News

2013年9月22日(日)

『ネプテューヌ』完全新作情報など、サプライズ&ぽろりも飛び出した“秋のコンパイルハート超次次元ガラパゴステージ!!”の模様をレポート!

文:電撃オンライン

 東京ゲームショウ2013“ゲームの電撃”ブースで行われた“『ネプテューヌRe;Birth1』×『フェアリーフェンサー エフ』発売直前! 秋のコンパイルハート超次次元ガラパゴステージ!!”のレポートをお届けする。

秋のコンパイルハート超次次元ガラパゴステージ!!

 登壇したのは、『ネプテューヌ』シリーズでコンパを演じる酒井香奈子さん、水野尚子さん(プロデューサー)、伊藤謙さん(ディレクター)、小野寺真吾さん(ディレクター)、丸山和輝さん(マーケティング)、田中温(電撃PlayStation)の6名。日本の特定のお客様に向けたガラパゴスRPGを大々的に打ち出すなど、攻めに攻めているコンパイルハートの注目作をメインに扱うステージとなった。

秋のコンパイルハート超次次元ガラパゴステージ!! 秋のコンパイルハート超次次元ガラパゴステージ!!

 ステージの話題はまず、PS3用ソフト『フェアリーフェンサー エフ』へ。本作は開発を『ネプテューヌ』開発チームが担当、コンセプトアートに天野喜孝さん、音楽に植松伸夫さん/EARTHBOUND PAPAS、シナリオに井上敏樹さんを起用し、新ブランド“ガラパゴスRPG”と銘打たれた意欲作。キャラクターデザインは、『ネプテューヌ』シリーズでおなじみのつなこさんが担当する。この豪華な製作陣は、間違いなく“日本の特定のお客様”のハートをがっちりと掴んでいると思われる。

秋のコンパイルハート超次次元ガラパゴステージ!! 秋のコンパイルハート超次次元ガラパゴステージ!!

 そんな気になる本作だが、ここで世界初の実機プレイ映像が披露された。なお、セガのブースにパートナーズタイトルとして置かれた試遊台の整理券は、午前中でなくなるほどの評判だったとのこと。

 まずは大都市ゼルウインズが映し出され、街中での移動ポイントなどが簡単に説明された。続いて地脈を刺激して、周囲のダンジョンに変化をもたらす“ワールドインフルエンス”に説明は移るが、この効果は味方だけでなく敵にも及ぶそうなので、利用の際は注意が必要となりそうだ。

秋のコンパイルハート超次次元ガラパゴステージ!! 秋のコンパイルハート超次次元ガラパゴステージ!! 秋のコンパイルハート超次次元ガラパゴステージ!! 秋のコンパイルハート超次次元ガラパゴステージ!!

 また、会話シーンを経てダンジョンでの戦闘を紹介。『ネプテューヌ』シリーズをプレイした人ならなじみのある、移動範囲と攻撃範囲がサークルで表示され、コマンド選択をベースとして行動をするシステムとなっていた。

秋のコンパイルハート超次次元ガラパゴステージ!! 秋のコンパイルハート超次次元ガラパゴステージ!! 秋のコンパイルハート超次次元ガラパゴステージ!!
▲ティアラは清純そうに見えるが「これは白くない」とつなこさんが語っていたようで、どうやら真っ黒なキャラらしい。
秋のコンパイルハート超次次元ガラパゴステージ!! 秋のコンパイルハート超次次元ガラパゴステージ!! 秋のコンパイルハート超次次元ガラパゴステージ!!
▲ハーラーの猫耳はアクセサリーらしい。頭の装備はいろいろ変えられるようだ。

 他にも本作の特徴のひとつである、特別な武器“フューリー”に宿る“妖聖”と共鳴指数を高めた場合に移行できる強化状態“フェアライズ”も紹介。この状態になると能力が上昇し、特別な必殺技が使えるようになる。

