News

2012年9月20日(木)

キャラのチョイスが途中で変わった? ぶっちゃけトークが満載だった『プロジェクト クロスゾーン』ステージをレポ

文:電撃オンライン

 東京ゲームショウ2012のバンダイナムコゲームスで行われた、『PROJECT X ZONE(プロジェクト クロスゾーン)』のステージレポをお届けする。

 イベントは、本作に携わるクリエイターたちが集結し、ぶっちゃけトークを繰り広げるというもの。ここでしか聞けない開発秘話なども明らかになった。イベントの出演者は次の通り。

 ・カプコン 北林達也プロデューサー(『ロックマンX』シリーズ)
 ・カプコン 土屋和弘プロデューサー
 ・セガ 本山真二プロデューサー(『戦場のヴァルキュリア』シリーズ)
 ・セガ 寺田貴治チーフディレクター(『サクラ大戦』シリーズ)
 ・サイバーコネクトツー 松山洋さん(『.hack』シリーズ)
 ・モノリスソフト 森住惣一郎開発ディレクター
 ・バンダイナムコゲームス 塚中健介プロデューサー

東京ゲームショウ2012 東京ゲームショウ2012

 最初の話題は、「なぜこのような豪華なコラボが実現したのか」というもの。塚中さんは、「最初企画を持ち込んだ時に門前払いを食らうかと思った」と告白。しかし、土屋さんにあたたかく迎え入れられ、その後セガに企画を持って行くことになったという。

 ここからは、各社の担当者が各作品について簡単にコメント。土屋さんからは、『ヴァンパイア』の本編で見せられなかった部分がシナリオやセリフで出ていること、北村さんからはゲームのボイスの収録が7月末まで行われていたこと、寺田さんからは『檄!帝国華撃団』や『御旗のもとに』といった『サクラ大戦』のテーマ曲が入っていることなど、さまざまなエピソードがつぎつぎ飛び出した。

東京ゲームショウ2012 東京ゲームショウ2012 東京ゲームショウ2012
東京ゲームショウ2012 東京ゲームショウ2012

 そして本山さんからは、最初は『戦場のヴァルキュリア3』ではなく第1作のキャラがチョイスされてたという驚きのエピソードが。本山さんは、森住さんのゲームの大ファンだそうで、戦車はサポートキャラとして出てくるというところまで読んで参戦にOKを出したという。しかし森住さんは、どうしても第1作のキャラクターたちが戦車抜きで戦う姿を想像できなかったらしく、『3』のキャラクターに変更したとのことだった。

 さらに寺田さんが、『戦場のヴァルキュリア』は、最初『戦場のワルキューレ』というタイトルだったが、バンダイナムコゲームスの『ワルキューレの冒険』の都合でできなかったと明かす。『プロジェクト クロスゾーン』のオープニングで2作品のキャラクターたちが並んでいるのを見ると、「和解したんだな」と勝手に思っていると笑い混じりに語っていた。

 松山さんは、サイバーコネクトツーがコラボレーションタイトルについてものすごく強いこだわりを持っていると話した上で、森住さんのシナリオを「非の打ち所がない」と絶賛。「ぜひウチもモノリスソフトと仕事をしたい」とラブコールを送っていた。

 続いては、原作の映像と『プロジェクト クロスゾーン』のバトルシーンを見ながら各社の担当者が想いを語るというパートに。ここでも、デミトリとダンテがジェダを倒すというエピソードが、『カプコンファイティングジャム』のエンディングから来ているということや、さくらが巻藁を斬る技が『サクラ大戦2 ~君、死にたもうことなかれ~』のミニゲームを元にしていること、技に名前がなく開発者の間では“ヴァルキュリア光線”などと呼ばれていた『戦場のヴァルキュリア』の技に、今作で名前が付けられたことなど、さまざまな秘話が明かされた。

東京ゲームショウ2012 東京ゲームショウ2012 東京ゲームショウ2012
東京ゲームショウ2012 東京ゲームショウ2012

 また、松山さんは、サイバーコネクトツーが“外伝禁止令”を敷いていることを明かし、今作の物語が「カイトとブラックローズの最新のエピソードだ」と太鼓判を押していた。時系列としては、『絶対包囲 Vol.4』のその後になっているそうだ。シナリオはサイバーコネクトツーが監修を行っているので、ファンは楽しみに待っていよう。

 その後は告知コーナーに。初の情報として、10月11日~28日の期間限定で、ゲーム内アイテムをもらえるキャンペーンを実施することが明らかになった。解説書裏面に書かれたアクセスキーを『プロジェクト クロスゾーン』の公式サイトで入力すると、個別の“アイテム引き換え番号”がもらえるとのこと。手に入るゲーム内アイテムは、中央にひすいが埋め込まれたメダル“ジェイド・メダル”。効果は、HP+800、TEC+10、経験値20%アップとかなり魅力的なものになっている。

 この他、サントラCDと冊子が付く早期購入限定のスペシャル仕様と、セガ、カプコン、バンダイナムコゲームスの各限定版が紹介された。限定版には、3社それぞれの特製Tシャツが付く。

東京ゲームショウ2012 東京ゲームショウ2012

■東京ゲームショウ2012 開催概要
【開催期間】
 ビジネスデイ……2012年9月20日~21日 各日10:00~17:00
 一般公開日……2012年9月22日~23日 各日10:00~17:00
【会場】幕張メッセ
【入場料】一般(中学生以上)1,200円(税込)/前売1,000円(税込)
※小学生以下は無料

(C)CAPCOM
(C)CAPCOM U.S.A.
(C)SEGA
(C)SEGA (C)RED
(C)NBGI
(C)SRWOG PROJECT
(C).hack Conglomerate
(C)藤島康介
(C)2012 NBGI

データ

▼『PROJECT X ZONE(プロジェクト クロスゾーン)』
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:3DS
■ジャンル:SRPG
■発売日:2012年10月11日
■希望小売価格:5,981円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。