News

2015年1月19日(月)

“モンハンフェスタ’15”メインステージに後藤真希さん、歌広場淳さんが登壇。カオスなモンハン占いも

文:喜一

 1月18日より全国5都市で開催される“モンスターハンターフェスタ’15”。本イベントの皮切りとなった東京会場(千葉県・幕張メッセ)におけるメインステージの模様をお届けする。

→“モンスターハンターフェスタ’15”メインステージのレポート記事(後半)

■辻本プロデューサーら開発陣が巨戟龍ゴグマジオスに挑んだ結果……

 開場して早々に行われた“開発者チャレンジクエスト”は、開発陣が『モンスターハンター4G』のクエストにチャレンジし、失敗したら罰ゲームを受けるという“モンハンフェスタ”恒例のコーナー。辻本良三プロデューサー、藤岡要ディレクター、徳田優也プランナー、カプコンの小嶋慎太郎プロデューサーというイベントでおなじみの4人が今回挑むクエストは、登場モンスターの中でも屈指の強さを誇る“ゴグマジオス”の討伐だ。過去に失敗続きの4人だったが、よほど自信があるのか、このクエストを15分以内に討伐するという。

“モンハンフェスタ’15”
▲左から辻本プロデューサー、藤岡ディレクター、徳田プランナー、小嶋プロデューサー。
“モンハンフェスタ’15”

 それぞれ自身のマイデータを持ち寄ってはいたものの、藤岡ディレクターだけが前作『MH4』からデータの引き継ぎを行っていない様子。そもそもの目標がかなりハードルが高いことに加えて、藤岡ディレクターのやり込み不足……見ている側としても不安は募るばかりだ。「さすがは開発陣」と言える立ち回りを披露してくれるのか、それとも笑いを取りにいくのか。

“モンハンフェスタ’15”
▲開発陣こだわりの装備もお披露目。
“モンハンフェスタ’15”
▲辻本プロデューサーは、“ミズハ”シリーズの色をロックマンカラーに変えているとのこと。

 いざクエストが始まると、声をかけあいながら迎撃兵器を巧みに使い、抜群の連携を披露する開発陣。藤岡ディレクターからは「飛び始めたら弱ってきた証拠」、「火属性の攻撃を当てると皮膚が柔らかくなり、ダメージが通りやすくなる」といった、ゴグマジオス討伐のアドバイスも。今回はさすがに真面目なプレイかと思った矢先に、ゴグマジオスの股下でおふざけのチャットを繰り広げる4人。そして残り時間はあとわずかに……。

“モンハンフェスタ’15”
▲チャットでおふざけする一幕も。

 15分間にわたって死闘を繰り広げた開発陣だったが、結果は残念ながら(期待通り?)失敗。罰ゲームは厳正なくじ引きにより、売却対象は“クモの巣”で、罰ゲームを受ける人は辻本プロデューサーに決定した。くじの売却対象は、その他に“使用武器”“オトモ装備”“ハチミツ”“生命の大粉塵”“剛鎧玉”“罰ゲームなし”となっていたため、“クモの巣”はこの中でも比較的ダメージの少ないほうだ。

 今回は辻本プロデューサーの軽傷で済んだが、個人的に“使用武器の売却”を引いて誰かが絶望するさまを見てみたいところ。“開発者チャレンジクエスト”はメインステージ序盤に実施されるので、以降の“モンハンフェスタ’15”に来場予定の人は早めに足を運んでみてはいかがだろうか。

■最新情報コーナーでは『モンスターハンター スピリッツ』の概要も明らかに

 最新情報コーナーには、辻本プロデューサーとウサミスこと宇佐美友紀さんが登壇。ユニバーサール・スタジオ・ジャパンで行われるコラボ情報をはじめ、ファッションブランド“atmos”とのコラボアイテム第2弾が発表された。

“モンハンフェスタ’15”
▲こちらはUSJで販売されるグッズの一部。
“モンハンフェスタ’15”
“モンハンフェスタ’15”
▲“atmos”とのコラボアイテムを着用した辻本プロデューサー。さりげなく柄の部分がモンスターのシルエットになっている部分に注目だ。

 また、2014年に行われたモンスターハンター展が熊本県・グリーンランドでも開催されることが決定した。さらに、本イベント開催を記念して期間限定で先行販売が行われている3DS用ご当地テーマの名古屋バージョンがお披露目された。起動時の音声は「うみゃ~こと焼けたがね」になるとのこと。配信は1月19日より開始される。価格は200円(税込)。

