News

2015年7月16日(木)

基本プレイ無料『ドラゴンズドグマ オンライン』の課金要素の仕組みは? 正式サービスまでの日程も判明

文:ヒビキタケル

 カプコンが、8月31日より正式サービスを開始するPS4/PS3/PC用オンラインゲーム『ドラゴンズドグマ オンライン』。本作の運営プロデューサー・谷中政基さんへのインタビューでお届けする。

『ドラゴンズドグマ オンライン』

 『ドラゴンズドグマ オンライン(以下、DDON)』は、オープンワールドで構成された広大な世界を冒険しながら、ジョブごとに多彩なアクションを駆使してモンスターと戦うタイトル。見上げるような大きさを持つモンスターとの戦いや最大8人パーティーを組んで挑むクエストなどが楽しめる本格RPGが、PS3とPS4、PCにて基本無料で遊べるところも大きな話題となっている。

 8月に予定されているクローズドベータテスト2(CBT2)や正式サービス開始後に一部有料で提供される“オプションサービス”要素などを、リリース資料の情報にあわせて、運営プロデューサーの谷中政基さんへのインタビューをお届けする。

『ドラゴンズドグマ オンライン』

●谷中プロデューサープロフィール

 2007年にカプコンに入社。第二開発部でカスタマーサポートやサーバ運用などをメインに携わる。そのオンラインゲームに対する知識と経験の豊富さを買われ、2014年12月に運営プロデューサーに就任。

正式サービスまでのスケジュール

――クローズドベータテスト1(CBT1)が終了し、ますます今後の展開が気になるところですね。

 まずは、CBT1にご参加いただいた皆様、ありがとうございました。オープン直後からのログイン障害や不具合などでご迷惑をおかけする形となってしまったことにつきましては、お詫び申し上げます。

 CBT2や正式サービスでは、同様の障害や不具合が発生しないように、不具合修正や負荷試験を繰り返して準備を進めさせていただいているところです。

『ドラゴンズドグマ オンライン』

 今後のスケジュールとしては、まず誰でも参加いただけるできるクローズドベータテスト2(CBT2)があります。

『ドラゴンズドグマ オンライン』

 8月7日12時~10日10時のCBT2期間中は、特に事前応募など必要なく誰でもログイン&プレイ可能になります。“クローズド”と名前がついていますが、実質オープン状態ですので、ぜひ多くの皆様に参加していただきたいです。CBT2の参加特典もご用意いたしました。

 また、8月27日12時からのアーリーアクセスは、無料でダウンロードできるゲームクライアントでログインいただき、ランチャー画面で同梱されているパッケージ登録クーポンを入力すれば参加できます。

『ドラゴンズドグマ オンライン』

 さらにアーリーアクセスと正式サービスとの間にメンテナンスなどはなく、8月31日12時からは誰でもログインできる正式サービスに移行します。

『ドラゴンズドグマ オンライン』 『ドラゴンズドグマ オンライン』

“楽しさの主軸”となる部分はすべて無料で楽しめる

――あらためて、本作を基本プレイ無料タイトルにした理由を教えてください。

 『DDON』を基本プレイ無料のF2Pにしたのは、“1人でも多くのみなさまにプレイしていただきたい”というモットーがあったからですね。無料でもゲームの魅力を十分に楽しめることを第一として制作しています。

『ドラゴンズドグマ オンライン』

 忙しい社会人の方が、1日30分や1時間、もしくは週末しか遊べないのにかかわらず、毎日ガッツリと遊んでいる人と同じ月額料金を払うのはどうなんだろう? 長い時間遊ぶ人でも、短い時間遊ぶ人でも、まずは無料で気軽にログインできたほうがいいのでは? という想いもありましたね。

 また、リアルが忙しかったり、他のゲームをプレイしたい時など、一時的にゲームを離れることがあっても、いつでも気軽に帰ってこられるという、復帰へのハードルは低い方がいいという考えもありました。“より多様な現代人の生活に合わせたサービスを提供するには、基本無料がベター”という判断ですね。

『ドラゴンズドグマ オンライン』 『ドラゴンズドグマ オンライン』

――では、無料でどこまで遊ぶことができるのでしょうか?