秋のコンパイルハート超次次元ガラパゴステージ!! 秋のコンパイルハート超次次元ガラパゴステージ!! 秋のコンパイルハート超次次元ガラパゴステージ!!
▲外見からは想像できないモデル歩きモーションのピピンさん。ハーラーの猫耳もしっかりチェック! 他にどんなアクセサリーが存在するのだろうか。普段はアフロのピピンさんだが、この日は七三分けとややフォーマルな装いだ。
秋のコンパイルハート超次次元ガラパゴステージ!! 秋のコンパイルハート超次次元ガラパゴステージ!! 秋のコンパイルハート超次次元ガラパゴステージ!!
▲R2ボタンを押しっぱなしにすると、攻撃モーションなどほとんどのシーンがスキップ可能。また、フェアライズすると音楽がボーカル曲になるなど、1回の戦闘で最大4曲も流れるそうだ。
秋のコンパイルハート超次次元ガラパゴステージ!! 秋のコンパイルハート超次次元ガラパゴステージ!! 秋のコンパイルハート超次次元ガラパゴステージ!!
▲本作に登場するキャラは魔法などを覚えないが、“武器強化”を行うことで能力の上昇、技の習得、ダメージ上限の解除など、多数の強化が行える。

 ここまでの説明を受けた酒井さんは「ピピンさんに心を奪われた」と語り、早くもその姿のとりことなっている様子だ。しかし「さん」付けで呼ばれるピピンさんだが、「中の人などいない」とされながらも、作中では何かが“はみでる”かも知れないという気になる発言が。これについては、ぜひプレイして確認してほしいとのことだ。

 一通りの紹介を終えると、話題は当然気になるシナリオへ。担当するのが「“あの”井上敏樹さん」ということもあり、どんなストーリーになるのかまったく予想ができないといった感じではあるが、『ネプテューヌ』シリーズよりは、だいぶシリアスになっているのは間違いなさそうだ。ただし、女の子のかわいさだけは保証されており、これだけは間違いないと断言されていた。

秋のコンパイルハート超次次元ガラパゴステージ!!
▲こんなにかわいいのに“黒い”という。ありがとうございます。

 その発言を裏付けるように美麗なイラストが紹介されていたのだが、ここでまさかのぽろりが発生! 水野プロデューサーからも「出せない」という言葉が飛び出す、衝撃的なシーンが映し出されてしまった。

秋のコンパイルハート超次次元ガラパゴステージ!!
▲剣のようなものに貫かれ、血まみれで横たわるティアラの姿が……。
秋のコンパイルハート超次次元ガラパゴステージ!!
▲NG画像はすぐに隠され、異彩を放つ謎のフェンサー・ピピンさんがその場を収めた(後ろに控えるイケメンは妖聖・ソウジ)。

 なお、限定盤の箱はつなこさんと天野喜孝さんのイラストが両方楽しめる仕様となっており、一部には箔押しも施されるなど、かなり豪華な作りとなっていた。他にも小説やCDの内容を簡単に紹介して、『フェアリーフェンサー エフ』のコーナーは終了となった。

秋のコンパイルハート超次次元ガラパゴステージ!! 秋のコンパイルハート超次次元ガラパゴステージ!! 秋のコンパイルハート超次次元ガラパゴステージ!!
秋のコンパイルハート超次次元ガラパゴステージ!! 秋のコンパイルハート超次次元ガラパゴステージ!!
▲ネタバレも含むらしい外伝小説。伊藤ディレクターによれば「(『ネプテューヌ』とは違い)真っ黒ですから!」とのこと。さらに秘密のデートCDは“いろんな方面のニーズ”に応えられる構成だそうだ。

 続いてPS Vita用ソフト『超次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth1(以下、Re;Birth1)』のコーナーに移り、本作についてのトークが展開。今や同社の看板タイトルとも言える『ネプテューヌ』シリーズ。その1作目『超次元ゲイム ネプテューヌ(以下、初代)』を、最新の技術とシリーズの開発を通して得られた経験を元に、シナリオの改稿や新規要素の追加、演出の見直しなどが行ったものが『Re;Birth1』となる。

秋のコンパイルハート超次次元ガラパゴステージ!!