“モンハンフェスタ’15”
“モンハンフェスタ’15”

 そして、ここからはイベント会場でもプレイアブル出展されていた『モンスターハンター スピリッツ』の概要などが説明された。これに際し、マーベラスより井上和則プロデューサーが駆け付けた。

“モンハンフェスタ’15”

 “東京ゲームショウ2014”で発表されて以来、ロケテストが行われてきた本作。特徴は、ハンターとモンスターの協力やモンスターの成長要素が盛り込まれている点だという。データカードを使い、ハンターの装備やパートナーのモンスターを決めることができ、一緒に狩りをしたモンスターは成長させられる。

“モンハンフェスタ’15”
“モンハンフェスタ’15”

 壇上では井上プロデューサーによる実機プレイが披露された。ハンターの攻撃時に黄色のレバーを素早く指定方向に倒してコンボを繋げていく様子や、タイミングよくボタンを押して攻撃を回避したり、モンスターに指示を出したりする様子を確認できた。なお、会場で試遊をすると、“モンハンフェスタ’15”限定の箔押しカードが手に入るとのこと。これを正式稼働時に筐体へ読み込ませると“何かが起きる”とのことだ。

“モンハンフェスタ’15”
▲リオレウスのカードを通すことで装備が可能に。
“モンハンフェスタ’15”
▲画面の指示通りに素早く入力することがポイント。レバーはかなり頑丈に作られているとのこと。
“モンハンフェスタ’15”
▲パートナーモンスターの必殺技は、実際に相手が攻撃を受けている視点で表現される。
“モンハンフェスタ’15”
“モンハンフェスタ’15”
▲ゴールデンボンバーの歌広場淳さんも登場し、大盛り上がりとなった。
“モンハンフェスタ’15”
▲“モンハンフェスタ”でプレイした際、排出されるカードには刻印の箔が押してある。

 コーナーの最後には、井上プロデューサーから“現在調査中の謎のアイテム”の存在が明かされた。モンスターとハンターのつながりに関係し、ゲームにも登場するという。会場内に展示されているので、気になる人は確認してみよう。

■後藤真希さんと歌広場淳さんが『モンハン』トークを繰り広げる

 “MH4Gスペシャルステージ”のコーナーには、大の『モンハン』好きで知られる後藤真希さんと、先ほどに続いて歌広場さんが登壇。2人の現在のハンターランクや『モンハン』10周年の思い出などが語られた。

“モンハンフェスタ’15”

 後藤さんは現在ハンターランク360で、400時間ほどプレイしているという。『モンスターハンター3(トライ)』を遊んでいた頃は、仕事の際にWiiごと持ち歩いていたことも明かした。一方、歌広場さんのハンターランクは344で、武器は太刀しか使わないというこだわりも。移動時間に『モンハン』は手放せないと、作品に対する熱を聞かせてくれた。

“モンハンフェスタ’15”

 次のコーナーでは、ティガレックス亜種の討伐クエストに挑戦することに。ともに狩りに出かける残り2人を観客から選出することになり、後藤さんは“ティガレックス亜種を30回以上討伐した人”という条件を、歌広場さんは“恋人がいない男性プレイヤー”という条件を提示して、参加者を募った。

 選ばれた一般ハンターさんたちを交えてクエストを開始。制限時間は15分ということだったが、なんと10分も経たないうちにティガレックス亜種を討伐してしまった。それぞれのハンターがうまかったというのもあるが、後藤さんの罠の張り方や間合いの取り方が素晴らしいと、辻本プロデューサーが絶賛していた。

“モンハンフェスタ’15”
▲プレイ中はあまり話さないという後藤さんとは対照的に、わいわい騒ぐという歌広場さん。一般ハンターさんたちと楽しげにコミュニケーションをとっていた。

■『モンハン』ファン必聴の“教えて!藤岡先生ハンターライフ講座”

 “モンハンフェスタ”では、毎度おなじみの“教えて!藤岡先生ハンターライフ講座”が開かれた。本講座は、モンスターの生態や設定など『モンスターハンター』のディープな部分が説明されるファン必聴の講座だ。登壇したのは藤岡要先生と小嶋慎太郎助手。

