News

2014年5月4日(日)

電撃文庫『エロマンガ先生』のコミカライズが “マチ★アソビ”で発表! ステージで語られた高坂桐乃とエロマンガ先生のヒロイン像の違いとは!?

文:電撃オンライン

 熱い盛り上がりを見せる、徳島県・徳島市で開催中のイベント“マチ★アソビ Vol.12”。両国橋南公園にて、5月10日に発売される電撃文庫『エロマンガ先生(2) 妹と世界で一番面白い小説』にあわせて、“『俺の妹』から『エロマンガ先生』へ!! 禁断の創作秘話スペシャルトーク!”のステージが行われた。

【動画】“マチ★アソビ”電撃文庫『エロマンガ先生』ステージイベント

『エロマンガ先生』
▲マチ★アソビ初参戦のかんざきひろ先生を含むチーム『エロマンガ先生』の面々。多くの徳島のファンが両国橋南公園に集まった。

 ステージには原作の伏見つかさ先生、イラストレーターのかんざきひろ先生、そして原作担当編集として三木一馬氏、同じく原作編集担当の小原一哲氏、コミカライズ担当として楠 達矢氏が登場した。

 これまで、伏見先生や三木氏は“マチ★アソビ "にチーム『俺の妹』として5回参戦しているものの、チーム『エロマンガ先生』としてはこれが初めてとなる。とはいえ、徳島を“第2の故郷”と語る伏見氏の熱い思いが伝わっているためか、かつて実施した『俺の妹』のステージと同じくらい多くの聴衆が集まった。

『エロマンガ先生』 『エロマンガ先生』
▲ステージでは2択のクイズ形式10問を交えながら、エロマンガ先生について語り尽くした。

 このステージでは『エロマンガ先生』について観客にクイズ形式で質問を出すことで、作品を知らない人を置いてきぼりしないまま、知っている人はより深く楽しめるという形式で進んだ。

 例えば、「あなたは『エロマンガ先生』という作品を知っていますか?」といったシンプルなものから、「タイトルが原因でメディアミックスしてくれる企業が見つかりません。どうすればよいでしょう?」といったお悩み相談形式のものもあった。

 ちなみに、メディアミックスに関しては、会場の総意で「アスキー・メディアワークスでなんとかする」ということになった。「というわけでなんとかしました」(三木氏)といったお約束発言の後、この“マチ★アソビ “の会場で初めて、『エロマンガ先生』のコミカライズが発表された。

 そこでコミック担当の楠氏が登場。お面を付けた不可思議な登場に会場がざわつきながらも、「女性マンガ家のrin先生がすごくかわいいイラストを描いてくれました」(楠氏)とコミックの読みどころを熱く語った。なお、『エロマンガ先生』のコミカライズは、早速5月27日発売の『電撃大王』から連載を開始するとのこと。楽しみに待っていてほしい。

『エロマンガ先生』 『エロマンガ先生』
▲暖かい笑いに包まれることが多いトークイベントとなった。ちなみに、かんざき先生はタイトルを最初に聞いたとき「不安しかなかった」と述べ、会場の笑いを誘った。

 最後に伏見先生は5月10日に発売される第2巻について、「妹ってかわいいよね、読書って楽しいよね、ということ伝えたかった」とコメント。さらにかんざき先生は「皆さんに喜んでいただけるようなイラストを頑張って描きました」と述べた。

 「書いていて実感するのは、『俺の妹』の桐乃は清純派だったなということ。今回のヒロインの紗霧は見た目は清純だけど、結構エロい。そういったヒロインの違いを楽しんでほしい」とは伏見先生のコメント。

 最後に伏見先生が「こんな恥ずかしいタイトルですが、読んでよかったと思っていただける作品にしていきたいです!」と力強く語り、ステージを締めくくった。

データ

▼『エロマンガ先生(2) 妹と世界で一番面白い小説』
■著:伏見つかさ、イラスト:かんざきひろ
■プロデュース:アスキー・メディアワークス
■発行:株式会社KADOKAWA
■発売日:2014年5月10日
■定価:本体590円+税
 
■『エロマンガ先生(2) 妹と世界で一番面白い小説』の購入はこちら
Amazon.co.jp
▼『エロマンガ先生(1) 妹と開かずの間』
■著:伏見つかさ、イラスト:かんざきひろ
■プロデュース:アスキー・メディアワークス
■発行:株式会社KADOKAWA
■発売日:2013年12月10日
■定価:本体610円+税
 
■『エロマンガ先生(1) 妹と開かずの間』の購入はこちら
Amazon.co.jp

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。