News

2014年7月23日(水)

NVIDIA、ゲーマー向けタブレット端末『SHIELDタブレット』を発表。PCからゲームのストリーミングも可能

文:電撃オンライン

 NVIDIAは、米国カリフォルニア州の現地時間7月22日に、ゲーマー向けのタブレット端末『SHIELDタブレット』とその周辺機器『SHIELDワイヤレス・コントローラ』を発表した。現在、米国、カナダ、一部の欧州諸国で予約を受け付けているものの、日本国内での発売は未定となっている。

※以下、メーカー様からの情報をもとに記事を掲載しております。

2014年7月22日 - カリフォルニア州サンタクララ -
 NVIDIA(本社:米国カリフォルニア州サンタクララ、社長兼CEO:ジェンスン・フアン(Jen-Hsun Huang)、Nasdaq:NVDA)は本日、NVIDIA SHIELDファミリの最新製品、SHIELDタブレットとSHIELDワイヤレス・コントローラを発表しました。

『SHIELDタブレット』

 NVIDIA設計・製造のSHIELDタブレットは、とにかく高性能なタブレットで、並外れた機能が満載です。その中心には192個のGPUコアを持つ最先端のモバイル・プロセッサ、NVIDIA Tegra K1が搭載されています。また、ソフトウェアはワイヤレス接続で定期的にアップデートされるので、新しい機能が追加されたりパフォーマンスをさらに向上させることができます。

 SHIELDタブレットは、特にゲーマ用として作られているのが特徴です。明るい8インチのフルHDディスプレイに迫力のあるサウンドが楽しめて人気の前面スピーカを装備し、オプションでカバーも用意されています。このカバーは、スクリーンを守るだけでなく、見やすい角度にスクリーンを固定するスタンドとしても使えます。

 このタブレットを完全なゲーム機として存分に活用できるようにと用意されたのがSHIELDワイヤレス・コントローラで、これは、人間工学的に使いやすい形状で高精度、ローレイテンシと、熱心なゲーマの要求に応えられるコントローラとなっています。また、オンライン・ゲームを好きな場所で楽しめるように、SHIELDタブレットはオプションでLTEにも対応しています。

 NVIDIAの共同創立者兼最高経営責任者、ジェンスン・フアン(Jen-Hsun Huang)は、次のように述べています。「NVIDIA SHIELDタブレットは、タブレットを使うゲーマのために作られた機器です。タブレットとして並外れたパフォーマンスとユニークなゲーム機能が用意されているため、熱烈なゲーマの方にも、好きな場所で心ゆくまでゲームを楽しんでいただくことができます。」

 SHIELDファミリの先駆けとなったポータブル・ゲーム機、SHIELDと同じように、今回のSHIELDタブレットも、優れたSHIELD対応のAndroidゲームなど、ゲーマに人気の魅力的なコンテンツをお届けするポータルとなります。また、ユーザ自身が持つPCゲーム各種もワイヤレスでストリーミングすることができます。SHIELDタブレットのゲーム機能を支えているのは、究極のゲームPCにも使われているNVIDIA Kepler アーキテクチャを採用したTegra K1モバイル・プロセッサです。

■世界初のオンパレード

 SHIELDタブレットには、タブレットとしての世界初がたくさん用意されています。

■PCストリーミング

 世界で初めて、デスクトップパソコンやノートパソコンからNVIDIA GameStreamテクノロジを使ってゲームをストリーミングできるようになりました。NVIDIA GeForce GTXのGPUを搭載しているパソコンからストリーミングができるのです。

■NVIDIA GRIDクラウド・ストリーミング

 世界で初めて、PCゲームをNVIDIA GRIDからストリーミングできるようになりました。SHIELDのユーザであれば、GRIDクラウド・ゲーム(ベータ版)にアクセスし、優れたPCゲームのライブラリをストリーミングしたり、それをクラウドに保存したりすることができます(カリフォルニア州北部のみで試験的に提供中)。

■TwitchとNVIDIA ShadowPlay

 世界で初めて、ゲーム・プレイ中の最高の瞬間を保存し、Twitchへストリーミングできるゲーム・キャプチャ用ツール、ShadowPlayに対応しました。Twitchというのは、ゲーマ向けのビデオ・プラットフォーム兼コミュニティです。つまり、SHIELDタブレットで楽しんでいるゲームを友だちや世界中の仲間にストリーミングすることができるのです。SHIELDタブレットには5MPのフロントカメラも用意されているので、Twitchによるゲームキャストにゲーマ自身の画像を重ねて配信することもできます。

