News

2013年9月5日(木)

『ドラッグ オン ドラグーン3』キャラデザ担当・藤坂氏インタビュー。伝説の学園恋愛ゲーム化企画“エンジェレグナ”もチラリ【電撃DOD3】

文:TDB

『ドラッグ オン ドラグーン3』の購入はこちらから

Amazon.co.jp
前へ 1 2 3 4 5

■キミは知っているか!? あの伝説のお遊び企画“エンジェレグナ”を!!

――ここでちょっと『DOD3』からは外れてしまうんですけど……。アスキー・メディアワークスから発売した『DOD2』の設定資料集で、“エンジェレグナ”って企画をやったこと、覚えてますか?

:覚えてない。

藤坂:覚えてる。

:えっ、藤坂さん覚えてるの? なんで?

藤坂:覚えてるっていうか、僕、イラストとか描いたからね。

――第1回目のニコニコ生放送のタイミングで、電撃オンラインでアンケートを取らせてもらったじゃないですか。

:はい。10周年記念BOXのダウンロードコンテンツを決めるアンケートですよね?

――その際、ファンのみなさんにメッセージを書いてもらったんですけど、思っていた以上に“エンジェレグナ”って単語が出てきてびっくりしたんですよ……。具体的にはこれですね、エンジェレグナ。

『ドラッグ オン ドラグーン3』
▲『DOD2』の設定資料集にて掲載されたお遊び企画“エンジェレグナ”に、まさかのファンの声が殺到!?

:あー! あーあー! これあったね。当時、すごいノリノリで作ってましたよね。ウソ企画なのに(笑)。

――そうなんですけど。でもこれ、欲しいっていう人の数、けっこう多かったんですよ?

藤坂:ほしい? ゲームにしてほしいってことですか?

――「エンジェレグナはよ」ってメッセージがたくさん。正確には数えてませんけど、たぶん3ケタ近くはあった気がします。

:マジですか!(笑)

――柴さんや藤坂さんから見て、こういうおふざけ企画っていうのはどうですか?

:どうもこうもないですよ。この企画のマナ、すごいかわいいもん。

藤坂:ね。このマナいいよね。

:というか、設定資料集でこういう企画をやりたいんですけど~って持ち込んできたのは電撃さんでしたよね?

――たしかに僕たちから持ち込んだ企画ではありましたが、ノリノリで作ってくれたのはみなさんじゃないですか!

:まぁ、僕は普通だったと思うけど、この人がね(藤坂さんを凝視)。

藤坂:だってこれ、ちゃんとキャラの設定まで考えてくれてたんだよ? ここまで考えてくれたんだから、それに合わせてちゃんと描かねば! って思っちゃったんですよ。

:世界の藤坂さんにそこまでいわせるエンジェレグナ(笑)。松下さん、どれだけ罪深いんですか。

――でも、僕はアンヘルを擬人化してほしいとは言ったけど、レグナまで擬人化してほしいと言った記憶はないですよ。

藤坂:え、でもこのレグナよくない? 真っ黒いコートだよ?

――すばらしいと思いました。このサングラスとか、本当にすばらしい。

:このパペットもね。そうだそうだ、原田芳雄さんに似てるよねって当時話した気がする。なんだかすごく懐かしいなぁ……。

『ドラッグ オン ドラグーン3』
▲アンヘルとレグナの擬人化。当時、すごくノリノリで作っていただけました。

――まだまだ本当に気の早い話ですけど、『DOD3』の後は、こういうスピンオフとか作るのもいいんじゃないですか?

:まぁねぇ……。あくまで僕個人の意見だけど、ヨコオさんと藤坂さんがいて、音楽で佐野さんと岡部さんがいて、そのくらいの人数でできるサイズのゲームを作れたら、本当はそれが一番いいんじゃないかなとかって思う時はありますけどね。

――エンジェレグナとかうってつけだと思いますよ。『DOD3』のキャラも入れて、“ミハ・エンジェレグナ”とかいかがでしょう。

藤坂:よく見るとこれ、けっこうすごいですよ。全部ちゃんとデザイン起こしてる(笑)。

――デザインだけに飽き足らず、ゲーム画面まで作ってくれてるじゃないですか。ほかならぬ藤坂さんのお仕事ですよね。

藤坂:そうだった! これ、ゲーム画面とかも全部僕が作ったんでした。すごく楽しかったんだよな~これ。

――素材を受け取った時は正直、何してるんだこの人って思いましたけどね。もちろん、いい意味で(笑)。

:『DOD2』が発売されて、ちょっとのんびりしようかってタイミングだったのかな? でなきゃここまでのものは描けないよね。

藤坂:なんか僕、この時期は現代の服装を描く機会がまったくなかったから、すごくうれしかったんですよ。ファンタジーな企画にばかり携わっているので、制服とかジーパンとかが描けて楽しかったんです。

