総合 > 電撃App > 記事一覧 > 食卓にコミットする? 『ハコスコ』がもたらすAR・VR普及の可能性
2015-07-12 18:10

食卓にコミットする? 『ハコスコ』がもたらすAR・VR普及の可能性

文:kawaP

 7月10日に渋谷ヒカリエにて開催されたクリエイター向けセミナー“Game Graphics Groove #3”。この記事では、スマートフォンを使ったVRキット『ハコスコ』に関するプログラム内容をレポートします。

Game Graphics Groove

 本イベントはDeNA、スクウェア・エニックス、GREE(グリー)、ポケラボの4社合同で行われたゲームグラフィッククリエイター向けのセミナー。さまざまなアプリ開発者が登壇し、講演を行いました。

●“Game Graphics Groove”のオフィシャル紹介文

 Unity、Unreal Engine、Cocos2d-xなど、多くのツールが活況を呈し、コンソールだけではなく、スマホゲームの画質も大幅に上がってきています。

 このイベントは、クリエイティブによるゲームの進化をさらに加速させるためのものです。

 ゲームグラフィックのクリエイターが、最新のヒットタイトル開発のノウハウを余すこと無く共有します。

 本記事では、スマートフォンと組みあわせることで、お手軽にVR(バーチャルリアリティ)の世界を体験できる製品『ハコスコ』を通じ、VRやAR(拡張現実)の未来について語られたプログラムをレポートしていきます。

Game Graphics Groove

 “ハコスコとUIと時々、ご飯”と題されたこのプログラムでは、ポケラボに所属する鈴木匠太さんと矢羽田和徳さんが登壇しました。

Game Graphics Groove
Game Graphics Groove
▲ちなみに今回の発表内容は、あくまで個人の見解で、ポケラボとしてのものではないとのことです。
Game Graphics Groove
Game Graphics Groove

 冒頭では、ポケラボが製作に携わってきたサービスの歴史を振り返りながら、ゲーム市場がどのように変遷してきたかということについて述べられました。あわせて、次世代のハードウェアがどのように普及していくかについての、鈴木さん個人の見識が披露されました。

 鈴木さんは、Microsoft HoloLensやOculus Riftなど、ARやVRを利用するものが今後普及していくのではとの見解を述べていました。

Game Graphics Groove
Game Graphics Groove
▲実際に、近年発表されたハードウェアでは、ARやVRを利用するものが特に増えてきていると鈴木さんは指摘します。

 また、AR分野におけるマーケットが将来的に大きく拡大する、という市場予測を取り上げ、ARが今後のトレンドになるのではないか、と述べられました。それを踏まえ、ARやVRを気軽に楽しめる『ハコスコ』に注目したといいます。

Game Graphics Groove

 鈴木さんははじめに、かつて任天堂から発売されたVRゲームハード『バーチャルボーイ』が、なぜ普及に至らなかったのかという点を分析。当時は魅力的なコンテンツが欠如していたことやハードウェア本体が高価であったことなど、問題点を指摘しました。

Game Graphics Groove
▲鈴木さんは幼いころ、『バーチャルボーイ』が大のお気に入りだったそうです。
Game Graphics Groove
Game Graphics Groove

 さらに、注目すべきポイントとして、VRやARを楽しむためのヘッドマウントディスプレイの購入者の大半が独身男性だった、という点を挙げた鈴木さん。VRやARのコンテンツが“アダルトな方面でしか利用されないのではないか”という点についても危惧していました。

Game Graphics Groove
Game Graphics Groove
Game Graphics Groove

 そこで、ここからは『ハコスコ』の説明に。『ハコスコ』は、ダンボールで作られたメガネ型ビューワーにスマートフォンを取り付けるだけでVRを楽しめるので、幅広い層にアピールしやすいのではないかと考えたそうです。

