総合 > 電撃App > 記事一覧 > 電撃の編集がイチオシする『封印勇者!』の魅力は懐かしいあのマインスイーパー!?
2015-02-26 17:10

電撃の編集がイチオシする『封印勇者!』の魅力は懐かしいあのマインスイーパー!?

文:kbj

 セガネットワークスが配信中のiOS/Android用ダンジョンRPG『封印勇者!マイン島と空の迷宮』の魅力を、電撃オンラインの編集・kbjが語っていきます。

▲対応機種から上の画像をクリックすると
ダウンロードページに向かいます。

 日々、多数のアプリが配信されているため、おもしろいアプリを探している人は多いのではないのでしょうか? そんな人に今回紹介するのが『封印勇者!マイン島と空の迷宮』です。

『封印勇者!マイン島と空の迷宮』

 このアプリ『封印勇者』は、パズル要素を含んだダンジョン探索と、リアルタイムで敵を倒していくバトルの2つのおもしろさを1作品で味わえるのが特徴です。ダンジョン探索時にはダンジョンに隠された魔像を見つけて封印していくことになるのですが……このルールが、30代以上の人なら暇つぶしや仕事をさぼるために一度はプレイしたことがあるであろう『マインスイーパー』をベースにしているのです!

■『マインスイーパー』が苦手な人も得意な人も楽しめるデザイン

『封印勇者!マイン島と空の迷宮』

 ここまでを読んで「『マインスイーパー』は少し苦手」と心配されている人もいるのではないでしょうか? ご安心ください! 『封印勇者』の『マインスイーパー』はアプリとして遊びやすい難易度に調整されています。もちろん、難しいダンジョンもありますが、序盤や簡単なダンジョンは、ヒントを使ったり床に書いてある数字を見たりしていけばクリアできるかと。そこまで時間がかからないので、移動中や少し時間が空いた時にさくっと楽しめるわけです。それを繰り返していければ、魔像の配置パターンや法則性を理解して、徐々にプレイヤー自身の脳がレベルアップしていくはずです。

『封印勇者!マイン島と空の迷宮』

 一方で、高難易度のダンジョンはしっかり考えて解かないとクリアできないレベルになっています。画面を見た時に思わず「うぐぐぐ」と、悩んでしまうほどの魔像の数。数字を頼りにしつつプレイしていたら、集中しすぎて電車を乗り過ごしてしまった経験もあるので、『マインスイーパー』をしっかり楽しみたい人でも満足できると思います。つまり、『マインスイーパー』が苦手な人も、得意な人も楽しめるゲーム設計になっているわけです。

■簡単で爽快な操作としっかり考える操作を使い分けられるバトルが秀逸

『封印勇者!マイン島と空の迷宮』

 パズルと並んでもう1つの特徴はバトルです。ダンジョン内に隠れていたモンスターと出会うと、戦闘がスタートします。ゲームとしては、奥から迫ってくるモンスターがパーティの目前まで来たら攻撃をしてくるという、リアルタイム制のラインバトルになっています。このバトルのポイントは大きく、ヒット数と属性の2つがあります。

 敵には、HPの他に気絶(ブレイク)までの耐久値が設定されていて、攻撃を加えて耐久値がなくなると気絶します。気絶中は移動が止まるだけでなく、攻撃を加えるとノックバックして後方に弾けるので、敵が近寄るまで時間を稼ぐことができるのです。気絶中に攻撃を加えてダメージを与えつつ遠ざけるか、他の敵を気絶させるか、さまざまな選択の中から状況にあったものを選んだり、選べなかったり、好きなものをチョイスしたりと、奥深いシステムになっています。

『封印勇者!マイン島と空の迷宮』
▲ブレイクしている敵から先に倒すか、あえて放置して他の敵を攻撃するか、状況をみつつ判断しましょう。

 また、一定時間内の攻撃を加えていくとコンボが発生し、画面上部にある∞(インフィニティ)ゲージがたまります。このゲージが最大までたまると、連続で敵を攻撃する∞ラッシュが使えて、とにかく爽快です。

『封印勇者!マイン島と空の迷宮』

 敵と味方キャラには、属性が設定されていて、火は木に強く、木は水に強く、水は火に強いという3すくみになっています。もし水属性の敵しか登場しないダンジョンであれば、木属性のパーティを組めばかなり有利になるわけです。ただ、プレイしている中で登場する敵に対して、不利な属性ばかりのパーティの時があるかもしれません。そんな時には、キャラをなぞって攻撃する“同時攻撃”の出番です。同時攻撃の際には、最初にタッチしたキャラの属性でなぞったキャラが一斉に攻撃するので、属性の不利なキャラをフォローすることができるのです。そのために、例え水属性の敵が多いダンジョンでも火属性と木属性のキャラも入れているkbjです。はい、転ばぬ先の杖ですね。

『封印勇者!マイン島と空の迷宮』
『封印勇者!マイン島と空の迷宮』
▲属性があう以外にも、スキルを使うための必殺Ptが多くたまるというメリットがある“同時攻撃”。使いこなして有利に戦いましょう。

 難しい操作はないのに、状況に応じてさまざまな選択をとれる奥深いシステムが詰め込まれたバトルになっています。敵が強いダンジョンに挑戦して、気絶させたり、同時攻撃で大ダメージを与えたり、追い込まれてから∞ラッシュで一気に反撃したりして、なんとかクリアできた時の喜びはひとしおです。