 『DDON』ではオープンワールドの広い世界を仲間やポーンと冒険したり、さまざまなモンスターと戦いを繰り広げて、武器や防具を獲得したり、生産したり、集めたりというのが“楽しさの主軸”だと思っています。この“楽しさの主軸”を無料で遊べるというのが、本作のサービスポリシーです。

 お金を払わないと特定のクエストが遊べないというふうになってしまうと、ファンの皆さまに「こんなの『ドラゴンズドグマ』じゃない」と言われてしまうことになると思いますので。開発も運営もほとんどが『ドラゴンズドグマ』ファンで構成されていますので、その点は最初に握れていた部分ですね。

 “1人でも多くの方にプレイしていただきたい”というポリシーを体現するためにも、“楽しさの主軸”の部分は無料で提供したいと思っています。

『ドラゴンズドグマ オンライン』

“無料の場合は特定のレベルまでしか遊べない”ようなことはありません。
“無料の場合は特定のコンテンツに参加できない”ようなことはありません。
“無料の場合は高性能な装備を入手できない”ようなことはありません。

 以上のことを、あらかじめ申し上げておきます。

オプションサービスの要素と黄金石について

――それでは、オプションサービスの内容はどのようなものになるのでしょうか?

 例えば、特定のオプションサービスを利用することで攻撃力などの能力がアップするとか、最強の武器が購入できてしまうという点こそ、皆様が心配されている部分だと思います。まずは、オプションサービス利用の有無によって、コミュニティが分断されてしまわないようにと注意しました。

 オプションコースの有無でコミュニティが分断されてしまうようでは、“1人でも多くの人に遊んでもらおう”というポリシーに反してしまう……というわけで、考えたのが以下の3つの要素で構成されたオプションサービスになります。

『ドラゴンズドグマ オンライン』

 1つ目は、経験値アップなどプレイ時間を短縮する要素。2つ目は利便性をアップさせる要素で、保管ボックスの拡張など、便利にするもの。3つ目はプレイヤーキャラクターやポーンの容姿や衣装を入手できる要素になります。

――オプションサービスを利用するには、どのようなものを使用するのでしょうか?

 キャンペーン特典や“CAP(カプ)”というカプコンオンラインゲームズ(COG)の独自通貨を使って入手できる“黄金石”を消費することで、これらのサービスが使えるようになります。

――黄金石の1個あたりの値段は、いくらになるのでしょうか?

『ドラゴンズドグマ オンライン』

 COGで購入するCAPは、1CAPあたり1円になっています。100CAPで黄金石1個が購入できます。もちろん、黄金石をまとめ買いすることで、割安になります。

――黄金石の使い道はオプションサービスの利用の他にもありますか?

『ドラゴンズドグマ オンライン』

 冒険中に行動不能になった際、一定時間内であればパーティーの仲間に助け起こしてもらうことで、その場で復活できます。1人プレイのときや助け起こしが間に合わなかった際に“復活力”を使うことで、体力全快した状態でその場に復活できます。復活力はフィールドに出る段階で最大3つまで持っていけます。

 もしも復活力が尽きた状態で行動不能になった場合に、黄金石を使って復活することができます。復活力を使ったときとは違い、一定時間“強化”の効果があるのも特徴です。

 ただし、黄金石による復活を多用して、自分たちのレベルよりもはるかに高いクエストを力押しで勝てるようなバランスにはしておりません。それでゴリ押しできるなら、アクションゲームとしておもしろくないですからね。あくまで「あと少しで勝てそう!」というときのコンテニュー的な要素としてとらえていただければと思います。

――オプションサービスの具体的な内容を教えてください。

『ドラゴンズドグマ オンライン』

 まずは“冒険パスポート”ですね。さきほど紹介した“復活力”は、無料の場合は1日1回最大3つ受け取れ、所持最大数は3つまでですが、このパスポートに入っていれば、白竜神殿にいるNPC・オフィリアから何度でも復活力を回復できます。

 ご注意いただきたいのは、あくまで復活力の回復ができるのは白竜神殿だけですので、冒険に出発した先のフィールドやダンジョンで使える復活力は、パスポートの有無にかかわらず3つまでです。このため、パスポートがあるからといって、復活力をガンガン使えるというわけではないのですね。パーティーでは仲間の助け起こしを優先いただき、ソロでは撤退も視野に入れた戦いを心掛けていただき、なるべく復活力を消費しないようにいただければと思います。

 一度開放した拠点にワープできる“リム転移”が、メニューから選べる行き先が開放した拠点の礎すべてになったり、マイ拠点にはリムを消費せずに行けたりするところもかなり便利ですよ。

『ドラゴンズドグマ オンライン』

 また、冒険パスポートに入っていれば、各地の拠点に設置されている“拠点用保管ボックス”を利用できるうえ、保管ボックスそのものにもアイテム拡張枠がつき、より多くのアイテムを収納できるようになります。さらにクエスト受注上限やバザー出品数も増えるなど、冒険をより楽しめる各種要素が満載となっています。まずは、無料でプレイいただき、「もっとがっつりプレイしたい!」と思ったタイミングで、ご利用をご検討いただければと。

