総合 > 電撃App > 記事一覧 > 『ザクセスヘブン』特集:前野智昭さん&志田友美さんが対談! 志田さんのコスプレ姿にも注目
2015-08-21 11:00

『ザクセスヘブン』特集:前野智昭さん&志田友美さんが対談! 志田さんのコスプレ姿にも注目

文:イトヤン

 バンダイナムコオンラインとセガゲームスが贈るiOS/Android用アニメーションRPG『ザクセスヘブン』。ついに配信がスタートした本作で凛翔(りんじょう)あすかの声を演じている前野智昭さんと、紡流(つむぐる)こころの声を演じている志田友美さん(夢みるアドレセンス)の対談をお届けする。

『ザクセスヘブン』
▲前野智昭さん(左)と志田友美さん(右)。志田さんは“私立翠嶺(すいれい)学園”の制服姿で対談に参加してくれた。

 『ザクセスヘブン』は、両社が共同で制作し、展開していくマルチメディアプロジェクト。スマートフォン向けのアニメーションRPGをはじめ、PC用ブラウザゲームやコミック、小説、グッズなど、さまざまなメディアミックス展開が行われる。

 アプリゲーム版『ザクセスヘブン』では、5つの学園が物語の舞台となっている。この対談企画では、緑の学園“私立翠嶺(すいれい)学園”のメインストーリーで主人公となる凛翔あすか役の前野智昭さんと、ヒロインとなる紡流こころ役の志田友美さんのお2人が登場。ゲームやキャラクターについて、自由に語っていただいた。

『ザクセスヘブン』
▲お2人にもゲームに触っていただきました。その感想は対談で!

 なお電撃オンラインでは、凛翔あすかや紡流こころをはじめ、私立翠嶺学園に属するキャラクターの紹介記事を公開している。気になる人は、対談とあわせてチェックしていただきたい。

あすかとこころをはじめ、翠嶺学園には活発なキャラクターがいっぱい!?

――まずは、ご自身が演じているキャラクターについての印象を聞かせてください。

前野さん:僕が演じている凛翔あすかは、非常に素直で真っ直ぐな性格で、どちらかと言えば、ひらめきや思いつきで行動するタイプですね。

『ザクセスヘブン』
▲前野さんが演じる凛翔あすか。電磁力を操って、磁場やプラズマ帯電を発生させるザクセス能力を持つ。その能力と剣術を組み合わせた“凛翔流剣術(自称)”を使う。

 最初に見た時は、すごく活発なキャラだなぁと思ったら、高校に入学するまではそうじゃなかったと伺って。高校デビューをきっかけに髪の毛を染めて、今まではやれなかったことに挑戦しようっていう、そういうキャラクターなんだそうです。

 あすかは、バトルもコミュニケーションの1つととらえていて、実際にそういうセリフも出てきます。さらに、体育会系の部活をいくつも掛け持ちしている、非常に運動能力の高いキャラクターですね。

志田さん:紡流こころはですね、とにかく可愛くて、ナイスバディな女の子なんですよ。性格は明るくて活発で、負けず嫌いなところが私に似ています。だから、演じやすかったです。

『ザクセスヘブン』
▲志田さんが演じる紡流こころは、あすかの幼馴染みで“保護者”を自称している。一対の大きな鉄扇“酔桜扇XD”を武器にして戦う。

――ご自身とキャラクターの間で、あまり違いがない感じですか?

志田さん:そうですね。私はこころほどナイスバディじゃありませんけど(笑)。

――キャラクターを演じていて特に印象に残っている点や、注目してほしいポイントは?

前野さん:PVにも出てくる「オレのケンカを買ってください!」っていうセリフが、あすかの代名詞みたいになっているんです。そういったセリフは、非常に印象に残っていますね。

志田さん:「よ~し、やりますか!」っていう、何気ないセリフがあるんですけど、その響きがとてもこころっぽいなと思ったので、ぜひ聞いてもらいたいセリフですね。

――お互いのキャラクターに対する印象は?

前野さん:あすかがすごく活発なキャラクターなので、こころは最初、もっとおとなしい感じのキャラクターなのかなって思っていたんです。

 そうしたら、こころもあすかと同じように活発で、彼女も運動部をいくつも掛け持ちしている、運動能力の高いキャラクター同士だったのでちょっと意外でしたね。基本的に、翠嶺学園は活発な子が多いのかもしれませんね(笑)。

志田さん:そうですね、あすかも活発なところは、こころに似ていますよね。

 それにあすかって、売られたケンカは必ず買うっていうキャラクターなんですよね。こころからすると、そういうあすかの危なっかしいところが、ついつい面倒を見たくなってしまうところなんじゃないかなって思いました。

本格的な声優に初チャレンジした志田友美さんの感想は?

