News

2013年2月1日(金)

発売前にゲームを終わらせる気か!? BNG×スパイク・チュンソフト×ランカース×電撃オンラインが『HEROES’ VS(ヒーローズバーサス)』で激突

文:うま

『HEROES’ VS(ヒーローズバーサス)』の購入はこちらから

Amazon.co.jp
『HEROES’ VS』

 バンダイナムコゲームスが2月7日に発売するPSP用ドラマチック格闘ACT『HEROES’ VS(ヒーローズバーサス)』。今回は読者プレゼントをかけた、開発スタッフとの対戦企画を動画でお届けします!

 どうも、担当ライターのうまです。今回お届けするのは、以前に開発スタッフとの対戦で完敗した我々(電撃オンライン)がリベンジを行うチーム戦……のはずだったのですが、諸事情により、12人が参加する大型トーナメントに!?

 まずは、その経緯について、ご説明しましょう。再戦を行うため、プロデューサーの大塚怜士さん(バンダイナムコゲームス)とディレクターの坂本豊和さん(スパイク・チュンソフト)、開発スタッフ(?)の武田達弥さん(バンダイナムコゲームス)の3人をお呼びしたのですが……。

『HEROES’ VS』
▲あれ? 人数が多くない? 左から、プロデューサーの大塚怜士さん、ディレクターの坂本豊和さん、『コンパチヒーロー』シリーズのトータルプロデューサーの小菅寛史さん、プロモーション担当の辻本正太さん、開発スタッフ(?)の武田達弥さん。

うま:アレ? お呼びしたのは3人で、3on3のチーム戦を行うはずでしたが?

T(武田):チーム戦など、なまぬるいわ! 世の中は常に、“真の最強”を求めているものです……!

地獄を楽しみすぎた男(大塚):まぁ、彼の話はどうでもいいとして…ぶっちゃけ、チーム戦では真の最強を決められないので、トーナメント戦に変更したいと思いまして。Tよりも使える、最強の刺客も連れてきました。

つじもん(辻本):休みを返上して、特訓しましたよ!

うま:え、プロモーション担当の辻本さんも参加するんですか?

小菅:急な話で申し訳ありませんが、なんとかなりませんか?

そみん:『コンパチヒーロー』シリーズのトータルプロデューサーの小菅さんじゃないですか! 『ロストヒーローズ』のインタビューの際には、お世話になりました。それにしても、いきなりトーナメントに変更と言われましても……。

ホッシー(星野):ちょっと、待った!

うま:な、何ィ! 『ロストヒーローズ』を開発したランカースさんが、なぜここに!?

『HEROES’ VS』
▲『ロストヒーローズ』を開発したランカースさんが突然の乱入! 左から、石戸貴之さん、藤井昌典さん、代表取締役であり、ディレクターを務めた星野光弘さん。

ホッシー(星野):最強ヒーローを決める戦いとあらば、僕たちも黙ってはいられません! 本格ヒーローRPGの『ロストヒーローズ』も、よろしく!

そみん:……なんだかもう、トーナメントをやるしかなさそうですね。新レギュラーを決めるために行った編集部内トーナメントの意味がなくなった気もしますが、僕としてもリベンジの機会をいただけたのはラッキーです。全力で迎え撃ちますよ!

うま:ところで、読者プレゼントについてはどうしましょう? 優勝しなきゃもらえないとかだと、さすがに厳しいんですけど。

小菅:PSP版『コンパチヒーロー』シリーズのソフトセット(『グレイトバトル フルブラスト』、『ロストヒーローズ』、『HEROES’ VS』)を用意しました。準決勝まで進んだ電撃オンラインのメンバー1人につき、1セットをプレゼントするということでどうでしょう?

うま:最大4セット分の読者プレゼントをもらえるんですね! よっしゃ、頑張るぞ!

