総合 > 電撃App > 記事一覧 > 『ゆるかみ!』をスクエニと共同開発しているenishを知っていますか?
2015-07-03 00:00

『ゆるかみ!』をスクエニと共同開発しているenishを知っていますか?

文:くろあん

 こんにちは、ゆる系ライターのくろあんです。突然ですが、みなさんはスクウェア・エニックスと共同で新作スマホゲーム『ゆるかみ!』を開発しているenishさんをご存知でしょうか? 『ぼくのレストラン』シリーズや『ポケットダンジョン』を運営している会社と聞くと、知っている人も多いと思います。

enish
▲2015年秋配信予定のenishの最新作『ゆるかみ!』。
enish
▲累計300万人が遊んだ『ぼくのレストラン』シリーズ最新作の『ぼくのレストラン3DX』。

 しかし、電撃読者の中にはスクウェア・エニックスは知っているけど、enishを知らないという方もいるのでは? 『ゆるかみ!』に期待している自称ゲーマーとしては、どんな人たちが作っているのか気になるんですよね。というわけで、電撃オンラインの新人スタッフ“みょん”と一緒にenishに潜入してきました!

■六本木ヒルズ39階は都内を一望できる絶好のロケーション!

 enishが会社を構えているのは、あの有名な六本木ヒルズ。それだけでオシャレ感がすごいですが、はたしてどんなオフィスなのか!? 期待に胸が膨らむ新人スタッフのみょんが潜入開始! レンガとウッドデッキ調のエントランスがオシャレすぎて、思わずはしゃいでしまいました。

enish
▲enish社内に潜入!
enish
▲エントランスの壁には、デザイナーさんが描いたと思われるイラストが。カワイイです!
enish
▲受付の電話の周囲には緑の観葉植物が。癒される~。
enish
enish
▲アンティーク調のさまざまな小物が置かれています。これらは社長さんの趣味だそうです。
enish
▲シックなソファとテーブルが置かれた70年代風の待合室。アメリカ西海岸をイメージしているそうです。グリーンウォールも素敵ですね。
enish
▲待合室の窓からは都内を一望する絶景! 今日は少し空が霞んでいましたが、いつもは富士山まではっきりと見えるそうです。
enish
▲オフィスへと続く廊下。こちらにはミーティングルームが並んでいます。
enish
▲開発オフィスは機密事項が満載なので撮影できませんでした。代わりに、オフィスにあったenish7カ条をご覧ください。
enish
▲この銅鑼は、朝会などで注目を集めるときに使うとのこと。思いきり叩きたいところですが、皆さんお仕事中なので自粛しましょう。
enish
▲テーブル式の打ち合わせスペースです。実はテーブルがホワイトボードになっていて、思わずサインをしてみたり。

 オフィスの隣には、仕事の合間に一息つけるカフェスペースがありました。こちらではお茶を飲む以外に参考書を読んだり、マンガを楽しんだり、ゲームをしたりできます。自分の家よりも居心地がよすぎて、会社に住みたくなっちゃいます。

enish
enish
enish

■『ゆるかみ!』ディレクターと地元トーク

 オシャレで遊び心満載の社内風景を激写していたら、たまたま(?)『ゆるかみ!』プロダクトディレクターの斉藤優史さんとクリエイティブディレクターの林幸司さんに遭遇したので、直撃インタビューも敢行。さっそく、新作アプリ『ゆるかみ!』の見どころなどについてイロイロ聞いちゃいましたので、『ゆるかみ!』に注目されている方は要チェックですよ!

●『ゆるかみ!』とは?

 日本各地の名産・名所を由来とするキャラクター“ゆるかみ”を探して育てるRPG。なじみ深い名産品や名所などをモチーフとした、さまざまな“ゆるかみ”キャラクターが登場します。

 また、それぞれのキャラクターを、北海道出身の五十嵐裕美さんや、関西・植田佳奈さん、九州・阿澄佳奈さんといった、各地域の出身者が声優としてボイスを担当しているのも特徴。各地域の“方言”で、キャラクターを演じるのも大きな魅力です。

enish
▲『ゆるかみ!』プロダクトディレクターの斉藤優史さん。
enish
▲『ゆるかみ!』クリエイティブディレクターの林幸司さん。

みょん:本日はよろしくお願いします! 新作の『ゆるかみ!』がとてもおもしろそうで気になるのですが、見どころについて教えてください!

斉藤優史さん(以下、斉藤):見どころはやはり、カワイイ女の子がたくさん登場する点ですね!

みょん:全部のキャラクターが女の子なのですか?

斉藤:そうですね。今のところは全キャラ女の子です。でも、いずれは男の娘も出したいですね!

みょん:おお! それは楽しみですね!

斉藤:あとは各地の特産品や名産品がカワイイ女の子になっているので、ユーザーさんの地元にある何がモチーフになっているのか、それも興味を引くところだと思います。

みょん:47都道府県ですので、47キャラは確定ということでしょうか?

林幸司さん(以下、林):すでに、リリース時に150以上はキャラクターを用意しています。

斉藤:1県につき3キャラ程度おりますので、それぐらいですね。

:バージョンアップでもドンドン増やしていきますし、ご当地ものは有名どころから抑えていくのですが、今後はニッチと言いますか、本当に地元の人しか知らないような要素もいれていければと思います。ゲームの方針としては、自分の地元を好きになってくれるとか、地元を自慢したいとか、そういったところまで昇華してあげたいですね。

みょん:都道府県と言ったら方言だと思うのですが、それも全キャラなのでしょうか?