Game Graphics Groove

 ダンボール製なので価格が非常に安く、ノベルティや雑誌の付録として手軽に配ることもできることが、利点のひとつだと述べられました。

 他にも“スマートフォンを『ハコスコ』にセットすればいいだけ”と設定もカンタンなので、専用のハードウェアを使用するときのような電源ケーブルなどが不要であるといった点もメリットとして挙げられました。

Game Graphics Groove
Game Graphics Groove
Game Graphics Groove
Game Graphics Groove
Game Graphics Groove
Game Graphics Groove
Game Graphics Groove
Game Graphics Groove
▲ライトユーザー層にもVRコンテンツを届けることが、より市場を豊かにできるのではないかと期待を寄せているようです。

 『ハコスコ』のように、ライト層も手軽に楽しめるような環境を整え、そこに優良なコンテンツが現れれば、それらが市場を作っていけるのでは、と分析していました。

Game Graphics Groove

 続いて矢羽田さんから、『ハコスコ』における操作性についての説明が行われました。

Game Graphics Groove

 『ハコスコ』では、視点を360度見渡したり、身体を動かして加速度を利用する、といった操作が可能であるので、これらをしっかりと踏まえて開発を行うことが重要だと述べられました。

 あわせて、実際に『ハコスコ』向けに制作されたコンテンツについての説明も行われました。

Game Graphics Groove
Game Graphics Groove
Game Graphics Groove
Game Graphics Groove
Game Graphics Groove
Game Graphics Groove
Game Graphics Groove
Game Graphics Groove
Game Graphics Groove

 結論として、VRやARといったゲームには、従来のスマートフォン向けのゲームとは全く異なる操作性が必要であり、プレイする多くの人たちに「良いな」と思ってもらえるような新しい操作性を“発明”することが重要であるということが述べられました。

Game Graphics Groove
Game Graphics Groove
Game Graphics Groove
▲“食卓にコミットする”という、どこかで聞いたフレーズも飛び出し会場は笑いの渦に。
Game Graphics Groove
Game Graphics Groove

 プログラムの最後には“おまけ”として、ARカードを利用することで豪華な食卓を表現できるアプリ『GENSOMESHI(幻想飯)』が紹介されました。“ご飯だけ”という寂しい食事でも“洋食”や“中華”のARカードを認識させることで、食卓に美味しそうな料理が出現!

 画面に現れた美味しそうな食事を見た参加者からは笑い声や歓声があがっていました。こうしたユニークな遊びを提供できるのもAR・VRの大きな魅力。開発者のアイデアの数だけ、“おもしろい”がクリエイトされると思いますので、今後の動向にも注目していきたいですね!

関連記事

関連サイト

アクセスランキング(過去1週間)

  1. 1

    【10月19日のまとめ記事】『モンハンワールド』コーディネート集や『リゼロ MS』とハローキティのコラボ

  2. 2

    『コードギアス ロススト』RTキャンペーン第2弾が開始。ゼロのコスチュームをイメージしたバックが当たる

  3. 3

    【10月第2週のまとめ記事】『SAO AC ディープ・エクスプローラー』発表や『異世界かるてっと』放送決定

  4. 4

    『千銃士』ハロウィンイベント第2弾にシャルルヴィル&ケンタッキーらアメリカ独立戦争メンバーが揃い踏み!

  5. 5

    『フォートナイト』登場する“武器”の性能&使い方を一挙紹介。使いこなして目指せビクトリーロイヤル!

  6. 6

    【スパクロ】主要ユニットのアリーナ火力比較。その3(#379)

  7. 7

    【スパクロ】コスト1の有能SRユニットを紹介(#378)

  8. 8

    舞台『FGO』ギルガメッシュとエルキドゥのビジュアルが解禁。チケットのオフィシャル先行販売がスタート

  9. 9

    『グラブル』エウロペがリミテッドシリーズに登場。グランデフェスが10月17日19:00より開催

  10. 10

    【スパクロ】VF-1A(輝/ミンメイ)とVF-1S(フォッカー)を評価(#377)

[集計期間:10月14日~10月20日]

ページ
トップへ