『ドラゴンズドグマ オンライン』 『ドラゴンズドグマ オンライン』

 “成長サポートコース”と“報酬サポートコース”は単純に時間短縮を目的としたコースです。なかなか時間がとれない社会人の方が、集中して2~3時間遊ぶときに利用すると効率よくプレイいただけるイメージです。倍率は通常の200%を予定しています通常の200%を予定していますが、項目によっては低めに調整する可能性があります。

『ドラゴンズドグマ オンライン』

 “グランドミッションコース”は、コンセプトとしては前の2つと同じですが、効果時間を長めにとってあります。8人でプレイするクエストですので、パーティー編成などで時間がかかります。グランドミッション自体、週末に配信するという性質のクエストということも踏まえると長すぎる設定にもできず、6時間で設定させていただきました。

『ドラゴンズドグマ オンライン』

 “トレジャーズロット”はCBT1でも試験的に実装していたものですが、ゲーム内で入手できるシルバーチケットや黄金石を消費して引けるくじのことです。最強の武器が手に入る、というようなものではなく特殊な属性を持つ装備や、独自デザインの装備、低レベル帯から強化しつつ長期間利用できる装備などが入っています。各バージョンにおけるもっとも高性能な装備やそれに準じる高性能な装備は入りませんので、それらは皆様ご自身でレスタニアを冒険して手に入れていただくことになります。

――シルバーチケットはどのような形で入手するものですか?

 ゲーム内のログインボーナスなどで数枚手に入ります。継続してログインした場合などで、さらに多くもらえることもあります。黄金石を使わずとも、“トレジャーズロット”をご利用いただけるようにも、調整させていただく予定です。

『ドラゴンズドグマ オンライン』

 その他、アイテムを生産するクラフトに特化したポーンをリム消費なしでレンタルできる“クラフトマスターポーン”もご用意いたしました。アイテム生産や強化を効率的にしたい方や、クラフト部分の手間や時間を短縮し てなるべくアクション部分に注力したい方にオススメです。

『ドラゴンズドグマ オンライン』

 キャラクターやポーンの外見を自由に変更できる“美容院”と、人気声優の声を選択できるようになる“ポーンボイス(ポーンの声)”も用意してあります。一度購入したボイスは何度でも無料で付け替え可能で、複数体のポーンに設定することが可能です。

――各オプションサービスに必要な黄金石の量はどのように決められていますか?

 冒険パスポートの場合、どういう方がご利用するかを考えて設定しています。無料でプレイされたうえで、もっとガッツリ遊んでみようかな?と思われた方が長期的にご利用をいただくイメージから、30日間15黄金石で設定させていただきました。

 成長や報酬サポートコースの場合、長時間ご利用いただくのではなく、短めの時間で手軽にという感覚から黄金石も少なめに設定させていただいています。

 ポーンボイスについてはまったくゲームの進行や効率に関係のない要素ですが、声優さんがすごく豪華なので、冒険を共にするポーンを自分好みのボイスに変えることで、普段以上に楽しんでいただけると思います。

――正式サービスの時点で、利用できるポーンボイスの声優さんはどのくらいいるのでしょうか?

 神谷浩史さんや中村悠一さん、安元洋貴さん、柿原徹也さん、水樹奈々さん、坂本真綾さん、田中理恵さん、斎藤千和さんの8人です。そうそうたるメンバーの方の声をそろえています。

 ポーンの声は、発言頻度や性格、声のピッチによっても全然違うキャラになります。自分好みの声優さんを自分好みの性格のポーンに設定できるので、実際に使ってみていただけると黄金石9個分の価値を実感していただけると思います。

――男性のボイスを女性のキャラにつけたりすることは可能でしょうか?

 残念ながら現時点ではできないようになっています。ただ、ご要望をたくさんいただけるようでしたら、今後のアップデートで検討されるかもしれませんが…。

――正式サービス開始時のログイン数はどのくらいを想定していますか?

『ドラゴンズドグマ オンライン』

 正直に言うとぜんぜん読めないんです。PS3とPS4、PCで同時にサービスインする基本無料のオンラインタイトルというのは過去に前例がないからですね。

 CBT1に関しましては20万人以上の応募をいただいき、すでに多数の皆様のご参加をいただきました。CBT2は誰でも参加できる状況になり、さらに多くの皆様がいらっしゃると思いますので、徐々に正式サービス時点でのログイン数を想定していく流れになります。当然、それ以外にもテストサーバーにおける負荷テストなどを十分に行い、正式サービスに向けて皆様が快適にプレイいただける環境をご用意させていただきます。

――オプションサービスを利用するユーザーはどのくらいいるとお考えですか?