“モンハンフェスタ’15”
▲藤岡先生と小嶋助手のもと、和やかなムードで講座が行われた。

 最初にピックアップされたのはケチャワチャ亜種。通常種とは生息地域や生態が違うことから、白みを帯びている他、好戦的で気性が荒いことも明かされた。亜種のみが火を吐くという生態は、亜種の体内で生成している可燃性の高い特殊な液体と酸素が化学反応を起こし、発火しているためだ。

“モンハンフェスタ’15”
“モンハンフェスタ’15”

 続いては、『モンスターハンター2(dos)』のオンライン以来の登場となったドンドルマの街に関する説明へ。ドンドルマは、古龍種の襲撃に遭いやすい位置にあるということで、その侵攻を防ぐための拠点になっているという。そのことから、街のところどころが壊れており、復興が行われているとのこと。これを手助けするためのクエストがハンターに依頼される。

“モンハンフェスタ’15”
“モンハンフェスタ’15”
▲画像右は筆頭リーダーの師匠。元ハンターで、当時はハンマーを使用していたらしい。現在はドンドルマの防衛ラインを組織している。ちなみに、持っている傘は手作り。

 コーナーが進み、『MH4G』のメインモンスターである千刃竜セルレギオスの興味深い話も聞けた。最初に砂漠で遭遇するセルレギオスだが、元々は人里離れた場所に生息するモンスターだったという。また、セルレギオスの“刃鱗”と呼ばれる鱗は、薄いものが1枚1枚重なり合って1つの大きな鱗を形成しているとのこと。これを対象に飛ばすと、薄く鋭い鱗が炸裂してダメージを与える。この攻撃は強い個体ほど強力であると補足もされた。

“モンハンフェスタ’15”

 また一般ハンターから、セルレギオスについての質問も寄せられた。“セルレギオスの鳴き声がクセになる”という問いに対して、普段の鳴き声には感情を出すために人の声も加工して使用されていることが公開された。怒り状態の声にはかん高いトンビやタカの鳴き声を参考にしたそうだ。

 その他にも“モチーフとなった動物はなんですか?”という質問に対し、藤岡先生からヒクイドリという脚力が強い危険な鳥をベースに作られたことが明かされた。特に足元にこだわってデザインしており、足がフクロウなどの鳥類に見られる対趾足(ついたいし)という形態になっているという。

“モンハンフェスタ’15”
▲対趾足は、藤岡先生の手のような形となっている。

●世界で唯一モンスターの足跡占いができるゲッターズ飯田さんが登場!

 “モンハン占い”でおなじみのゲッターズ飯田さんと、その一番弟子であるぷりあでぃす玲奈さんが登壇した。

“モンハンフェスタ’15”
▲ゲッターズ飯田さん(左)とぷりあでぃす玲奈さん(右)。

 失礼ながら、本当に占いができるのかということで、手始めにセルレギオス装備のハンターさんを占ってもらうことに。だが、ハンターさんは装備で全身を固めているため、手相が見れない。どうするのかと思った次の瞬間……。

“モンハンフェスタ’15”
▲この画像をもとに占ってもらうことに。シュールな展開に会場では大きな笑いが起きた。
“モンハンフェスタ’15”
▲このままでは流石のゲッターズ飯田さんでも占えないらしい。
“モンハンフェスタ’15”
▲本命のセルレギオスの足跡。一体どのような診断結果となるのだろうか……?

 いよいよ、本題であるセルレギオスの足跡を占ってもらうことに。ゲッターズ飯田さんいわく、セルレギオスは老後に副業で大成功し、かなりの富豪になるとのこと。幼少時代に家族関係でつらい思いをしているとも語られた。これには会場全体が“まさか”という笑いに包まれた。

 ユニークなトークでも知られるゲッターズ飯田さんのモンハン占いは、会場内でも一般の人に向けて実施されている。こちらはモンハン部限定の抽選制となっているので、興味のある人はモンハン部に入会してみては?

(C)CAPCOM CO., LTD. 2013, 2014 ALL RIGHTS RESERVED.
(C)CAPCOM CO., LTD. 2015, ALL RIGHTS RESERVED.

データ

イメージ
▼『モンスターハンター4G』
■メーカー:カプコン
■対応機種:3DS
■ジャンル:アクション
■発売日:2014年10月11日
■希望小売価格:5,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『モンスターハンター4G(ダウンロード版)』
■メーカー:カプコン
■対応機種:3DS
■ジャンル:アクション
■配信日:2014年10月11日
■価格:5,546円+税

関連記事

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。