 なお、よく出てくる“ねぷねぷ”という呼称は、そもそも『初代』で酒井さん演じるコンパが使った呼び方となる。そのコンパについて印象深い台詞を聞かれた酒井さんは、アニメの戦闘シーンで、アドリブで「ですですですぅ~」と入れたことを挙げていた。他の出演者も原作のネタをアドリブで入れるなど、演じる方も濃くなっていると話し、生まれ変わった『初代』に期待を寄せた。

 その本作についても、ここで世界初の実機映像が披露された。街、ワールドマップ、バトルなどが紹介された。読み込みもかなり速くなっており、小野寺Dも「シームレスが売り」とするほどの快適さが実演された。

秋のコンパイルハート超次次元ガラパゴステージ!! 秋のコンパイルハート超次次元ガラパゴステージ!!

 また、紹介をはじめようとしたら、パーティーにネプギアがいるというぽろりもあった。主人公ネプテューヌの妹・ネプギアは、続編となる2作目『超次元ゲイム ネプテューヌmk2』で姉の窮地を救うために活躍したキャラクターであり、1作目の『初代』には登場しなかった。しかし出てしまったものは仕方ないのか、セーブデータを間違えたということになり、このまま紹介は続行された。

 この時系列での妹登場については、小野寺Dは「やんわり、少しだけ」と回答。これは『無印』の要素を壊さないための配慮であり、主にやりこみ要素の部分に入れたことも理由となっているようだ。

秋のコンパイルハート超次次元ガラパゴステージ!! 秋のコンパイルハート超次次元ガラパゴステージ!!
▲「ネプギアがいるということはつまり……?」と質問があったが、もちろんユニ、ロム&ラムも登場するとのこと。
秋のコンパイルハート超次次元ガラパゴステージ!! 秋のコンパイルハート超次次元ガラパゴステージ!!

 また、今回の映像では『神次元ゲイム ネプテューヌV(以下、V)』のメーカー擬人化企画で登場したサイバーコネクトツーちゃん、ファルコムちゃん、ブロッコリーちゃん、マーベラスAQLちゃん、MAGES.ちゃん、鉄拳ちゃんの姿も確認することができた。

秋のコンパイルハート超次次元ガラパゴステージ!! 秋のコンパイルハート超次次元ガラパゴステージ!! 秋のコンパイルハート超次次元ガラパゴステージ!!
秋のコンパイルハート超次次元ガラパゴステージ!! 秋のコンパイルハート超次次元ガラパゴステージ!! 秋のコンパイルハート超次次元ガラパゴステージ!!
秋のコンパイルハート超次次元ガラパゴステージ!! 秋のコンパイルハート超次次元ガラパゴステージ!! 秋のコンパイルハート超次次元ガラパゴステージ!!
秋のコンパイルハート超次次元ガラパゴステージ!! 秋のコンパイルハート超次次元ガラパゴステージ!! 秋のコンパイルハート超次次元ガラパゴステージ!!
▲戦闘シーンも『V』のシステムを踏襲している。

 一通り実機映像での紹介を追えたあとは、冒頭に入る四女神のバトルムービーも流れたが、こちらも『初代』とかなり印象が変わっていた。また印象が変わったといえば、小野寺Dもかなり印象が変わっており、自身を『小野寺D Re;Birth1』として、ゲームも『無印』からこれくらい変わっているとアピールしていた。

秋のコンパイルハート超次次元ガラパゴステージ!! 秋のコンパイルハート超次次元ガラパゴステージ!!
▲「イストワールの中の人にイメチェンさせられた」とは小野寺Dの談。かないみかさんのアドバイスにより、かようなイメージチェンジとなったようだ。

 周囲からは「(Re;Birth1と被せる)それがやりたかっただけでは」というツッコミもあったが、一応ゲームに関係するかもという疑念は拭えないので、ここで電撃PlayStation田中から「『Re;Birth1』なら『Re;Birth2』もあるのか」という質問が出ると、さらっと「あります!」と爆弾発言。正式名称こそ未定だが、『mk2』のリメイクであり、『Re;Birth2(仮)』としてPS Vita向けに開発中であることが明らかになった。

秋のコンパイルハート超次次元ガラパゴステージ!!