 先ほどの『マインスイーパー』とは逆に、もっと気楽にバトルしたい人や、あまり考えずにバトルに挑みたい人もいるかもしれません。そんな人のために、自動で攻撃する“オートバトル”、通常よりもスピーディな戦いが展開する“高速モード”があります。これらはバトル中に常時切り替えられるので、楽に勝てそうな雑魚戦は高速モードのオートバトルで、考えつつ状況に応じて攻撃したいボス戦は自分ですべて操作するという、フレキシブルな操作が可能なのです。

『封印勇者!マイン島と空の迷宮』
▲画面上方にあるボタンを押すだけで切り替え可能な“オートバトル”と“高速モード”。よりスムーズに進行しますが、ひたすら攻撃するだけなので、用途に応じて使いましょう。

 さらに、イベントによっては、パズルとバトルの好きな方で挑戦できるのも『封印勇者』の魅力だと思います。パーティが十分に育っていればバトル編を選択し、バトルよりも『マインスイーパー』が得意、もしくはパーティがまだ弱いという人はパズル編をクリアしていければイベントを楽しめます。もちろん、これらはダンジョンを選ぶだけで変更できるので、イベント中、気分転換に変えることもできるわけです。全体を通してユーザーに応じたプレイスタイルが用意されているのは、遊びやすくてすごくいいことだと思います。

■さまざまなキャラが登場するアプリ……あれ? 課金しなくても全然遊べちゃうよ!?

『封印勇者!マイン島と空の迷宮』

 バトルで活躍するキャラは、属性以外にもタイプが設定されていて、体力が多いキャラ、攻撃が高いキャラ、素早さに優れたキャラ、回復力の高いキャラがいます。さらには、それぞれに設定された必殺技の好みや強弱を考慮しつつパーティを組むと……キャラを見ているのが楽しくなるわけですね。

『封印勇者!マイン島と空の迷宮』
『封印勇者!マイン島と空の迷宮』

 もちろん、イラストやキャラクターボイスが好きという自分の好みで選んでもまったく問題はありません。自由にパーティを編成していきましょう。個人的には遊び始めた時、最初に手に入れた亡国の王女・ヴェルデが好きです。素早さタイプを1人入れておくとコンボがきれにくくなっていいんですよね。まあ、正直言うとそこまで強いキャラではないのですが、思い入れがあるので外せません(笑)。

 あとは……あまり大きな声では言えないのですが、このアプリは無課金でも十分に遊べてしまうんです。前半はレベルがサクサク上がることもあり、スタミナが切れることなく長くプレイできます。さらにガチャをはじめさまざまな用途に利用する魔晶石は、ログインボーナスやクリア報酬などを中心に無料でもそこそこの数が手に入ります。遊んでいて「こんなに無料でプレイできてしまって、運営は大丈夫なのか?」と思わず心配になるほどです。まあ、無料でほどよく楽しく遊びたいという人ならば、そんなことを考える必要なく、楽しめばいいだけなんですが……。

『封印勇者!マイン島と空の迷宮』

 『マインスイーパー』をベースにしつつも、バトルを混ぜることで、これまでなかったアプリに仕上がっている『封印勇者!マイン島と空の迷宮』。本当に無料でも全然楽しめるので、まずは一度、気軽にプレイしてみてください!

データ

▼『封印勇者!マイン島と空の迷宮』
■メーカー:セガネットワークス
■対応端末:iOS
■ジャンル:RPG
■配信日:2014年7月30日
■価格:基本無料/アイテム課金
 
iOS『封印勇者!マイン島と空の迷宮』のダウンロードはこちら
▼『封印勇者!マイン島と空の迷宮』
■メーカー:セガネットワークス
■対応端末:Android
■ジャンル:RPG
■配信日:2014年7月23日
■価格:基本無料/アイテム課金
 
Android『封印勇者!マイン島と空の迷宮』のダウンロードはこちら

関連記事

関連サイト

アクセスランキング(過去1週間)

  1. 1

    『FGO』期間限定イベント“バトル・イン・ニューヨーク 2018”が9月19日より開催

  2. 2

    イケメン悪魔のために魂集め!? スマホゲーム『闇夜にはじまる悪魔な恋術(かけひき)』配信開始

  3. 3

    『FGO』“バトル・イン・ニューヨーク”の詳細が公開。ギルガメッシュ(アーチャー)のピックアップ召喚開催

  4. 4

    『ロマンシング サガ』の完全新作『ロマサガRS』とHDリマスター版『ロマサガ3』が発表

  5. 5

    『アズレン』のTVアニメ化が決定。制作は監督・天衝氏が新設立したバイブリーアニメーションスタジオが担当

  6. 6

    【FGO攻略】“バトル・イン・ニューヨーク 2018”のイベントクエストを解説(随時更新)

  7. 7

    【FFRK情報】4周年イベントで歴代強敵が登場するダンジョンやミニゲーム“なわとび”、無料40連装備召喚などが実施

  8. 8

    アプリ『青鬼オンライン』が配信。最大100人で生き残りを目指すオンライン・サバイバルゲーム

  9. 9

    『SAO インテグラル・ファクター』ユーザーアンケート結果が到着。さまざまな要望に竹内Pの答えは?

  10. 10

    『オルサガ』新UR“プレンシェル(声優:楠木ともり)”のイラスト・スキル・タクティクスを独占公開

[集計期間:09月15日~09月21日]

ページ
トップへ