News

2014年5月28日(水)

なぜ今『ミステリートF』なのか? 傑作『YU-NO』『EVE』を生み出した菅野ひろゆき氏の遺志を継ぐ浅田誠氏にインタビュー

文:カワチ インタビュアー:ごえモン

 鬼才のゲームデザイナー・菅野ひろゆき氏が手掛けたアーベルの推理アドベンチャーゲーム『ミステリート』シリーズ。2004年に発売された1作目『ミステリート ~不可逆世界の探偵紳士~』と続編の『ミステリート2』がセットになってXbox One用ソフト『ミステリートF 探偵たちのカーテンコール』として新生することが、先日の“MAGES.Xbox One向けソフトウェア発表会”で明らかとなった。

『ミステリートF 探偵たちのカーテンコール』画像
▲『ミステリートF 探偵たちのカーテンコール』キービジュアル。『ミステリート』シリーズの主人公・八十神かおるとそのアシスタント・七尾芹奈の姿だけではなく、『不確定世界の探偵紳士』の主人公・悪行双麻やフィーナの姿を確認できる。

 なぜ今、Xbox Oneで『ミステリート2』を開発するのか? 故・菅野ひろゆき氏の遺志はどのように引き継がれているのか? 制作のキーマンとなるMAGES.の浅田誠プロデューサーにインタビューを行った。なお、浅田氏が手掛けるXbox One用ADV『PSYCHO-PASS サイコパス』のインタビューも同時掲載している。こちらもあわせてチェックしてほしい。

『ミステリート2』
▲浅田誠氏。ケイブでさまざまなシューティングゲームを世に送り出したのちに、MAGES.に入社。現在は同社の新たなゲームディビジョン“Division 8”を統括する。

■『ミステリート2』の開発を受け継いだ理由

――『ミステリート2』(※1)の開発再開は多くのシリーズファンが待っていたと思うのですが、菅野ひろゆき氏(※2)が亡くなられてしまったこともあり、実現は難しいのではないかと思っていました。どういった経緯で浅田さんが遺志を継ぐ形になったのでしょうか?

 自分がMAGES.に入社する以前から、移植のお話がアーベルさん(※3)との間でされていました。ただ、その時はMAGES.のプロデューサーの中で担当する者が決まっておらず、見送っていたようでした。その話を入社する時に聞き、本作をプロデュースすることになりました。

※1:『ミステリート2 ~フェアウェル・エンカウンター~』……『ミステリート ~不可逆世界の探偵紳士~』の続編として発売が予定されていたタイトル。菅野氏はこのタイトルの開発半ばで急逝してしまった。

※2:菅野ひろゆき氏……『悦楽の学園』や『DESIRE』、『EVE burst error』、『この世の果てで恋を唄う少女 YU-NO』などを手掛け、アドベンチャーゲーム業界に多大な影響を与えた人物。2011年12月19日、脳梗塞により都内の病院で死去。43歳没。

※3:アーベル……菅野ひろゆき氏が設立した会社。推理系のアドベンチャーゲームを数多く世に送り出した。

――シューティングゲームのイメージが強い浅田さんですが、もともとアドベンチャーゲームもお好きだったのでしょうか?

 はい。その中でも、ADV業界に多大な影響を与えた菅野さんの作品は特別ですね。自分はケイブ時代に『インスタントブレイン』(※4)というアドベンチャーゲームを作ったことがあるのですが、その時に菅野さんにシナリオでの参加を打診していました。音楽も菅野さんの作品に曲を提供していた梅本竜さん(※5)に頼んでいたので「なんとか3人で集まって作れたらいいよね」と話していたのですが……。残念ながらその話は流れてしまいました。

 一緒に作れなかったことは残念ですが、今回自分が『ミステリート2』の開発を手掛けることができたのは運命のようなものを感じますね。菅野さんが作りたかったものを100%再現する……というのは難しいですが、近い形でお届けできればと考えています。

※4:『インスタントブレイン』……浅田氏が手掛けたXbox 360専用ADV。過去を写し出すことができるカメラ“エクスポージャー”を使い、事件を解決に導いていく。

※5:梅本竜氏……ゲームミュージックの作曲家。『EVE burst error』や『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』など、菅野氏の作品に多くの楽曲を提供していた。2011年8月に体調不良が原因で死去。37歳没。浅田氏とともに制作した『インスタントブレイン』が遺作となった。

――なぜ、対応ハードにXbox Oneを選択したのでしょうか?

 前職からのお付き合いもありましたし、早い段階でXbox Oneでの展開のお話をいただいていましたので、移籍後の一番初めの展開先としてXbox Oneを選択しました。

■菅野ひろゆき氏が遺したプロットをひな型にシナリオを作成

『ミステリート2』

――ファンが気になるであろうシナリオについてお聞かせください。『ミステリート2』にあたる部分はどのように制作されているのでしょうか?

 プロット自体は菅野さんがお亡くなりになる前に手掛けていたものがあるため、それをそのまま使用しています。

――プロットはどのぐらい完成していたのでしょうか?

 70%ぐらいですね。物語全体の流れや中身の膨らませ方、結末などがすでに書かれていたので、そこはそのままの形で使用しています。実際にシナリオに起こす作業はアーベルのスタッフさんにお願いしました。誰が書いたとしても“菅野ひろゆきの文章”にはならないとわかっている