――柴さん、次は『DOD』で学園モノとかやってくださいよ。

:今は『DOD3』を完成させることしか、考える余裕がないですね。それに僕には、1人のプロデューサーとして、ゲームを作るなら商売として成立させないといけないという命題がありますから、なかなか簡単ではないですよ……。でも、今はこの企画も点でしかないけど、これが線になるようなことがあれば、チャンスは生まれるかもしれません。少なくとも僕は、さっきも言った通り、少ない人数で作れる規模のゲームもやりたいと思っていますからね。

――まぁ、さすがにエンジェレグナは無理としても、少数チームでこぢんまりと作った『DOD』とかは見てみたい気もします。

藤坂:今見ると、このアンヘルはかっこいいですね。すごいスカート履いてるな(笑)。

:ヴェルドレはちっとも変わってないけど、いいね。今さらだけど松下さん、なんでこの藤坂さんの力作に、文字をかけちゃってるわけ?

――いや、僕だってこれ、文字をイラストにかけるのは嫌だなって思ってましたよ。企画を持ち込んだ際、2ページしか取ってないってことはお伝えしていましたし、まさかこんなに力を入れていただけるとは思ってなくてですね……(ごにょごにょ)。

:ページがなかったってこと? こんなに濃いキャラクターで2ページって、ものすごく贅沢ですよね。

――ええ。藤坂さんがめちゃくちゃ気合を入れてくれたものだから、イラストとかの素材を受け取れたのはかなり締め切りギリギリだったこともありまして……。さすがにページ数を変更できるタイミングじゃなかったんですよ。この設定資料集の中で、一番最後に作ったのがこのページなんです。

藤坂:そうでした。かなり時間がなかったから、いつもよりも線がちょっと少ないもんね。

――逆にそれが新鮮というか、現代劇というシチュエーションにマッチしている気がします。

:正直、エンジェレグナは厳しいかもしれませんけど、こういう芸風もありかもと認識はできました。ファンのみなさんにどれだけ需要があるのかが重要なんですけどね。

――では最後に、藤坂さんからファンに向けてメッセージをいただけますか? あと、ヨコオさんに向けてもメッセージをお願いします。

藤坂:ヨコオさんに対してですか?(笑)

:最近、連絡取ってないんじゃない?

藤坂:たまに連絡くれる時はあるよ。この絵いいね~とか、インタビューの話おもしろかったよ~とか。

――まぁ、ヨコオさんへのメッセージは置いておくとして、ファンのみなさんにひと言!

藤坂:そうですね……。正直、PS3で『DOD』シリーズの最新作が出せるなんて、僕はちっとも思っていなかったので、実現してすごくうれしいんですよ。少しでもファンのみなさんに喜んでいただけるよう、デザイン的にも趣向をこらしていますので、よろしければぜひ購入して遊んでみてほしいです……って、こんな締めでよかったですか?

:素朴に本音が出ててよかったんじゃない?(笑)

藤坂:なんかねー。みんなが買ってくれたらうれしいよね。

:はい。もうそれでまとめよう! なんか藤坂さん、すごく照れてるから。

――お2人とも、本日はどうもありがとうございました!!

『ドラッグ オン ドラグーン3』
▲残念ながら発売日が延期となった『DOD3』ですが、そのぶん、さらなるクオリティアップが図られているとのこと。ファンのみなさん、期待しつつ待ちましょう!!

[CHECK]9月9日(月)20時より、『DOD3』のニコニコ生放送を配信!!

 『DOD』ファン待望の特別番組を、9月9日の20:00よりニコニコ生放送にて配信します! 番組名は、番組名は“【電撃DOD3】生放送第3回:『ドラッグ オン ドラグーン3』情報解禁スペシャル<ゲームの電撃チャンネル>”です。

 ゲストに柴貴正プロデューサーと藍井エイルさん、司会に声優の広橋涼さんを迎えて、『ドラッグ オン ドラグーン3』の情報をたっぷりとお届けしていきます。ここで初めて公開される情報も盛りだくさんなので、絶対にお見逃しなく!!



(C)2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
Character Design : Kimihiko Fujisaka.

データ

▼『ドラッグ オン ドラグーン3』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS3
■ジャンル:ARPG
■発売日:2013年12月19日
■希望小売価格:7,600円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『ドラッグ オン ドラグーン2 -封印の紅、背徳の黒-(アルティメットヒッツ)』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS2
■ジャンル:ARPG
■発売日:2008年9月4日
■希望小売価格:2,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『ドラッグ オン ドラグーン(アルティメットヒッツ)』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS2
■ジャンル:ARPG
■発売日:2008年9月4日
■希望小売価格:2,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

関連サイト

前へ 1 2 3 4 5

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。