News

2013年5月30日(木)

『キラー イズ デッド』のプレミアムコンテンツパック限定エピソード“血を奪った男”を紹介! ベティとセバスチャンの関係とは?

文:ゴロー

『KILLER IS DEAD(キラー イズ デッド)』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

 角川ゲームスは、8月1日に発売するPS3/Xbox 360用ソフト『KILLER IS DEAD (キラー イズ デッド)』の新情報を公開した。

『キラー イズ デッド』

 本作は、『ロリポップチェーンソー』に続き、角川ゲームスとグラスホッパー・マニファクチュアがタッグを組んで手掛けるタイトル。『killer7』や『NO MORE HEROES』など“殺し屋”シリーズを手がけてきた須田剛一さんがエグゼクティブディレクターとなり、そのシリーズの系譜を受け継いだ“生と死”のドラマ、そして“愛”の物語が描かれる。プレイヤーは、罪人の処刑を仕事とする主人公のモンド・ザッパとなって、ストーリーを体験していく。

 今回公開されたのは、プレミアムコンテンツパックDLC“美女と夜獣とランジェリー”に収録されているエクストラエピソードと、同エピソードクリア後に追加される2つのサブミッションの内容について。また、“美女と夜獣とランジェリー”が同梱された『PREMIUM EDITION』が数量限定で発売されることも決定した。

『キラー イズ デッド』 『キラー イズ デッド』
▲同梱版『PREMIUM EDITION』のジャケットはリバーシブル仕様で、裏面はプロダクトコードが刻印された豪華なデザインになるという。さらに、“美女と夜獣とランジェリー”に加えて、見逃せないアイテムも追加されているとのこと。

■追加エピソード“血を奪った男”は吸血鬼に吸血鬼退治を頼まれる!?

 “美女と夜獣とランジェリー”で追加されるエピソード名は“血を奪った男”。このエピソードでは、吸血鬼の美女・ベティがモンドの事務所を訪れ、“セバスチャン”という男を処刑するよう頼まれるところから始まる。

【依頼人】ベティ(声:浅川悠)/別名:ライフフォーサー

『キラー イズ デッド』

B/W/H:88/56/84
身長:170cm
年齢:256歳
出身:ドイツ

 人と共存する吸血鬼の美女。怪物となったセバスチャンを処刑してもらうためにモンドの事務所を訪れる。ワインよりも強い男の血が好き。

『キラー イズ デッド』 『キラー イズ デッド』 『キラー イズ デッド』
▲事務所を訪れたベティはセバスチャンに危害を加えられたらしく、血まみれの姿。▲ベティが動けていることを不思議に思うミカ。▲舌舐めずりするベティ。彼女は一体、何を企んでいるのか?
『キラー イズ デッド』 『キラー イズ デッド』
▲セバスチャンが住む古城。入口が閉ざされているようだが……。▲森の中で彷徨っているモンドに謎の馬が声をかける。モンドの記憶にはないが、どうやら知り合いらしい。
『キラー イズ デッド』 『キラー イズ デッド』 『キラー イズ デッド』
▲光の届かない地下室へ。ここでは“マッセルバック”で火をつけて進む。▲地下室を探索していると、セバスチャンの自画像の背後に扉が!▲突然、紫の光に包まれるモンド。どこかへ連れて行かれてしまうのだろうか。
『キラー イズ デッド』
▲ロープを上って地上へ。ようやくセバスチャンの居城にたどりつく。ここで待ち受けているものとは?

→紳士のような風貌をしたセバスチャン――彼の真の正体とは!?(2ページ目)

(C) GRASSHOPPER MANUFACTURE INC. / Published byKADOKAWA GAMES

1 2

データ

▼『KILLER IS DEAD(キラー イズ デッド)』
■メーカー:角川ゲームス
■対応機種:PS3
■ジャンル:アクション
■発売日:2013年8月1日
■希望小売価格:7,600円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『KILLER IS DEAD(キラー イズ デッド)』
■メーカー:角川ゲームス
■対応機種:Xbox 360
■ジャンル:アクション
■発売日:2013年8月1日
■希望小売価格:7,600円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。