 そしてもう1つ、ステージ上のあるものについて指摘が入る。今までのゲームには特典として付属したことのないノワールの“ねぷぎゅあ”が、実はずっとテーブルの上に置かれていたのだ。

秋のコンパイルハート超次次元ガラパゴステージ!! 秋のコンパイルハート超次次元ガラパゴステージ!!
▲もちろんセンターにいるのがノワール。

 丸山さんによれば「つまりそういうこと」であり、これはノワールが主役を務めるPS Vita用ソフト『超女神信仰ノワール 激神ブラックハート』に関連するアイテムと見て間違いなさそうだ。なお、11月発売の電撃PlayStationからいよいよ展開がスタートする予定なので、こちらも期待していただきたい。

秋のコンパイルハート超次次元ガラパゴステージ!! 秋のコンパイルハート超次次元ガラパゴステージ!!

 他にも電撃PlayStation Vol.552に収録される、つなこさん描き下ろしのワイドな両観音開き仕様イラストのラフと、TVアニメ『超次元ゲイム ネプテューヌ』のファンブックを、電撃PlayStation編集部が制作することも発表された。

秋のコンパイルハート超次次元ガラパゴステージ!! 秋のコンパイルハート超次次元ガラパゴステージ!!

 最後は水野Pが「コンパイルハートづくしの10月ですが、どちらもプレイしていただけるとうれしいです」と述べ、酒井さんも「ねぷねぷではいろいろ経験させていただきました。ねぷねぷとコンパと、みんなをよろしくお願いします」と語り、ステージを幕を閉じたかに見えた。

秋のコンパイルハート超次次元ガラパゴステージ!! 秋のコンパイルハート超次次元ガラパゴステージ!!
▲立ち上がる際に披露された酒井さんの衣装は、コンパとお揃いの赤いチェックのスカート+パープルハートTシャツという、完全にネプテューヌ色のものだった。

 コメントも綺麗にまとまったところで、会場・ニコニコ生放送の視聴者が拍手で登壇者を見送ったのだが、退場したはずの小野寺Dが突然「ちょっと待ったー!」とステージへ戻ってくるというイベントが発生。さらに丸山さんも戻り、手にした封筒を小野寺Dに渡す。

秋のコンパイルハート超次次元ガラパゴステージ!! 秋のコンパイルハート超次次元ガラパゴステージ!! 秋のコンパイルハート超次次元ガラパゴステージ!!

 いったい何事かとファンが見守る中、封筒から出てきたのは「据え置き機でネプ新作制作中!」という超ビッグニュースだった。『Re;Birth2』だけでも大盛り上がりだったファンはさらに歓声を上げ、今度こそ正真正銘の終了となった。

秋のコンパイルハート超次次元ガラパゴステージ!!
▲最後の最後に飛び出した、本日2つめの超次元サプライズ! 続報が待たれる。

■東京ゲームショウ2013 開催概要
【開催期間】
 ビジネスデイ……2013年9月19日~20日 各日10:00~17:00
 一般公開日……2013年9月21日~22日 各日10:00~17:00
【会場】幕張メッセ
【入場料】一般(中学生以上)1,200円(税込)/前売1,000円(税込)
※小学生以下は無料

(C)COMPILE HEART
(C) 2013 IDEA FACTORY / COMPILE HEART / FELISTELLA

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。