News

2013年5月9日(木)

『真・女神転生IV』はただのナンバリングタイトルではない! ファンだからこそ抱く“革新”への不安をディレクターの山井一千氏が払拭

文:電撃オンライン

『真・女神転生IV』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

 5月23日に、インデックスのゲームブランド・アトラスから発売される期待のRPG『真・女神転生IV』。ついに発売日まで1カ月を切った4月某日、開発を終えた山井一千ディレクターに直撃インタビューを行い、本作に込めた想いについて語っていただいた。

『真・女神転生IV』

■“革新を目指すという伝統”を踏襲して作られたナンバリングタイトル

『真・女神転生IV』
▲『真・女神転生IV』ディレクターの山井一千氏。

──今回の『真・女神転生IV』は、シリーズとしてはPS2で発売された『真・女神転生III -NOCTURNE-』以来のナンバリングタイトルになりますよね。まずは、その開発に踏み切った経緯を教えてください。

 10年ぶりのナンバリングタイトルということで、ファンの皆さんからの期待も大いに感じる本作ですが、開発に踏み切った経緯と言われると、そんなにドラマチックな要素はなくてですね……。

──いきなりぶっちゃけますね(笑)。いやいや、きっとあるはず。

 そう、あれはインドに行った時に……って、そういうのがあればいいんでしょうけど(笑)。はっきり言ってしまえば、「そろそろ『真・女神転生』を作る時期が来た」ってところですね。

 これまで僕は『デビルサマナー 葛葉ライドウ』シリーズを手掛けておりまして、それが一段落した後、『真・女神転生 STRANGE JOURNEY』の開発を手伝っていたんです。そちらの開発が終わった際に、金子(金子一馬氏。『真・女神転生』シリーズの生みの親の1人で、本作ではシナリオ原案を担当している)と話す機会がありまして、「ユーザーさんも待っているし、そろそろ『真・女神転生IV』を開発する時期じゃないか」という話をしました。そこから企画が動き出した感じですね。

──確かに、ユーザーはナンバリングタイトルをずっと待っていたと思うんですよ。もちろん、その他のシリーズもおもしろいんですけど、やっぱりナンバリングは何か重みが違うというか。

 そう言ってくださるファンの方もたくさんいらっしゃるようで、とてもありがたいことです。

──やはり、ナンバリングとなるとファンの反応も違うと感じられますか?

 そうですね。本当にたくさんの方から期待の声をいただいております。中には、不安を抱えておられるファンの方もいるようですけど……。

──ナンバリングゆえの期待と不安、ってことですかね。ファン心理として、そこは私もよくわかります。

 今回、キャラクターデザインを土居(土居政之氏。これまでに『カドゥケウス』シリーズやPSP用『ペルソナ2』シリーズのキャラクターイラストを手掛けている)に任せたり、物語の舞台を“東のミカド国”と“東京”の2つにしたりと、従来シリーズと比べて、わかりやすく見た目が変わっていますからね。そういった部分を不安に思われているのかな、とは分析しています。

『真・女神転生IV』

──なるほど。ちなみに、本作を手掛けるにあたり、“革新”を目指すのか“伝統”を重んじるのか、どちらに比重を置かれたのでしょうか? 『真・女神転生』風に言うのなら、LAW(ロウ)なのか、CHAOS(カオス)なのかと聞いたほうがいいのかもしれませんが(笑)。

 自分としては、やっぱり“革新”ですね。というよりも、“革新こそが伝統である”と言ったほうが正しいでしょうか。

──それは、どういう意味でしょう?

