News

2015年5月19日(火)

Win版『Civilization: Beyond Earth』の拡張パックが2015年秋に発売

文:キャナ☆メン

 2Kは、Windows版『Sid Meier’s Civilization: Beyond Earth』の拡張パック『Sid Meier’s Civilization: Beyond Earth Rising Tide』(以下、Rising Tide)を2015年秋に発売する。

『Rising Tide』

 『Sid Meier’s Civilization: Beyond Earth』は、人気ストラテジーゲーム『シヴィライゼーション』シリーズの最新作で、SFをテーマにした作品。プレイヤーは、地球の人々を新天地へ導き、未知の惑星を開拓して文明を築いていくことができる。

 『Rising Tide』では、海がプレイの舞台に加わり、海洋への入植が可能になる。また、外交システムの改良によって、AIや他のプレイヤーとの外交戦で、これまで以上に多様な行動が取れるようになるという。

『Rising Tide』
『Rising Tide』
『Rising Tide』

■『Rising Tide』の主な特徴
●浮遊都市を築き、異星の波間に隠れている天然資源を採取できる。海には特殊な能力をそなえた異星生物も生息しており、これまでにない要素をプレイにもたらしてくれる。
●特質(trait)のアップグレード、他の派閥(faction)との関係の変化、同盟の重要性のアップ、そして政治的な首都など、さまざまな要素が外交的な勢力図の形成に影響する。
●ゲームプレイを通じてアンロックされる外交的特質(Diplomatic Trait)の要素。世界の変化に合わせて、さまざまな組み合わせが獲得できる。
●富としたたかさを特色としていた中東諸国の末裔である流浪の探検者、アル・ファラー(Al Falah)など、4つの派閥が追加される。
●複数のアフィニティーを同時に育むことにより、これまでにないハイブリッド・アフィニティー・ユニット(hybrid Affinity unit)やアップグレードがアンロック可能になる。
●異星のアーティファクトを集め、新たに導入されるアーティファクト・システム(Artifact System)によって合成することで、強力な効果を獲得できる。
●2種類の生態系(biome)が新たに導入される。その1つであるプリモーディアル(Primordial)は、火山活動が活発で、大地の形はいまだ定まっておらず、その風景は混沌としているとのこと。

(C)1991-2015 Take-Two Interactive Software and its subsidiaries. Developed by Firaxis Games. Sid Meier’s Civilization: Beyond Earth, Sid Meier’s Civilization, Civ, Civilization, 2K, Firaxis Games, Take-Two Interactive Software and their respective logos are all trademarks of Take-Two Interactive Software, Inc. All other marks andtrademarks are the property of their respective owners. All rights reserved.

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。