News

2015年8月8日(土)

『ダークソウル3』をシリーズ未経験者が体験! 群がる亡者やドラゴンのブレスに心ボッキリ【gamescom2015】

文:電撃PlayStation

 フロム・ソフトウェアが放つ期待のアクションRPG『ダークソウルIII』。本作は『ダークソウル』のゲームコンセプトを継承したシリーズ最新作で、gamescom 2015で初の試遊出展がなされました。

『ダークソウル3』

 この『ダークソウルIII』をシリーズ未経験者がプレイした感想をお届けします。過去のシリーズ作との比較はできませんが、純粋にプレイした感覚を綴っていきたいと思います。

おいおい、なんだよこの死亡フラグの数は……

 まず、今回のバージョンでは、ゲーム開始時に2つの職業からプレイヤーを選べました。騎士風の“Wandering knight”と、戦士風の“Northern warrior”。どちらがいいかはわからなかったため、“Northern warrior”を選んでプレイすることにしました。

 “Northern warrior”の初期装備は斧。攻撃力は高めのようですが、振りが大きく、3~4回振るとすぐにスタミナ切れを起こしてしまう。初期ではほかに盾とエスト瓶(回復薬)を10本、あとたいまつを持っていました。

『ダークソウル3』

 ゲームをスタートすると、“Wall of Lodelth”という場所名が表示され、塔の一番上から下っていくことに。周りを見渡すと、少し離れたところで大きなドラゴンが暴れていて今にも襲ってきそう。とりあえず一通りの動作を確認しようといろいろなボタンを押してみることに。……うん、いきなりエスト瓶飲んじゃった。まだ敵と接触してもないのに(泣)。

 R1で通常攻撃、R2で強攻撃、L1でガードと……、よし基本は覚えた。そうこうしているうちに最初の亡者と遭遇。とりあえず最初の敵なんて武器ぶん回してれば勝てるだろう、ということで無造作に近づいてR1ボタンを連打。……あれ、どんどん亡者が湧いてくるんですけど。そして迎える終焉。えっ? ここ最初の通路デスよね???

『ダークソウル3』

 スタート地点に戻って考える。さっきはスタミナ切れを起こしたところをタコ殴りにされたので、相手の攻撃の終わり際をちょこちょこ叩いてみよう。……よし、この地点は突破できた。でも初期手持ちの10個のエスト瓶のうち数個をすでに消費。先は長いぞ……。

 通路を抜けて今度は建物の中に。暗がりやオブジェの陰から襲い掛かってくる亡者を退けつつ前へ。途中で“グレートソード”なる武器(特大剣?)を拾ったので、さっそく持ち替えて試してみた。えっ? 全然斧と立ち回りが違う……。試しているうちにまたタコ殴りにされてスタート地点へ。今回は時間もないし、剣を使うのはあきらめよう……。

 建物を抜けてさらに先に進むと、直線状の通路に亡者がわらわらと出現。距離を取りつつどう対処しようか考えていると、火矢を射ち込んでじわじわと体力を削ってくる。えっ? 今どきのアンデッドは火も使えるの? とか驚いていたら、上空からドラゴンのブレスが通路全体を焼き尽くし亡者ごと死亡。えっ? あのドラゴンって雰囲気を出すための飾り的なものじゃないの???

『ダークソウル3』

 通路でちんたら戦ってたらあかん……。ということで、一度ドラゴンのブレスが通りすぎるのを待って、あとは前転で全速前進!! 亡者ごと焼き尽くしてくれるので、最初からこうすればよかった! と安堵したのもつかの間。建物の入り口で門番のごとく待ち伏せる甲冑の騎士に強襲されてパニック。盾で攻撃が通らず、連撃を受けてあっさり死亡。はぁ~~~??? いったいなんやねん(怒)。

『ダークソウル3』

 まてまて、構えているときに攻撃してもムダだ。間合いを詰めて剣を振らせて、その硬直を叩こう……よっしゃうまくいった! 無事建物の中に入ってほっとしたのも束の間。遠くで光るアイテムを取りに行こうと無造作に進むと……足場がない!!! このゲーム死亡フラグ多すぎ(今回は死ななかったけど)。

 といったところで30分ほどの試遊時間が終了。えっ? このゲームたった30分でこれだけ死ぬの? ていうかもう30分も経ったの??? なるほど、みんながこのシリーズに時間を忘れてハマる理由がわかった気がする……。

自ら体験して覚える“生きた感覚”

 今回プレイした感じでは、アクション自体に難しい操作は必要なし。武器によっての感覚の違いは大きいですが、直観的な操作はどんなユーザーでも大丈夫という印象を受けました。

 しかし難しい(笑)。一難去ってまた一難というか、“死んで覚えるゲーム”というのは伊達じゃないですね。ただ、“けちらずに回復薬使っておけばよかった”“相手が盾を持ってるのに突っ込みすぎた”など、自分なりの反省点を生かしていけば、どんどん先の地点へ到達できるというゲーム性を肌で体感できました。

 PS4/Xbox One/PC用ソフト『ダークソウルIII』は2016年初頭に発売予定。日本で試遊できる機会を楽しみにしておこう。

(C)2015 BANDAI NAMCO Entertainment Inc. (C)2011-2015 FromSoftware, Inc.

データ

▼『ダークソウル3』
■メーカー:フロム・ソフトウェア
■対応機種:PS4/Xbox One/PC
■ジャンル:ARPG
■発売日:2016年初頭
■希望小売価格:未定

関連記事

関連サイト

電撃PlayStation

最新号紹介

  • 電撃PlayStation Vol.674

    電撃PlayStation Vol.674表紙画像

    [ 5月号 ] 2019年3月28日発売
    特別定価:880円+税

    【表紙&冊子付録】
     SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE
    【毎号付録】デンプレコミック #28
    【Visual Gallery】岸田メルの世界
    【特集企画】『戦国無双』シリーズ15周年
     クリエイターに聞く忘れられないPS4ゲーム
     歌広場淳×ふ~どの格闘ゲーマー座談会
    【POWER PUSH】イースⅨ / 閃の軌跡Ⅳ
     SAO FB / 勇者ネプテューヌ
    【電撃特報】
     ガレリアの地下迷宮と魔女ノ旅団
     殺人探偵ジャック・ザ・リッパー
    【MONTHLY DEEP】Days Gone
     EDF:IRON RAIN / ラングリッサーⅠ&Ⅱ
     スターリンク バトル・フォー・アトラス
     コール・オブ・クトゥルフ ほか
    【BRAND NEW】進撃の巨人2 -Final Battle-
     デート・ア・ライブ 蓮ディストピア
     アライアンス・アライブ / PixARK
     GRANBLUE FANTASY Versus
    【話題作】ルルアのアトリエ
     スパロボT / LoveR(ラヴアール)
    【Online Game】PSO2 / Anthem
     バトオペ2 / FFXIV / FFXI
    【コード付録】戦国無双シリーズ
     ルルアのアトリエ / LoveR(ラヴアール)
     エンゲージプリンセス / DDON / MHF-Z

    >> 詳細はこちら