News

2014年10月16日(木)

『佳麗なるソードマスターと最強なる不肖の弟子』では天才少女剣士と天下無双(予定)の少年が剣客アクションを展開!【電撃文庫新作紹介】

文:電撃オンライン

 蝉川タカマル先生が執筆する、電撃文庫『佳麗なるソードマスターと最強なる不肖の弟子』の紹介記事をお届けします。

『佳麗なるソードマスターと最強なる不肖の弟子』

【ストーリー】

天才少女剣士と天下無双(予定)の少年!
二人が師弟になったら最強コンビ!?

 地図にもない島からきた少年。暴漢に襲われている少女を助けようとするが逆に助けられてしまう。硬い口調に凛々しい美貌。変わった少女だが、それもそのはず。剣神と謳われた武人の娘ハルカだという。

 ハルカは大陸でも有数の大流派、武王流の宗主争いに巻き込まれていた。当然助力を申し出るシロガネだったが、その結果はハルカにまず弟子入りすることになり!?

【物語のここに注目!】

ファンタジー世界で最強の美少女剣士と剣術修行――
“武王流”の猛者たちを自称・天下無双の少年が迎え撃つ!

 『青春ラリアット!!』で第17回電撃小説大賞の金賞を受賞した蝉川タカマル氏が、冒険小説をリリースしたぞコノヤローッ!! 高校生の熱い青春コメディから一転、今作は天才少女剣士と天下無双(になる予定?)の不肖の弟子が繰り広げる剣客アクション。

 主人公のシロガネ・ランページは、祖父の形見の指輪に書かれた謎の文字を解読する手がかりを求めて、辺境の島から小さな筏で大海原を渡り、大陸へとやってきます。まさに体力は無限の野生児! 肉体的にも精神的にも未知の可能性を秘めたこの少年の運命が変わるのは、初代国王が宗主となった“武王流”という伝統的な流派の美少女剣士・ハルカに出会ってから。それをきっかけに彼は次期宗主の座をめぐる、後継者争いに巻き込まれていきます。

 宗主は国王陛下の相談役を務めることも多く、野心を持つ者にとっては喉から手が出るくらい欲しいポジション。次期宗主に選ばれたハルカの父親・カナタは、同胞から命を狙われる身に。ところが、カナタ自身は“剣神”と讃えられるほどの実力者ながら今は酒にしか興味がなく、宗主を辞退しようとするのですが……。

 剣術家親子の家に転がり込み、居候となったシロガネのもとに現れる強敵たち。ハルカに弟子入りしての激しい修行。指輪にまつわる謎――。本作で描かれる冒険の数々は、まるで少年マンガのような熱さ! 今の時代にはめずらしい――正義感が強くて単純明快な性格で飯をたらふく食う――愛すべきバカ主人公・シロガネも豪快に活躍をしてくれます。お楽しみに!!

『佳麗なるソードマスターと最強なる不肖の弟子』

【登場人物のここに注目!】

剣と包丁を器用に使いこなす美少女剣士・ハルカ
冷静沈着な彼女がデレる瞬間が楽しみすぎる!

 “武王流”の美少女剣士。剣神と讃えられる父親に幼きころから剣術の手ほどきを受け、その剣神にさえ「天才」と呼ばれるほどの実力者――。それがメインヒロインで佳麗なるソードマスターこと、ハルカです。

 ハルカはとにかく強い! 物語の序盤は彼女の強さが圧倒的すぎて、不肖の弟子・シロガネはまったく歯が立ちません。そして凛々しくてかっこいい♪ 顔立ちは愛らしいのですが、性格は冷静沈着で武士の娘という感じです。これは剣以外、なにもできないタイプなんじゃ……と思うでしょう? 意外なことに女の子らしく料理も上手なんです。弟子と父親が夢中になって食べるほどなので、味つけもバツグンであると推測(※口絵にラブリーなエプロン姿のイラストあり)。料理と剣術が得意って……。刃物はみんな友達というヤツですね、わかります(震え声)。

 強くて頼りになるハルカですが、物語が進むにつれてシロガネとの心の距離が近づいていき、ついには弱気な本心を見せられるようになるのか? 彼女の“デレ”を見るために読み進めていくのもオールOKだと思います!!

(C)蝉川タカマル/KADOKAWA CORPORATION 2014
イラスト:日鳥

データ

▼『佳麗なるソードマスターと最強なる不肖の弟子』
■著:蝉川タカマル、イラスト:日鳥
■プロデュース:アスキー・メディアワークス
■発行:株式会社KADOKAWA
■発売日:2014年9月10日
■定価:本体570円+税
 
■『佳麗なるソードマスターと最強なる不肖の弟子』の購入はこちら
Amazon.co.jp

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。