News

2013年9月3日(火)

『ドラッグ オン ドラグーン3』キャラクターデザイン秘話インタビュー。藤坂公彦氏が語る『DOD』シリーズらしさとは?【電撃DOD3】

文:TDB

『ドラッグ オン ドラグーン3』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

 スクウェア・エニックスが12月19日に発売するPS3用ARPG『ドラッグ オン ドラグーン3』。今回は、そのキャラクターデザインを手掛けるイラストレーター・藤坂公彦さんと、プロデューサーである柴貴正さんへのインタビューをお届けします。

『ドラッグ オン ドラグーン3』

 すべてのウタウタイ姉妹の姿が公開され、ファンの注目が集まるこのタイミング。藤坂さんと柴さんには、ネタバレに抵触しないギリギリの範囲で、彼女たちの人となりや、その身に秘められたナゾについて語ってもらいました。


【インタビュー参加者のプロフィール】

●藤坂公彦 ミストウォーカーに所属する、本作のキャラクターデザイナー。シリーズすべてのキャラクターデザインを手掛けており、本作では登場人物たちはもちろん、一部のエネミーもデザインしているとのこと。

●柴貴正 スクウェア・エニックス所属のプロデューサー。『DOD』シリーズすべてのプロデュースを務めている。その他の代表作に『ロード・オブ・ヴァーミリオン』シリーズなどがあり、ダークファンタジー作品に縁が深い。

●松下忠嗣(TDB) 今回のインタビューの聞き手。電撃PlayStation、電撃オンライン所属の編集。本作はもちろん、『DOD1』『DOD2』『ニーア』の記事を担当してきた、生粋の紅い瞳の信者。

■ウタウタイたちが集結した、最新イメージビジュアルには秘密が?

『ドラッグ オン ドラグーン3』
▲左が藤坂公彦さんで、右が柴貴正さん。お久しぶりの登場となります!

――毎度おなじみのスタッフロングインタビュー。藤坂さんと柴さんのコンビは、以前の居酒屋座談会企画以来となりますね。

藤坂:ほんとだ。なんだか懐かしいですね! 久しぶりですけど、よろしくお願いします。

:僕は最近、松下さんとは毎週顔を合わせてるから、久しぶりって気分は薄いんですけどね。

――そんなつれないことを言わないでくださいよ。本日はよろしくお願いします!

藤坂:僕、見ましたよ。お2人でニコニコ生放送に出てますよね。

:え、見てくれてるんだ? 藤坂さんは、ニコ生とか見ないもんだと思ってた。

藤坂:見てるよ。楽しんで見てる。柴さんがなんかいいこと言ってるなぁ~って思いながら見てるもん。

:いいことっていうか、僕はプロデューサーとして、ネタバレにならない範囲でゲームの魅力を伝えようとしてるんですけど。

――番組はゲームの発売近辺まで続きますので、今後も引き続きご覧いただきたいです。では、そろそろ本題。本日は、いよいよ『DOD3』のメインキャラが揃いぶみということで、登場人物の人となりやデザインコンセプトについて、お2人に話を聞いていこうと思っています。

:人となりといってもね。ゲームをプレイした時のサプライズは大事にしたいので、そこまで大きなネタバレはしたくないんですよね。

――なるほど。そこらへんは注意しながらお話を進めていきましょう。いざとなったら伏せ字も考えます(笑)。では、まずは藤坂さんのお仕事の進捗状況からお聞きしたいんですけど……。

藤坂:えっと、本作ではキャラクターデザインと、エネミーなどのデザインをちょこっと担当させてもらいました。僕個人の作業自体は、ようやくひと段落した感じですかね。まぁ、今朝までイメージイラストの仕上げ作業をしていましたけど。

:あぁ、それで心なしか疲れた感じになってるんだね。

――そのイメージイラストっていうのがこちらですね。

『ドラッグ オン ドラグーン3』

:藤坂さんのカラーが前に出た、すばらしいイメージイラストをいただきました。

――本当にすばらしいですよね。このゼロの表情とかたまらない。でも、このイラストを見ていてちょっと気になったんですけど、このキラキラはなんですか?

藤坂:え? キラキラ?

――キラキラというか、この星のような図形というか……。

『ドラッグ オン ドラグーン3』
▲よくよく見ると、各ウタウタイのそばにこのような星の形のキラキラマークが……。

藤坂:あ、いきなりそこからツッコんできちゃうんだ? えっと、これ……なんの意味もないんですけどって言ったら、ガッカリします?(笑)

――えっ!? なんの意味もないんですか?

藤坂:描いてて“何かが物足りないなぁ”って思って、急きょ追加したものなんです……。なんかこう、ウタウタイたちがキラキラしてるのってよくないですかね?

:うん。こっちの方向もアリだと思う。

藤坂:最初は紋章とか入れてあげようかなって思ったんですけど、いざやろうとしてみたら、イラストとして鬱陶しくなりすぎて。トゥーマッチだなと考え直したんですよ。

――紋章になっていたとしたら、どんなものになったのか気になりますがね。とはいえ、僕が深読みしすぎでしたか。何か秘密が隠されているものと思い込んでしまいました。

:いや、藤坂さんのことだから、実はこう言いながらも、何かが隠されているかもしれない。

藤坂:本当に何も隠してないですよ! 各キャラのキーカラーを配置した形です。

――なるほど、キーカラーですか。

藤坂:マナのとこが赤いとか、ちょっといいじゃないですか。

『ドラッグ オン ドラグーン3』
▲こうして見ると、真紅というより、ちょっと何か別の色がまざった赤ってイメージ……。

――ん? マナ!?

藤坂:あ、マナじゃないや。ゼロだ。

――ゼロ? ワンじゃなくてですか!? 赤のキラキラはワンですよね?

藤坂:あ、ごめんなさい(笑)。そう、ワンが赤、目が赤なので。いろいろ悩んだんですよね、ワンを何色にするか。白では背景と一緒になってしまいますし。

――このシリーズで赤色を使うって、けっこう意味深ですよね。でも、そうやって深読みすると、実はとりたてて意味がないものもあって、なんだかわけがわからなくなりそうです……。

:そうやって、藤坂さんの手の平で踊らされているんです。今の“マナ”もわざと言ったのかもしれませんよ (ニヤニヤ)。

藤坂:人聞きが悪いことを言わないでくださいよ(苦笑)。

→キャラごとのイメージカラーにも秘密が?(2ページ目へ)

(C)2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
Character Design : Kimihiko Fujisaka.

1 2 3 4

データ

イメージ
▼『ドラッグ オン ドラグーン3』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS3
■ジャンル:ARPG
■発売日:2013年12月19日
■希望小売価格:7,600円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『ドラッグ オン ドラグーン2 -封印の紅、背徳の黒-(アルティメットヒッツ)』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS2
■ジャンル:ARPG
■発売日:2008年9月4日
■希望小売価格:2,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

イメージ
▼『ドラッグ オン ドラグーン(アルティメットヒッツ)』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS2
■ジャンル:ARPG
■発売日:2008年9月4日
■希望小売価格:2,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。