――この対談に先駆けて、ゲームを実際に遊んでもらいましたが、いかがでした?

志田さん:めっちゃおもしろかったです! 私はゲームってあんまりやらないんですけど、これは絶対ハマるなって思いました。ミニキャラもすごくかわいいし。

『ザクセスヘブン』

前野さん:僕はスマホのアプリからコンシューマまで、いろいろなゲームを遊んでいますけど、これはゲームシステムが非常に洗練されていて、本当によくできているなと思いました。

――ちなみに前野さんはふだん、どんなゲームをプレイされているのでしょうか?

前野さん:RPGからパズルゲームまで、人気のゲームはいろいろと遊んでいますよ。ゲーム歴もだいぶ長いですから。コンシューマだと、今はPS4のタイトルで遊ぶことが多いです。

――スマホのアプリゲームの場合、ガシャを回したりもするんですか?

前野さん:作品にもよりますね。自分の場合、課金するとそこで熱が冷めちゃうこともあります。課金せずにどこまで遊び続けられるか、がんばってみたりするタイプなので。

 でも、絶対に課金しないって決めているわけではないんですよ。「ここぞ!」と思った時には回しちゃいますね。それでレアが出てくるとすごくうれしいです(笑)。

――ご自身が出演されたゲームは、よくプレイされますか?

前野さん:そうですね。ゲームの中で自分の声が聞こえると、やっぱりうれしいですし、テンションが上がります。だからこの作品も、配信されたら間違いなく遊んでいると思います。

――志田さんは、先ほど遊んだ時に自分の声を聞いて、いかがでした?

志田さん:めっちゃ恥ずかしかったです(笑)。ゲームで自分の声が流れるって、私にとってはとても新しい体験だったので。でも、これがこころの声なんだなぁって思いました。

――ゲームキャラクターの声を演じてほしいとオファーを受けた時は、どう思いました?

志田さん:ゲームはもちろん声優のお仕事自体、本格的にやるのはこれが初めてだったんです。しかも、すごく有名な方々と一緒にやらせていただくと伺ったので、いろんなアニメを見たりして、一生懸命勉強しました。

――実際にこころを演じてみて、どんな点に苦労しましたか?

志田さん:私って、ホントに滑舌が悪くて……。ふだん話してる時も、よく聞き直されたりするんです。だから最初の収録ではリテイクが多かったんです。その時に「なんでできないんだ!」って、とても悔しかったんです。だから、次の収録の時までにすごく練習しました。

バンダイナムコオンライン 近藤貴浩プロデューサー:音響監督が、「志田さんは1回目の収録の時より、2回目のほうがずっとよくなった」って言ってましたよ。

志田さん:ホントですか? ありがとうございます!

前野さん:今の若い人は、カンのいい人が多いですから。自分が同じぐらいの歳だった時に、今の志田さんみたいにできていたかと考えると、絶対にそんなことはないので、うらやましいですね。

近藤プロデューサー:お2人の声は、現在公開中のPVでも確認できますので、ぜひ聞いてみてください。

前野智昭さんも、制服コスプレに挑戦してみたい!?

――『ザクセスヘブン』にはいろいろなポイントがありますが、ご自身が特に、ここが目玉だと思うところを教えてください。

志田さん:ハイクオリティなアニメーションと、超豪華な声優さんが集まっているところですね。特に声優さんは、本当にみなさん名の知れた方ばかりで、そんな中で私がヒロインをやらせてもらっていいのかな……って思ってます。

前野さん:もちろん、大丈夫ですよ! 僕が特に気になるのは、5つの学園が織りなすストーリーですね。

 僕らはアニメーションの部分を断片的にアフレコしている形なので、翠嶺学園以外のお話など、ストーリーの隅々までは把握していないんです。5つの学園がいったいどんなふうに絡んでくるのか、物語の展開がとても楽しみですね。

――『ザクセスヘブン』でやってみたい企画、またはやってほしい企画はありますか?

前野さん:アニメ化はぜひ実現してほしいですね! 非常に映像向きの作品だと思います。いろんなキャラクターが“ザクセス”能力を駆使して戦うので、視覚的にすごく盛り上がると思うんですよ。

志田さん:そうですよね! ゲームだけでは、本当にもったいないと思います。

――志田さんは“夢みるアドレセンス”の一員として、本作の主題歌も歌っていますが、そちらについても聞かせていただけますか?