 『真・女神転生』だけに限らず、『ペルソナ』や『デビルサマナー』も含めて、僕たちスタッフは「とにかく新しいことをやりたい」というところから企画を立ち上げるんですよ。前と同じことをやるのではなく、もっとおもしろいものを作る。“革新”を常に志しているわけです。

──なるほど。“革新を目指す”ということ自体が、すでに伝統になっているんですね。

 そういうことですね。例えば、『仮面ライダー』シリーズや『スーパー戦隊』シリーズなど、世代を超えて愛されているシリーズ作品って、伝統を重んじながらも、時代に合わせて内容やテーマを柔軟に変化させていると思うんです。不変な部分はしっかりと踏襲しているけど、時代の流れに合わせて変える部分もある。だからこそ、30周年や40周年を迎えられているのだと思うんです。

 『真・女神転生』シリーズで言えば、“ある日、日常が急変した世界を冒険する”というテーマは不変です。しかし、だからといって常に現代の東京が舞台じゃなければいけないと思っているわけではありません。

──だからこそ、今回は東京に加えて“東のミカド国”という、ファンタジー世界のような舞台も登場した、ということなんですね。

 ええ。ただ、それでも描きたいテーマは不変なんです。日常にあるさまざまな問題とか、みんなが抱えている不安だとか、そういうところに寄り添いつつ、さらにその時々のトレンドも巧みに取り入れていく。変わった部分も多いけれど、根底にあるものは同じ。それが、いわゆる『メガテン』だと僕は思っています。

『真・女神転生IV』
▲従来シリーズの世界観とは、ずいぶん趣きが異なる今作の冒険の舞台の1つ“東のミカド国”。ある意味『メガテン』らしくないのかもしれないが、描こうとしているテーマは不変とのこと。

──サンプルROMをプレイさせていただいているので、おっしゃられていることはよくわかります。見た目は変わったと感じられる部分もあるけれど、根底にはどっしりと『メガテン』の伝統が根を下ろしているというか……。さすがだなと思いました。

 ありがとうございます。楽しんでいただけているようで何よりです。

──見た目といえば、今回、インターフェイスが大きく変わりましたよね。すごくオシャレになったというか。

 あれはオシャレを意識したわけではなく、時代のトレンドを取り入れたことで変わった部分ですね。具体的には、今回のインターフェイスはスマートフォンやタブレットPCをヒントにしました。「現代にCOMPがあったらどうなるか?」と考えたら、きっとタッチパネルっぽくなるんじゃないかという考えがあったので。

──なるほど。

 『真・女神転生』や『真・女神転生II』が、パソコンでDOSコマンドを走らせているようなイメージだったのは、それがその当時のトレンドだったからだと思うんです。

──常に近未来というか、サイバーなイメージも『真・女神転生』の伝統ですからね。

 2013年の我々にとっては、これだけデジタル機器が普及しているわけですから、インターフェイスもそれを取り入れて洗練するべきだろうと。そういう考えから生まれたものなんですよ。

『真・女神転生IV』
▲時代の流行を取り入れ、それをゲーム内に昇華させて登場させる部分も、本シリーズならではの魅力と言えるだろう。

→できるだけ多くのユーザーに『メガテン』の楽しさを伝えたい(2ページ目へ)

(C)Index Corporation 1992,2012 Produces by ATLUS

1 2 3 4

データ

イメージ
▼『真・女神転生IV』
■メーカー:アトラス(インデックス)
■対応機種:3DS
■ジャンル:RPG
■発売日:2013年5月23日
■希望小売価格:6,648円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『真・女神転生IV』
■メーカー:アトラス(インデックス)
■対応機種:3DS(ダウンロード版)
■ジャンル:RPG
■発売日:2013年5月23日
■価格:6,300円(税込)
▼『真・女神転生IV 限定モデル』
■メーカー:アトラス(インデックス)
■対応機種:3DS
■ジャンル:RPG
■発売日:2013年5月23日
■希望小売価格:25,880円(税込)
 
■『真・女神転生IV 限定モデル』の購入はこちら
Amazon.co.jp

関連サイト

関連記事

この商品を買った人はこんな商品も買っています (Amazon.co.jpより)

Facebookコメント

注目記事

週間アクセスランキング

[集計期間2014年 04月18日~04月24日]

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。