:声優さんのほうに、各都道府県で使われている方言を喋っていただいてるので、その点についてはご期待いただけると思います。結構、かわいらしい表現の方言もあったりするんですよね。

みょん:福岡とか人気高そうです。

:私は昔、福岡にいたことがあったのですが、あそこの方言はヤバいですね! こう、いろんなイイところをつかまれてしまいます。

enish
▲自分の地元の話になると、皆さん目がイキイキします。

みょん:方言萌えはありますからね! 女性でも、方言をしゃべる女の人にキュンとくることがありますし。斉藤さんの地元はどちらですか?

斉藤:出身は埼玉です。埼玉の名産は……。

:ケヤキですね!

斉藤:ケヤキは結構マニアックですね。

:埼玉の“けやきひろば”で毎年行われているビール祭りがですね、本当にイイお祭りなんですよ。世界や日本各地のビール、埼玉の地ビールなども売られていて、大人の遊び場です(笑)。

斉藤:各地のお祭りも、いずれキャラクター化したいと思っています。物に限っていないので、例えばですが、埼玉といえば“ださいたま”。その“ダサい”という魅力をカワイイ女の子キャラクターにするとか。概念的なイメージをキャラクター化することがあってもいいと考えてます。

みょん:県民しか知らないニッチなものは、どのあたりから調べてくるのでしょうか?

:私たちだけですと、どうしても限界がありますので、公式サイトなどに要望欄を設けようと考えています。ユーザーの皆さんから、「これを入れてほしい」というのがあったら、それについて調べて、妥当ならゲーム内に登場させるという感じです。

みょん:相当ニッチなものも集まりそうですね。

:まだ企画段階ではあるのですが、スタッフを試すほどのニッチなレベルでも大丈夫ですので、実施されましたらドンドンご意見をいただければと思います。これも含めて、ユーザー参加型のコンテンツを増やし、ユーザーの皆さんとの距離を近づけることができたらと思っております。

みょん:人気投票とかあったら、かなり白熱しそうですね。皆さん、地元に勝たせたいでしょうし。

斉藤:もちろん人気投票はあります! そして、ただの人気投票ではありません。

:仕掛けは当然ありますので、リリースされましたらぜひ遊んでいただけたらと。

斉藤:ちなみに、みょんさんのご出身はどちらですか?

みょん:黒豚で有名な“鹿児島”です! 火山灰が降り注ぐ試練の地です。

:そういえば、火山灰で作ったくまもんの人形がとても出来がよくて、ちょっと興味があるんですよね。くまもんはちょっと強敵ですからね。すでに九州の顔になってますし。

みょん:くまもんは熊本出身のゆるキャラですが、鹿児島限定のくまもんグッズもあるんです。鹿児島出身としてはちょっと悔しいです。林さんのご出身はどちらですか?

:味噌が有名な土地ですね。

みょん:名古屋!

:当たりです! サボテンって言えばよかった……。

みょん:サボテン?

:愛知県に春日井市というところあるのですが、そこはサボテン日本一なんです! あとは、ひつまぶしとかもありますね。

みょん:特産品だけでもかなりたくさんでてきますね。ニッチなのも含めると、かなりの数になりそうです。

:将来的には、300以上のキャラクターを目指したいですね。そしていずれは4桁に……。

みょん:本当にリリースが待ち遠しいです! それでは最後に『ゆるかみ!』を楽しみにしているユーザーさんにメッセージをお願いします。

:スタッフ一同、鋭意制作中というところもあり、ユーザーの皆さんが楽しんでいただけるゲームにすべく、がんばっているところです。先ほど申し上げたとおり、ユーザーさんとの距離が近い形で運営を行い、サービスを提供したいと考えております。そのあたりを期待していただき、一緒に『ゆるかみ!』を盛り上げていけたらと思っております。

斉藤:やはり、ユーザーさんと一緒に盛り上がれる部分を大事にしたいと思っております。先ほど人気投票のお話をしましたが、単にゲームの外側で人気投票をするのではなく、ゲームを楽しむことでそれが人気投票に繋がり、コミュニティが活性化するものを考えておりますので、ユーザーのみなさんと盛り上がっていければと思います。

みょん:本日はありがとうございました!

enish
▲斉藤さん推薦の“埼玉ポーズ”でキメ!

データ

▼『ゆるかみ!』
■メーカー:enish/スクウェア・エニックス
■対応端末:iOS
■ジャンル:RPG
■配信日:2015年10月9日
■価格:基本無料/アイテム課金
▼『ゆるかみ!』
■メーカー:enish/スクウェア・エニックス
■対応端末:Android
■ジャンル:RPG
■配信日:2015年10月9日
■価格:基本無料/アイテム課金

関連記事

関連サイト

アクセスランキング(過去1週間)

  1. 1

    『モンスト』獣神化ウンディーネのステ公開。砲撃型ワンウェイレーザーELと新SSに注目

  2. 2

    『FGO』に星5ランサー“エレシュキガル”が実装決定

  3. 3

    『きららファンタジア』を先行プレイ! キャラクター大集合のゼイタク感がたまらない

  4. 4

    『FGO』アルトリア・ペンドラゴンをイメージしたオリジナルウォッチが登場

  5. 5

    『モンスト』ウンディーネの獣神化が発表。クリスマス特別降臨モンスターの情報も

  6. 6

    『グラブル』×『進撃の巨人』コラボイベントが本日より開催。サプチケも期間限定で販売

  7. 7

    『FGO』“アビゲイル”と“ミドラーシュのキャスター”のピックアップ召喚が開催

  8. 8

    『スターオーシャン:アナムネシス』小説第1回を掲載。『はたらく魔王さま!』などの和ヶ原先生が執筆

  9. 9

    『スターオーシャン:アナムネシス』2年目はコンテンツの開発を重点的に

  10. 10

    『シノアリス』新篇“現実篇”がスタート。アリスや赤ずきんの新デザイン設定画が公開

[集計期間:12月06日~12月12日]

ページ
トップへ