News

2014年9月20日(土)

独占情報!! TGSで“Oculus Rift”を体験するならユニティちゃんの“目”を見るべし!! 絶対にだ!【TGS2014】

文:広田稔

 現在、幕張メッセで開催中の“東京ゲームショウ2014”にて、今年出展が目立つ分野といえば、バーチャルリアリティー(VR)だろう。特に昨今のVRブームに火をつけた“Oculus Rift”(オキュラス・リフト)では、開発元である米Oculus VRが初めて日本のイベントで公式ブースを構えるという記念すべき第一歩を踏み出した。

 そのOculus VRブースの魅力を、こちらも国内の一般公開が初めてとなるSCEの“Project Morpheus”を紹介した記事に続いてお届けしていこう。

“Oculus VR”
▲Oculus Riftは、開発中にも関わらず、国内外のソフト開発者からラブコールを集めているVRヘッドマウントディスプレーだ。かぶると視界がすべて映像で包まれて、頭を回しながら360×180度のVRコンテンツを楽しめるという体験が既存のゲームと一線を画していて新しい。

 Oculus VRは、ホール6の入口側にブースを構えている。大手に比べるとスペースは控えめだったが、18、19日のビジネスデイでも前評判の高さを反映したように、とにかく行列がスゴかった。開幕からいきなり人が集まり始め、途絶えることなく長蛇の列が続いて、1時間待ちは当たり前の状況だった。

“Oculus VR”
“Oculus VR”
▲写真を見てご理解いただけるだろうか。試遊機は8台用意しているが、それでも追いつかないほど来場者が殺到している。

 展示しているのは、3Dキャラの“ユニティちゃん”が目の前で歌って踊ってくれるライブステージと、宇宙を舞台に戦うSTGの“EVE:Valkyrie”という2種類。Morpheusの5種類に比べると数では劣るものの、ともに粒ぞろいなコンテンツだ。

 ユニティちゃんライブは、コミックマーケットC86で発表した『UNITE IN THE SKY』というエレクトロダンスミュージックをBGMに、ソフト開発エンジン“Unity”のキャラであるユニティちゃんが激しく踊ってくれるという内容になる。

■動画:ユニティちゃん Candy Rock Star ライブステージ!

 上の動画を見ていまいちピンと来てない方は、ぜひTGSで体験してほしい。普通のライブビデオは、テレビなどの平面にライブの様子が映し出されて、あらかじめ編集して用意されたカメラアングルから見ることになるが、Oculus Riftをかぶると目の前でユニティちゃんが自分のためだけにパフォーマンスしてくれるプライベートライブに早変わり。

 さらに電撃オンラインが独自に入手した情報によると、20日と21日の展示では、ビジネスデイにはなかった新しいギミックを実装したという。何かと言えば、ユニティちゃんがユーザーに近づいたときにこちらを見てくれるというものだ。

 人間のコミュニケーションは、言葉よりもむしろ非言語に頼ることが多い。中でも目というのは多くの意味合いを表現できる部位だ。話題が先行しすぎて展示中止となったMorpheusの“サマーレッスン”でも、キャラと視線をかわしてドキドキする体験が得られるが、Oculus VRのブースでは、それに先行してユニティちゃんのアイコンタクトを受けて幸せになれるというわけだ。

“Oculus VR”
▲リアル世界でも、かわいい女の子と視線が合うとちょっとドキっとしますよね。それと同じように、ユニティちゃんが自分に気づいてくれて、こっちを見てくれるというのは、めちゃくちゃ実在感が高い経験なのです。

 もうひとつの『EVE:Valkyrie』も捨てがたい。というのも、過去のGDCなどでは1人プレーだったが、TGSでは2人同士のペアで対戦できるからだ。ユーザーは宇宙空間に飛行機で繰り出し、連射できるバルカン砲と、頭の動きでロックオンして発射するミサイルの2種類で相手を攻撃できる。

 筆者もOculus Riftで『EVE:Valkyrie』を体験したことがあるが、まず自分の操作で宇宙空間を自由に飛び回れるだけでも素晴らしい体験だ。さらに急旋回して相手の後ろをとって攻撃し、見事撃破できたときには、脳内でアドレナリンがドバドバと出まくるはず。STGファンなら、ぜひ注目しておきたいタイトルになる。

“Oculus VR”
▲『EVE:Valkyrie』は、MMORPGの『EVE Online』からスピンアウトしたゲームになる。

 Oculus VRのブースに並んだ場合、空いた席に自然に誘導されるため、基本的に希望するタイトルを選べないが、そこは天に祈って運をまかせるべし。長蛇の列は必死だが、これからのゲーム業界を先取りできるデモなので、開幕ダッシュで駆けつけて是が非でも体験してほしい。

“Oculus VR”
▲ちなみに電撃でもG-Tuneさんとコラボして、Oculus Riftの展示をやっております。こちらはエロスが漂う“PLAYGIRLS”というデモもあるので、ぜひお立ちよりください。

■東京ゲームショウ2014 開催概要
【開催期間】
 ビジネスデイ……2014年9月18日~19日 各日10:00~17:00
 一般公開日……2014年9月20日~21日 各日10:00~17:00
【会場】幕張メッセ
【入場料】一般(中学生以上)1,200円(税込)/前売1,000円(税込)
※小学生以下は無料

関連記事

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。