News

2013年4月18日(木)

『ドラッグ オン ドラグーン』シリーズ座談会でヨコオタロウから飛び出す過去作の衝撃的真実…『DOD1』のアレは神様じゃない!?

文:TDB

『ドラッグ オン ドラグーン3』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

■『DOD』が背負いし業……イケメンと美女がチュッチュするRPGへのアンチテーゼ

松下:話を聞いていると個人的に、すごく気になりますね。ヨコオさんの仕事風景とか。

ヨコオ:そうですか?

松下:これは安井さんにお聞きしたいんですが、僕らの前にいるヨコオさんとは違うんですよね? 仕事をなさっている時のヨコオさんっていうのは。

安井:違います。もっとこう、めちゃくちゃですよ。

松下:無頼な感じですか?

安井:無頼? なんだろう。そんないいものではないことだけは、たしかですね。さっきも言いましたけど、すぐ怒る。すぐ怒りますね。

ヨコオ:本当に怒りますからね(笑)。

安井:怒るっていっても「ぎゃーっ!」ってキレる感じじゃなくて、「なんでここはこうなっているの?」みたいに、心をえぐるように攻めてくるタイプなんです。

松下:ああー。理論的に人を追い詰めるタイプ?

安井:そうですね。って、何をジト目で見てるわけ!? あなたそうでしょ!? そうやってすぐ怒るでしょう!?

ヨコオ:(安井さんを見つめている)

『ドラッグ オン ドラグーン3』
▲安井氏をジト目で見つめるヨコオ氏の手元。静かに、しかし激しく、むさぼり食らっていた焼き鳥の串を手折っていた。

松下:安井さんがそばからご覧になっていて、ヨコオさんが思い描くものと世間一般が思い描くもので、ズレが生じていると認識することってありませんか?

安井:そうですね、壮大なる勘違いをしている時はありますね。

ヨコオ:あるの!? ええ~そうかなぁ。

松下:さっき、ユーザーが思い描く理想の妹を描いているっておっしゃってましたけど、それは大いに違うと僕は思うんですよね。

ヨコオ:そこにこだわりますねぇ。理想の妹というか、ちょっとゲーム論になりますけど、RPGでプレイヤーに何か目的を持たせようとすると、“弱者を守る”っていうのが一番オーソドックスじゃないですか。プレイヤーキャラはたいてい男なので、そのキャラにとっての身近な弱者、身体を張ってでも守りたい存在となると、妹とか年下の女の子にしかならないと思うんですよ。じゃあ、キャラ的に妹にするしかないよね、って。だから、ヨナとかがごっついお兄ちゃんじゃないところが、僕なりのサービスです。妹にしてますよっていうのが、1つの理想の追求なんです。

松下:フリアエもそうである、と。

ヨコオ:そうですね。フリアエは……理想ではないですかね。フリアエを作る時にどういうことを考えていたかを思い出してみると、当時、イケメンと美女が出てきていっぱいイチャイチャして、そいつらは正義の名のもとに敵とかをいっぱい殺してて、なのに最後にはめでたく結ばれるっていう話が、いっぱい世の中にあふれている気がしまして。特にRPGって、だいたいそういうイメージがあるじゃないですか。いっぱい殺してるわりに、最後はチュッチュして終わるみたいな(笑)。

松下:チュッチュ……しますよね、たいてい。

ヨコオ:僕はそういう話にはついていけなかった。本当にわけがわからない。

松下:それに対するアンチテーゼ的な意味で、カイムやフリアエが生まれたと?

ヨコオ:そうですね。フリアエは最初のプロットでは、ずーっと物語に出てこなくて、出てきたらすぐ殺そうと思っていたんですよ。だから一瞬しかムービーに出て来ないとか、そんな時期もありました。でも、実際それでストーリーを組み立てようとすると、驚くほど話が回らなくてびっくりしたんですよね。コレは無理だと思って、冒頭から出すことにしたんです。ひよった結果なんですよね……。

『ドラッグ オン ドラグーン3』
▲まぁ、一応チュッチュしますけどね。フリアエとイウヴァルトが。ぶっちゃけ、この時のフリアエはもうアレしてますけども……。

→ファン激怒? カイムとアンヘルの関係は、
ホストとマダムのそれに類似!?(3ページ目へ)

(C)SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
Character Design : Kimihiko Fujisaka.
(C)2003 cavia/SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
(C)2005 cavia/SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
(C)2010 SQUARE ENIX Co.,Ltd. All Rights Reserved. Developed by cavia Inc.

データ

イメージ
▼『ドラッグ オン ドラグーン3』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS3
■ジャンル:ARPG
■発売日:2013年12月19日
■希望小売価格:7,600円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

イメージ
▼『ドラッグ オン ドラグーン2 -封印の紅、背徳の黒-(アルティメットヒッツ)』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS2
■ジャンル:ARPG
■発売日:2008年9月4日
■希望小売価格:2,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

イメージ
▼『ドラッグ オン ドラグーン(アルティメットヒッツ)』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS2
■ジャンル:ARPG
■発売日:2008年9月4日
■希望小売価格:2,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

イメージ
▼『ニーア レプリカント(アルティメット ヒッツ)』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS3
■ジャンル:ARPG
■発売日:2011年4月21日
■希望小売価格:3,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

イメージ
▼『ニーア ゲシュタルト(Xbox 360 プラチナコレクション)』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:Xbox 360
■ジャンル:ARPG
■発売日:2011年4月21日
■希望小売価格:3,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『ニーア ザ・コンプリートガイド+設定資料集 GRIMOIRE NieR -PROJECT GESTALT & REPLICANT SYSTEM-』
■発行:アスキー・メディアワークス
■発売日:2010年5月28日
■定価:1,955円(税込)
 
■『ニーア ザ・コンプリートガイド+設定資料集 GRIMOIRE NieR -PROJECT GESTALT & REPLICANT SYSTEM-』の購入はこちら
Amazon.co.jp

関連サイト

関連記事

この商品を買った人はこんな商品も買っています (Amazon.co.jpより)

Facebookコメント

注目記事

[集計期間2014年 07月24日~07月30日]

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。