■コンソール・モード

 世界で初めて、NVIDIAコンソール・モードが登場しました。タブレットでプレイしているゲームを大画面TVで見られるようになったのです。コンソール・モードを使うと、リビング全体をゲームとエンターテイメントの空間に変えることができます。SHIELDワイヤレス・コントローラをつないでソファに座り、PCゲームやAndroidゲームを楽しんだりウェブを閲覧したり、大好きな映画を観たりといったことを1080pのネイティブHDで楽しめるようになるのです。

■ウルトラローレイテンシのWi-Fiでコアなゲーマも満足するコントローラ

 SHIELDワイヤレス・コントローラは最先端のコントローラです。ウルトラローレイテンシのWi-Fi Direct接続で最大4基のワイヤレス・コントローラが使えるので、友だちと一緒にゲームを楽しむことができます。PCゲームでもAndroidゲームでも使える世界初の高精度コントローラで、ステレオ・サウンドやゲーム・チャットが楽しめるゲーム用ヘッドセットのジャックやタッチパッド、ボリューム・コントロールなどが用意されています。また、音声によるコマンドや検索といった画期的な機能もあります。

■最高のスタイラス

 スタイラスが使えると、指先による操作だけでは得られないタブレット体験が可能になります。NVIDIA DirectStylus 2テクノロジが搭載されたSHIELDタブレットでは体験が大きく変わります。DirectStylus 2テクノロジは旧バージョン対比で応答性が倍に向上しており、その結果、GPUによって加速化された3Dペインティングが可能になりました。絵の具やペイントの物理的な混合やにじみもリアルタイムに処理されますし、光源を調整するとパレットの色も3Dで自然に変化するのです。

 DirectStylus 2を使えば、SHIELDタブレットで微妙なストロークをキャプチャすることができ、統合アプリと手書き文字認識を使ってノートを取ったり、NVIDIA Dabbler?アプリでハイパーリアリスティックな水彩画を描いたり3D Paintで油彩画を描いたりもできます。

■ダイナミックなサウンド

 ゲームや歌、ポッドキャストなどを澄んだキレのあるサウンドで楽しめるように、NVIDIA PureAudioテクノロジでダイナミックなサウンドを実現しています。前面に用意されたステレオ・スピーカには、デュアルポートのバスレフ方式エンクロージャが装備されています。

■高い利便性のカバー

 オプションのSHIELDタブレット・カバーは丈夫な造りでタブレットを保護するだけのものではありません。スタンドとしてさまざまな角度でタブレットを支え、ゲームやエンターテイメントの楽しみを広げてくれるカバーです。

■NVIDIA SHIELD HubとTrine 2がプリロード

 SHIELDタブレットにはNVIDIA SHIELD Hubアプリがプリロードされています。これはゲーマのSHIELD体験を支える中核となるアプリで、SHIELDに最適化されたAndroidゲームの人気作品を集めたショップにワンタッチでアクセスすることができます。また、インストールしたゲームやアプリをすばやく起動することもできます。

 Frostbyteの人気ゲーム、『Trine 2: Complete Story』もバンドルされています。もともとPlayStationやXbox、Steamで大ヒットしたこのゲームを、Tegra K1プロセッサのグラフィックスで楽しめるように最適化したのです。また、NetflixやPandoraなど、何千種類ものアプリがダウンロードできるGoogle PlayにもSHIELDタブレットからアクセスすることができます。

■価格、供給状況、アクセサリ

 SHIELDタブレットには、Wi-Fiにのみ対応した製品とWi-FiとLTEの両方が使える製品があります。メモリ容量は16GBか32GBで、MicroSDカード(最大128GB)が使えます。価格は299ドルからとなります。SHIELDワイヤレス・コントローラの小売価格は59ドル、SHIELDタブレット・カバーの小売価格は39ドルです。

 SHIELDタブレット、ワイヤレス・コントローラ、タブレット・カバーは、現在、米国、カナダ、一部の欧州諸国で予約を受け付けています。米国における予約は、shield.nvidia.comのほか、Amazon、Best Buy、Fry’s Electronics、GameStop、Micro Center、Newegg、Tiger Directで受け付けています。カナダではCanada Computers、Memory Express、NCIX、ThinkGeekで、欧州では大手オンラインショップで受け付けています。日本国内における販売は現在未定です。

 販売チャネルの詳細や製品仕様などの詳しい情報はhttp://shield.nvidia.com/をご覧ください。

Copyright (C) 2014 NVIDIA Corporation

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。