News

2013年9月13日(金)

『東京魔人學園』『九龍妖魔學園紀』に続く今井秋芳監督の最新作『魔都紅色幽撃隊』のあらすじと登場人物を公開

文:ゴロー

 アークシステムワークスは、『魔都紅色幽撃隊(まとくれないゆうげきたい)』をPS3/PS Vita用ソフトとして2014年に発売する。価格は未定。

→システムの詳しい紹介記事はこちら!

『魔都紅色幽撃隊』

 『魔都紅色幽撃隊』は、今井秋芳監督が手掛ける『學園ジュヴナイル伝奇』シリーズの最新作。『東京魔人學園』『九龍妖魔學園紀』と世界観を共有する、シリーズ第3部にあたる作品となる。全13話からなるそれぞれの物語はADVパートとバトルパートで構成され、根底となる世界観やシステムは過去作を踏襲している。プロデューサーは金沢十三男さん、キャラクターデザインは倉花千夏さん、音楽はThe Key Project、OP曲は植松伸夫さんが担当。

『魔都紅色幽撃隊』 『魔都紅色幽撃隊』
▲学園での日常ドラマが展開するADVパート。新システム“GHOST(Graphic Horizontal Object STreaming)”により、キャラクターがまるで生きているかのようなしぐさや感情表現をするという。▲ADVパートでは感情移入度を高める“五感入力システム”を導入。愛・友・悲などの感情を入力後に、視・聴・味などの五感を入力することで相手の反応や好感度が変化する。
『魔都紅色幽撃隊』 『魔都紅色幽撃隊』
▲ゴーストを除霊する“バトルパート”。ブリーフィング画面であらかじめ敵の行動を予測し、味方の移動ルートや罠の設置などを指示しておく。

 初報となる今回の記事では、物語のあらすじや3名の登場人物を紹介していく。また、9月19日~22日にかけて行われるイベント“東京ゲームショウ2013”のアークシステムワークスブースにて、『魔都紅色幽撃隊』がプレイアブル出展されることも決定した。詳細については、“アークシステムワークスイベント情報サイト”をチェックしてほしい。

~あらすじ~
新宿の暮綯學園に1人の転校生がやって来る。

 ある日、何の変哲もない転校生・東摩龍介(とうま りゅうすけ)が新宿の暮綯學園(くれないがくえん)高等学校にやって来る。

 気の強いクラス委員長、深舟さゆりに學園を案内されている最中、転校生は夏服の少女の霊を視る。閉鎖された校舎の一角へ足を踏み入れた転校生と深舟は、紅いコートの男の霊と遭遇する。襲いかかる悪霊から2人を守ったのは、同級生の支我正宗と謎の女だった。

『魔都紅色幽撃隊』

 戦いの後、女―――伏頼千鶴は、転校生に自らの素性を説明する。自分は“夕隙社(ゆうげきしゃ)”という名の会社の社長であり、一般人から依頼を受けて悪霊を退治する仕事をしている、と。支我もまた、夕隙社で働くアルバイトの一員だった。

 伏頼は、転校生には霊を感じる能力があると諭し、夕隙社でアルバイトをしないかと誘う。伏頼の申し出を受ける転校生。こうして――転校生である主人公の夕隙社での生活が始まった。

 それは同時に、東京の闇に潜む悪霊との死闘の始まりを意味していた……。

▽夕隙社とは

 新宿・歌舞伎町にオフィスを構える弱小出版社。オカルトなどをテーマにした本を出版している。しかし、裏では社員が退魔師としての特殊な“力”を使い、報酬と引き換えに除霊や退魔などの仕事を請けている。

 会社のマークは、“夕陽に八咫烏(やたがらす)”。

『魔都紅色幽撃隊』

■登場人物

深舟さゆり(みふね さゆり)/戦闘方法:自然霊使役

『魔都紅色幽撃隊』

 新宿区陽灯學園の3年生。凛とした雰囲気で強い意志を持つ少女。長い黒髪を持ち、次第に主人公に惹かれていく。治療や回復などを行う自然霊を使役することができる。

支我正宗(しが まさむね)/戦闘方法:PCを遣う後方支援

『魔都紅色幽撃隊』

 新宿区陽灯學園の3年生。冷静沈着で不敵な自信家。身体を鍛えているため、細身だがたくましい体躯をしている。脚が不自由なのには悪霊が関係しており、除霊時はVWの中に待機して“夕隙社”の突入部隊をサポートする。趣味は、PCとテニスで、車椅子テニスをやっている。

伏頼千鶴(ふくらい ちづる)

『魔都紅色幽撃隊』

 オカルト雑誌発行元“夕隙社”の社長兼編集長。その実は裏でゴーストハントを請け負っている。主人公の才能を見出し、夕隙社へと勧誘する。謎の過去を隠し持つ。


◆ビジュアル満載のアーク25周年記念本が10月24日発売!◆

 25周年記念本『アークシステムワークス25周年記念 公式キャラクターコレクション』の予約を受付中。B5判のハードカバー&フルカラー256ページの豪華な仕様で、10月24日に発売となります。

 『ギルティギア』&『ブレイブルー』の新イラスト&小説を楽しめる他、同社の人気キャラの魅力が詰まったビジュアル満載の記念本となります。アークシステムワークスの石渡太輔さんや森利道さんをはじめ、ゲスト作家として参加していただいた、岡本倫さん、木村樹崇さん、寺田克也さん、戸部淑さん、mooさん、八重樫南さんによる記念イラストは必見です! 25周年の思い出を確実に手元に残すため、ぜひお早めにご予約ください!


(C) ARC SYSTEM WORKS/TOYBOX Inc.

データ

▼『魔都紅色幽撃隊』
■メーカー:アークシステムワークス
■対応機種:PS3
■ジャンル:ADV
■発売日:2014年4月10日
■希望小売価格:6,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『魔都紅色幽撃隊』
■メーカー:アークシステムワークス
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:ADV
■発売日:2014年4月10日
■希望小売価格:6,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『アークシステムワークス25周年記念 公式キャラクターコレクション』
■発行:アスキー・メディアワークス
■発売日:2013年10月24日
■定価:3,360円(税込)
※B5判256ページ(フルカラー)
 
■『アークシステムワークス25周年記念 公式キャラクターコレクション』の購入はこちら
Amazon.co.jp

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。