志田さん:『フォトシンテシス』というタイトルなんですけど、翠嶺学園の雰囲気にピッタリの、すごく爽やかな曲ですね。サビとかもガンッ! って盛り上がる感じで、歌っていてテンションの上がる曲です。1人でも多くの方に聞いてもらいたいですね。

――志田さんは今回、私立翠嶺学園の制服を着ていますが、この制服を着てみたご感想は?

『ザクセスヘブン』
『ザクセスヘブン』
『ザクセスヘブン』

志田さん:以前にも着させていただいたんですけど、袖の広がり方とか、二次元っぽくてかわいいなって思いました。翠嶺学園のワッペンも、すごくお気に入りですね。

前野さん:製作発表会の時にも、この制服を着た志田さんとご一緒させてもらったんですけど、すごくお似合いですよね。かわいらしい感じで。

――ちなみに、もし男子バージョンがあったら、前野さんも着てみたいですか?

前野さん:そうですね、33歳・男性の制服姿に需要があるようでしたら、ぜひ(笑)。じゃあ、やりたい企画に入れておいてください。“こころだけじゃなくて、あすかの制服もお願いします”って(笑)。

――では最後に、電撃オンラインを見ている皆さんにメッセージをお願いします。

志田さん:声優のお仕事を本格的にやるのは初めてで、すごく緊張しました。ゲームを実際に遊んでみて、キャラクター1人1人の個性が強くて、とてもおもしろかったです。絶対にハマると思うので、ぜひダウンロードしてください!

前野さん:とにかく登場人物の数が非常に多くて、いろんなパーティを組めるので、みなさんのお好きな組み合わせで遊んでみてください。

『ザクセスヘブン』

――ありがとうございました。

→あすかやこころたち“私立翠嶺学園”に通う生徒たちを紹介!

 今後も、紅の学園や蒼の学園のキャラクターを演じた声優陣による対談を掲載していく予定なので、気になる人はこまめに『ザクセスヘブン』特集ページをチェックしてもらいたい。

データ

▼『ザクセスヘブン』
■メーカー:バンダイナムコオンライン/セガゲームス セガネットワークス カンパニー
■対応端末:iOS
■ジャンル:RPG
■配信日:2015年8月20日
■価格:基本無料/アイテム課金
 
iOS『ザクセスヘブン』のダウンロードはこちら
▼『ザクセスヘブン』
■メーカー:バンダイナムコオンライン/セガゲームス セガネットワークス カンパニー
■対応端末:Android
■ジャンル:RPG
■配信日:2015年8月19日
■価格:基本無料/アイテム課金
 
Android『ザクセスヘブン』のダウンロードはこちら

関連記事

関連サイト

アクセスランキング(過去1週間)

  1. 1

    RPG『ラストイデア』は育成とアイテム収集がめちゃくちゃ“重い”からこそおもしろい!

  2. 2

    『PSO2』EP6はオープンなスタンスでやっていく。新クラス・ファントムやアップデートについて吉岡さんが語る

  3. 3

    進化型おしゃべりアプリ『ISEKAI』のAndroid版が配信。第1弾キャラは『このすば』のめぐみん

  4. 4

    『〈物語〉シリーズ ぷくぷく』×『まどマギ』コラボが開催。ガチャアイテムが当たるキャンペーン実施中

  5. 5

    『パズドラ』×『シャーマンキング』チョコラブ、ホロホロ、蓮たちコラボキャラのステータスをチェック

  6. 6

    『アイナナ』ニコイチ連載ŹOOĻ編2回目は棗 巳波&御堂 虎於! ゲームのパーティーにつけた名前は?

  7. 7

    『PSO2』で『マブラヴ』コラボが決定。既存クラスのバランス調整やエキスパート条件、改善点が明らかに

  8. 8

    『ますますマンガで分かる! FGO』第89話では新セイバーが誕生。見た目は妊婦さんだがその正体は?

  9. 9

    『とある魔術の禁書目録 幻想収束』“キャラクターとのふれあい”機能を楽しめる先行体験版が登場

  10. 10

    【4月第3週のまとめ記事】『PSO2』開発者インタビューや『エクストリームバーサス2』プレイヤー座談会

[集計期間:04月16日~04月22日]

ページ
トップへ