 これも読み切れない部分ですね。なにせ、無料でも十分遊べるというポリシーですので……。ただ、追加アップデートの開発やサーバーの維持にもお金はかかりますので、サービスを長期的に維持するためにもオプションコースのご利用はいただきたいのですが……。

 でも、そのへんはこちらの都合ですので、皆様は気になさらず気軽にお友達を誘って楽しんでいただければと! ちなみに、CBT1で実装していたオプションサービスよりも、正式サービスでは必要な黄金石を少なく調整もしています。

――今回紹介していただいた以外に検討している課金要素はありますか?

 今の段階ではありませんが、今後お客様のご意見などをいただいて内容調整をさせていただいたり、新規に作ったりすることはあると思います。原則として最初に申し上げた“無料で遊べる”ポリシーは守らせていただきますよ。

リミテッドエディションの詳細とPC版用ベンチマーク&対応パソコンも発表!

――『ドラゴンズドグマ リミテッドエディション』のアーリーアクセス以外の特典はどんなものなのでしょうか?

『ドラゴンズドグマ オンライン』 『ドラゴンズドグマ オンライン』
『ドラゴンズドグマ オンライン』 『ドラゴンズドグマ オンライン』

 ゲーム内で使える装備として、各ジョブの武器と防具がつきます。Lv1時点から装備可能で、Ver1.0の中盤以降でも使えるように、Lv30相当まで強化可能です。Ver1.0のレベルキャップが40ということを考えると、かなり長く使える装備だと思います。こうした、パッケージなどに付いてくる装備に関しても、基本的にオプションサービスと同様に“最強のものにはしない”ですが、序盤から長く使えるなど別の形でのメリットをご提供できるように設定させていただいております。

 また、パッケージには、金額換算すると総額1万円相当のオプションサービスを同梱しています。最初からガッツリ遊ぶことを想定してくださっているプレイヤーの方は、この部分だけでも値段以上の価値があると思います。

『ドラゴンズドグマ オンライン』

 さらにサウンドトラックCDも同梱します。音楽もかなり高い評価をいただいているので、こちらにもご注目ください。もちろん、早めに遊べるアーリーアクセス権も大きなポイントといえるでしょう。

――PC版でプレイする場合、どのくらいのスペックが必要なのでしょうか?

『ドラゴンズドグマ オンライン』

 本日から、ベンチマークソフトのダウンロードが開始されています。こちらをご確認いただければと思います。ベンチマークソフトでしか見ることのできない美麗なムービーもぜひご覧ください。

『ドラゴンズドグマ オンライン』 『ドラゴンズドグマ オンライン』

 また、協賛メーカーより推奨パソコンも発売されます。推奨パソコンの購入特典もありますので、この機にぜひご検討ください。

『ドラゴンズドグマ オンライン』

 さらに正式サービス以降のタイミングで、公認ネットカフェで『DDON』をプレイできるようになります。ネットカフェに置いてあるのはPC版だけですが、マルチプラットフォームタイトルですので、普段PS3やPS4でプレイされている方も普段ご使用になられているアカウントでログインいただくことで、ネットカフェの高スペックPCから遊べます。

『ドラゴンズドグマ オンライン』

 公認ネットカフェでプレイ中はすべてのパスポート・コースが有効になり、店舗滞在25分ごとにシルバーチケットが手に入ったり、ゲーム内のショップアイテム料金が50%オフになったりという特典もあります。

――シルバーチケットが店舗滞在時間25分ごとにもらえるという理由は?

 ネットカフェって、だいたい30分区切りで料金を設定しているところが多いのですが、30分や60分だけ利用したい場合には、その数分前には席を立ってレジに向かわないといけないですよね。そのロスタイム分を早めにお渡しするというわけです。

――最後に期待する読者にメッセージをお願いします。

『ドラゴンズドグマ オンライン』

 アルファテスト、CBT1を経てようやく正式サービスに関する情報をお届けできるようになりました。8月7日からのCBT2はどなたでも参加できますので、できるだけ多くの方にご参加いただいて、万全な状況で正式サービスにつなげていきたいと思います。

 PS3、PS4、PCとさまざまなハードで遊ぶことができますので、これまで『ドラゴンズドグマ』シリーズを遊んだことがない方でも、ぜひレスタニアの地に足を運んでいただければと思います。

※画面は開発中のもの。
(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

データ

▼『ドラゴンズドグマ オンライン』サービス概要
■メーカー:カプコン
■対応機種:PS4/PS3/PC
■ジャンル:アクション(オンライン専用)
■正式サービス開始日:2015年8月31日
■プレイ料金:基本無料/アイテム課金

関連記事

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。