News

2015年6月11日(木)

『SAO Re:-ホロウ・フラグメント-』&『-ロスト・ソング-』最新情報が到着! 前よりパワーアップした点は?

文:てけおん

 バンダイナムコエンターテインメントは、PS4用ソフト『ソードアート・オンライン Re:-ホロウ・フラグメント-』&『ソードアート・オンライン -ロスト・ソング-』についての最新情報を明らかにした。

PS4版『ソードアート・オンライン』

 こちらの2作品は、5月27日に配信されたニコニコ生放送で、二見鷹介プロデューサーが発表したもの。川原礫先生(イラスト:abec先生)が執筆する電撃文庫『ソードアート・オンライン』シリーズの世界を楽しめる作品となっている。

■動画:『SAO Re:-ホロウ・フラグメント-』&『-ロスト・ソング-』PS4版制作決定篇

 『SAO Re:-ホロウ・フラグメント-』は、鋼鉄の浮遊城《アインクラッド》を舞台にしたデスゲーム《SAO(ソードアート・オンライン)》をゲーム化したもので、小説とはことなるifストーリーが楽しめる。

 『SAO -ロスト・ソング-』は、妖精たちとなって、空を飛べるVRMMORPG《ALO(アルヴヘイム・オンライン)》をゲーム化したもので、『-ホロウ・フラグメント-』に登場したフィリアやストレアといったゲームオリジナルのキャラクターたちも登場する。

 どちらの作品も海外でPS4版の制作が決定しており、それにあわせて日本でもPS4版を制作することになったという。この記事では、2つの作品がどのような進化を遂げているのかをチェックしていく。

■PS4クオリティに生まれ変わったビジュアルをチェック

 まずは、プラットフォームをPS4に移したことで、どれほどグラフィックがよくなっているのかを見てみよう。最初は『Re:-ホロウ・フラグメント-』と『-ホロウ・フラグメント-』から。

PS4版『ソードアート・オンライン』
▲PS4版
PS4版『ソードアート・オンライン』
▲PS Vita版
PS4版『ソードアート・オンライン』
▲PS4版
PS4版『ソードアート・オンライン』
▲PS Vita版

 この画像から見てもわかるように、今までに発売されたものを単にPS4に移植しただけではなく、ハード性能のアップにあわせてグラフィックが向上している。以下で、PS4版のスクリーンショットを並べておくので、すでに『-ホロウ・フラグメント-』をプレイしたことがある人は、比較してみてもらいたい。

PS4版『ソードアート・オンライン』 PS4版『ソードアート・オンライン』
PS4版『ソードアート・オンライン』 PS4版『ソードアート・オンライン』
PS4版『ソードアート・オンライン』 PS4版『ソードアート・オンライン』

 続いて、PS4版『-ロスト・ソング-』のビジュアルを見ていこう。草の演出や、画面に描きだされる敵の数などが大幅にパワーアップしていることがうかがえる。

PS4版『ソードアート・オンライン』
PS4版『ソードアート・オンライン』
▲浮島草原ヴォークリンデのシーン。シノンやクラインの足元に生えている草や、大勢の敵に注目してもらいたい。
PS4版『ソードアート・オンライン』
PS4版『ソードアート・オンライン』
▲空都《ライン》もよりにぎやかに。そして、敵もより大勢に。
PS4版『ソードアート・オンライン』
PS4版『ソードアート・オンライン』
▲飛行の際に見えるグラフィックも強化されていることがわかる。

■『-ホロウ・フラグメント-』からパワーアップした点は?

 タイトルに“Re:”とあることからもわかるように、『Re:-ホロウ・フラグメント-』では『-ホロウ・フラグメント-』からさまざまな点がパワーアップしている。まずは、オンライン対応によるマルチプレイが可能になっている。

 これは、旧『-ホロウ・フラグメント-』の際にもユーザーから要望があった項目で、『Re:-ホロウ・フラグメント-』で実現した形になる。

PS4版『ソードアート・オンライン』
PS4版『ソードアート・オンライン』 PS4版『ソードアート・オンライン』
PS4版『ソードアート・オンライン』 PS4版『ソードアート・オンライン』
PS4版『ソードアート・オンライン』 PS4版『ソードアート・オンライン』
PS4版『ソードアート・オンライン』 PS4版『ソードアート・オンライン』

 もうひとつ現状で明らかになっている強化ポイントは、ボスたちが一部変更になっていること。これによって、すでにプレイした人でも新鮮な気持ちでプレイできるだろう。

PS4版『ソードアート・オンライン』
PS4版『ソードアート・オンライン』 PS4版『ソードアート・オンライン』
PS4版『ソードアート・オンライン』 PS4版『ソードアート・オンライン』

 ここで挙げた2つ以外にも、パワーアップしている点はいろいろあるとのことなので、続報に期待していてもらいたい。

■『-ホロウ・フラグメント-』からデータを引き継げる!

PS4版『ソードアート・オンライン』

 『-ホロウ・フラグメント-』から、『Re:-ホロウ・フラグメント-』へデータを引き継ぐことが可能となっている。引き継ぎできる要素は……。

・レベル199まで引き継ぎ
・所持コル99,999,999コルまで引き継ぎ
・装備、所持品、アイテムなど引き継ぎ
・アバター情報引き継ぎ
・ヒロインレベル、他プレイヤーレベル引き継ぎ

 などとなっている。残念ながら、クリアフラグ、DLCアイテム、イベントアイテムなどは引き継ぐことができず、プレイも最初からとなる。

 とはいえ、5月27日のニコニコ生放送では、二見Pと松岡禎丞さん(キリト役)、石川由依さん(フィリア役)から新規音声の収録を行ったとの発言もあったので、上で紹介したパワーアップした部分とあわせて、期待していてもらたい。

 また、6月24日までの期間限定でPS Vita用ソフト『-ホロウ・フラグメント-』(ダウンロード版)がプライスダウンされ、3,980円(税込)で発売されている。「まだプレイしていないけれど、この機会に『-ホロウ・フラグメント-』をプレイしてみたい!」という人は、ぜひプレイしてもらいたい。

 最後に、本日6月11日発売の『電撃PlayStation Vol.592』でも両作品についての情報が掲載されているので、こちらもチェックしてほしい。

(C)2014 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/SAOII Project
(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

データ

関連記事

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。