ページ目へ)

(C)1995-2012 Wizards of the Coast LLC, a subsidiary of Hasbro, Inc. All Rights Reserved.

1 2

データ

▼『デュエルズ・オブ・ザ・プレインズウォーカーズ2013』
■メーカー:ウィザーズ・オブ・ザ・コースト
■対応機種:PS3/Xbox 360/PC/iOS(ダウンロード専用)
■ジャンル:ETC
■発売日:2012年6月20日
■価格:PS3 950円/Xbox 360 800マイクロソフトポイント/iOS 850円(各税込)

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。