News

2013年4月12日(金)

『ヴァイスシュヴァルツ』のトライアルデッキ『ラブライブ!』&『ビビッドレッド・オペレーション』を開封! ビビっとスタート!

文:ファイ

 こんにちは! ライターのファイです。今回は4月13日に発売される『ヴァイスシュヴァルツ』の『トライアルデッキ ビビッドレッド・オペレーション』と『トライアルデッキ ラブライブ!』のサンプルをいただいたので、その開封レポートをお届けします!

『ヴァイスシュヴァルツ』 『ヴァイスシュヴァルツ』
▲トライアルデッキのパッケージはこんな感じです。▲全部開封して、封入されているのものを並べてみました。

 『ヴァイスシュヴァルツ』は、いろいろな作品世界のキャラクターが共演する対戦型TCG。今回は、ビビッドレッド・オペレーション』と『ラブライブ!』のカードをご紹介します。

 それでは早速、開封しましょう。デッキの他に、クイックマニュアル、デッキ解説書、プレイブックが入っています。デッキ解説書の裏はプレイマットになっているので便利ですね。このトライアルデッキには、ゲームを始めるのに必要なものがすべて入っていますので、初心者にはうってつけの商品です。好きな作品のトライアルデッキで、『ヴァイスシュヴァルツ』を始めてみてはいかがでしょうか!

 デッキの中身はというと、アニメの序盤部分のカードを中心に組まれています。中盤から終盤にかけては、今後発売されるブースターパックに収録されるようですので、今から楽しみです。お気に入りのシーンのカードがあるといいですね。

 今回はトライアルデッキが2種類あるので、それぞれのトライアルデッキを使って『ビビッドレッド・オペレーション』対『ラブライブ!』で対戦してみました。その内容もあわせてお届けします。

■友情が世界を守る鍵。

 まずは『トライアルデッキ ビビッドレッド・オペレーション』から開封します。こちらは赤色と青色で構築されたデッキとなっています。主人公の“一色あかね”と、親友の“二葉あおい”の2人がメインになっており、アニメ1話と2話のイラストが使われています。全部で5種類収録されている、トライアルデッキ専用カードから紹介していきましょう!

『ヴァイスシュヴァルツ』 『ヴァイスシュヴァルツ』 『ヴァイスシュヴァルツ』
▲このカードは《おやつの時間 あおい》の左に出したいカード。イラストがつながっています。▲下で紹介している、“ドッキング”ができるカードです。▲《初めてのドッキング あかね》がこのカードとドッキングします!
『ヴァイスシュヴァルツ』 『ヴァイスシュヴァルツ』
▲ドッキングするとビビッドブルーに!!▲ももはあかねがいればパワーアップ!

 『ビビッドレッド・オペレーション』の劇中では、“ドッキング”という用語が出てきます。“強力な敵に対抗するために、2人の力を融合させてパワーアップする”といった合体ギミックですね。『ヴァイスシュヴァルツ』でもそのギミックは再現されていて、このトライアルデッキでは、一色あかねと二葉あおいでドッキングすることができます。

 具体的には、《初めてのドッキング あかね》と《守るための力 あおい》を舞台に登場させ、《初めてのドッキング あかね》の能力を起動させます。この2枚を思い出置場に置き、《一つになった二人 ビビッドブルー》が登場です。

 《一つになった二人 ビビッドブルー》は、キーワード能力の“記憶”を持っていますが、ドッキングで登場すると、自動的に条件を満たせるようになっています。さらに登場時に手札も増えます。レベル2の時にレベル3のカードを登場させられるので、非常に強力なカードですね。

 では、条件を整えるためにはどうしたらいいでしょうか。必要なカードをすべてドローできればいいのですが、ちょっと難しいですよね。そこで、このデッキには、山札や控え室から特定のカードを探す能力を持っているカードがしっかりと収録されています。

『ヴァイスシュヴァルツ』 『ヴァイスシュヴァルツ』 『ヴァイスシュヴァルツ』
▲条件や手札に加えることができるカードはそれぞれ違いますが、うまく駆使して有利な展開に持ち込みましょう!
『ヴァイスシュヴァルツ』
▲キーキャラクターの黒騎れいも収録されています。

 アニメの一番最初のカットですね。物語が進むにつれて、さまざまな秘密が明らかになっていくれいちゃんですが、ここではまだ謎の少女です。特徴もばっちり“謎”になっていますね。彼女が赤色のカードになっている理由は、アニメを最後まで見るとわかると思います。

『ヴァイスシュヴァルツ』
▲そして、主人公の一色あかね役・佐倉綾音さんの箔押しサインカードも引きました! トライアルデッキにも、ランダムで箔押しサインカードが入っているので、開ける時の楽しみの1つですね。

 『ビビッドレッド・オペレーション』のトライアルデッキはこんな感じです。『ラブライブ!』のトライアルデッキと比較してみると、ややテクニカルなデッキになっていますが、やっていること自体はそう難しくありません。どっちのデッキを買おうか迷ったら、好きな作品で選べばいいと思います。もちろん、両方買っちゃうというのもアリですよ!

→続いて『ラブライブ!』のトライアルデッキを開封!(2ページ目へ)

(C)vividred project
(C)2013 プロジェクトラブライブ!
(C)bushiroad All Rights Reserved.

1 2 3

データ

▼『ヴァイスシュヴァルツ トライアルデッキ ビビッドレッド・オペレーション』
■メーカー:ブシロード
■発売日:2013年4月13日
■希望小売価格:1,300円(税込)
 
■『ヴァイスシュヴァルツ トライアルデッキ ビビッドレッド・オペレーション』の購入はこちら
Amazon.co.jp
▼『ヴァイスシュヴァルツ トライアルデッキ ラブライブ!』
■メーカー:ブシロード
■発売日:2013年4月13日
■希望小売価格:1,300円(税込)
 
■『ヴァイスシュヴァルツ トライアルデッキ ラブライブ!』の購入はこちら
Amazon.co.jp

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。