『HEROES’ VS』 『HEROES’ VS』
▲電撃オンラインからは5人が参加。編集部内トーナメントの優勝者カネキング、準優勝のkbj、3位のうまに加えて、4位だったそみんと今回初参戦のカール・ハインツが参加することに。▲『HEROES’ VS』開発スタッフ&プロモーション担当からは4人が参加。小菅さんは参加せず、大塚さん、坂本さん、武田さん、辻本さんが勝負に挑む!

 というわけで、トーナメントの参加者は12名! かなりの長丁場になりますが、ゲームを知り尽くした開発スタッフならではの高等テクニックや超絶コンボも見られますので、ぜひ対戦動画をお楽しみください!

●地獄を楽しみすぎた男●ネガタロス坂本●T●つじもん
『HEROES’ VS』 『HEROES’ VS』 『HEROES’ VS』 『HEROES’ VS』
▲『HEROES’ VS』プロデューサーの大塚怜士さん。使用キャラは、仮面ライダーエターナル。▲『HEROES’ VS』ディレクターの坂本豊和さん。使用キャラは、仮面ライダーネガ電王。▲『HEROES’ VS』開発スタッフ(?)の武田達弥さん(東大出身)。使用キャラは、ウルトラマンネクサス。▲『HEROES’ VS』プロモーション担当の辻本正太さん。使用キャラは、マスターガンダム。
●ホッシー●ま sa の ri●ISSI●カネキング
『HEROES’ VS』 『HEROES’ VS』 『HEROES’ VS』 『HEROES’ VS』
▲『ロストヒーローズ』ディレクターの星野光弘さん。使用キャラは、ダークザギ。▲『ロストヒーローズ』開発スタッフの藤井昌典さん。使用キャラは、仮面ライダーオーズ。▲『ロストヒーローズ』開発スタッフの石戸貴之さん。使用キャラは、ダブルオーライザー。▲電撃オンラインのスタッフ。使用キャラは、ストライクフリーダムガンダム。
●kbj●うま●そみん●カール・ハインツ
『HEROES’ VS』 『HEROES’ VS』 『HEROES’ VS』 『HEROES’ VS』
▲電撃オンラインのスタッフ。使用キャラは仮面ライダーフォーゼ。▲本記事の担当ライター。使用キャラはウルトラマンサーガ。▲本記事の担当編集である電撃オンラインのスタッフ。使用キャラはウルトラマンメビウス。▲電撃オンラインのスタッフ。使用キャラはターンX。

→とにかく読者プレゼントが気になる方はこちら!
→12人の参加者のデッキの内容を知りたい方はこちら!

『HEROES’ VS』
▲総勢12人によるトーナメント! 電撃オンラインは何人分の読者プレゼントをゲットできるのか!?

 なお、できるだけ平等な条件で大会を進めるため、キャラクターのパラメータは基本的に初期値のままとしています。ただ、HPが低すぎると運の要素が強くなる部分があるので、最大HPだけは少し増やしています。1試合にかかる時間は少し長めとなりますが、きちんと実力が反映される形を重視しました。

 また、全12人が参加する大規模なトーナメントとなるので、前哨戦となる1回戦は実況テロップがない簡易な形で掲載しています。その分、準決勝と決勝戦は、2本先取制でたっぷりとハイレベルな試合をお見せしますので、ご期待ください!

→まずは1回戦となる4つの試合をチェック!(2ページ目へ)

(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映 (C)石森プロ・東映 (C)創通・サンライズ (C)創通・サンライズ・MBS (C)円谷プロ
※画面は開発中のもの。
(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映 (C)石森プロ・東映 (C)創通・サンライズ (C)円谷プロ
(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映 (C)石森プロ・東映 (C)創通・サンライズ (C)創通・サンライズ・MBS (C)円谷プロ

1 2 3 4 5 6

データ

▼『HEROES’ VS(ヒーローズバーサス)』
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:PSP
■ジャンル:アクション
■発売日:2013年2月7日
■希望小売価格:5,981円+税
▼『HEROES’ VS(ヒーローズバーサス)』ダウンロード版
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:PSP(ダウンロード専用)
■ジャンル:ACT
■発売日:2013年2月7日
■価格:6,280円(税込)

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。