News

2015年12月22日(火)

『LoVA』の公式生放送番組に出演中の美人タレント・みゃこさんによる対戦レポート

文:くろあん

 ユーザーの会員登録数が20万人を突破し、さまざまな人気タイトルとのコラボや公認大会も行われ、ますます盛り上がりを見せているスクウェア・エニックスのPC用マルチ対戦アクション『LORD of VERMILION ARENA』(以下、LoVA)。本作の公式生放送『ろばすか』に出演中の美人タレント・みゃこさんによるプレイレポート第2回目をお届けします。

『LORD of VERMILION ARENA』
▲タレントのみゃこさん

 みゃこさんといえば、キュートなルックスのコスプレイヤーとして注目されはじめ、現在ではTVCMにも出演するほどの人気ぶり。ゲーム好きということもあって、数々のニコニコ生放送番組にも出演しています。そんなみゃこさんが『LoVA』のバトルシステムや7対7の対戦におけるプレイスタイルについて、たっぷり語っていただきました。

『LORD of VERMILION ARENA』

●『LORD of VERMILION ARENA』とは?

 『LoVA』は、最大7人vs7人のプレイヤーによるオンライン対戦を楽しめるアクションゲームです。プレイヤーたちは敵味方に分かれて戦い、陣地奥に鎮座するアルカナコアを先に破壊したチームが勝利となります。

『LORD of VERMILION ARENA』

 『LoVA』の大きな特徴の1つが、約200種類も登場する使い魔の存在です。見た目や戦闘能力、使用可能なスキルなどが異なる使い魔の中から6体を選んでデッキを編成し、バトルに挑みます。デッキにはコストが設定されているため、自分の戦略にあわせた使い魔の編成が重要になるなど、非常に戦略性の高いオンラインゲームです。

みゃこさんプレイレポート第2回は白熱のオンライン対戦!

●まずは基本的なプレイスタイルを紹介

 今回は7人対7人のオンライン対戦のレポートをお届けしたいと思います。バトルの舞台となるマップ“死都アルカウス”は、北に敵の本拠地、南に味方の本拠地があります。マップの中央と左側、右側に進攻ルートがわかれており、各ルートには侵入者を自動で攻撃する“ガードタワー”と、本拠地の直前に“ゲートキーパー”といった施設が配置されています。ここを突破して、本拠地の内部にある“アルカナコア”を相手より先に破壊したチームの勝利です。

『LORD of VERMILION ARENA』

 1回の戦闘は15分という制限時間があるため、アルカナコアを破壊できなかった場合は、戦況ゲージが多いチームの勝利となります。敵チームの戦況ゲージを減らすには、敵プレイヤーのキャラクターや使い魔を倒す、ガードタワーやゲートキーパーを破壊する、アルカナコアにダメージを与える、といった方法があります。敵を攻撃するだけはなく、味方やガードタワーを守ることも大切になってきます。

『LORD of VERMILION ARENA』
▲戦力に差がないと、アルカナコアの破壊まではなかなか進めないので、戦況ゲージが勝敗を決することが多いです。

 序盤の基本的な攻め方は、味方を3隊(3人:2人:2人)に分けて中央と左右のレーンを同時に進攻していきます。前回のプレイレポートで紹介しましたが、神族デッキ使いである私は、味方を守るタンクの役割です。味方を私の使い魔で守りつつ、ガードタワーを破壊していきます。私は左レーンへ進んで味方をサポートするのですが、敵チームも3人で来ることが多いので、かなりの激戦になります!

『LORD of VERMILION ARENA』
▲ガードタワー周辺では、敵味方の激しい攻防が繰り広げられます。

 各ルートで攻防戦を繰り広げながら、敵のミニオンを倒して使い魔のレベル上げと召喚に必要なマナを獲得していきます。ミニオンは、敵味方のアルカナコアやミニオンアークから無限に発生する兵隊で、敵の本拠地を目指して進みながら、敵のミニオンや建造物を自動で攻撃してくれます。

 ミニオンアークを占領すると、マナがもらえたり、視界(マップの作的範囲)が広がるなどのメリットがあります。ここでも、とったりとられたりの攻防が展開するので、忙しいです!

『LORD of VERMILION ARENA』
▲ミニオンアークが陥落するとアナウンスが流れます。

 敵ミニオンを倒して自分の使い魔たちを育てたり、貯めたマナで使い魔を召喚したりして、戦力を強化したら相手の本拠地へと侵攻します。って、実践ではそう簡単に行かないんですよね(汗)。そこが対戦ゲームの面白いところなので、実践を繰り返して臨機応変に対応できるようになりましょう!

●実践ではイレギュラーがつきもの! 対戦の結果は!?

 敵味方の参加者が決まると戦闘開始! 私がいつもの左ルートへに行こうとすると、すでに3人が向かっているではないですかっ! 早くもイレギュラーが発生しちゃったので中央へ向かいます(笑)。どのルートに進むか、事前にチャットで意思表示しておくと被らないですみますね。

『LORD of VERMILION ARENA』
▲参加者全員のプレイヤー名と使い魔が表示されます。ここで敵使い魔の構成を把握できれば、バトルで対処しやすくなる!?
『LORD of VERMILION ARENA』
▲チャットで意思表示をしたり、情報共有することも大切です。

 中央ルートの敵が経験値稼ぎを優先したため、私も通称“ジャングル”と呼ばれる場所へ狩りに行きます。ジャングルとは、メインルートから外れた迷路のように入り組んだ地形のことで、ここに湧く中立モンスターを倒してマナと経験値を稼ぎます。

『LORD of VERMILION ARENA』
▲敵プレイヤーと戦う前に、使い魔を少しでも育てておくとバトルが有利になる。

 ある程度、戦力を強化したところで、ミニオンアークをとりに行きます。しかし、敵チームにミリオンアークを奪われてしまいました……。こちらもかなりのダメージを受けて瀕死なので、体力を回復できる本拠地に戻ります。リターンゲートというアルティメットスペルを使うことで、一瞬で本拠地へ戻ることができるのですが、持ち場を離れることになるので、仲間の負担が増てしまいます。極力さけたいところですが、プレイヤーが倒されてしまうと味方の戦況ゲージが減ってしまうので、ここは撤退することに。

『LORD of VERMILION ARENA』
▲リターンゲートなどのアルティメットスペルは戦闘中に1回だけ使用可能です。

 復帰して前線に行くも、この間に敵プレイヤーは使い魔の育成に成功し、返り討ちにされてしまいました……。すっかり、やばいパターンになってしまい、次々に味方の建造物が破壊されていきます。

『LORD of VERMILION ARENA』
▲必死に守ろうとするも、ガードタワーが破壊されて万事休す。結果的には戦況ゲージで敗北となってしまった。

 諦めずに戦い続けるも、ここでタイムアップ。戦力ゲージ差で敗北となってしまいました。しかし、息詰まる攻防戦のなか、しっかりと状況を把握し、冷静に対処していたみゃこさん。観ていた筆者も熱くなることができました。みゃこさんのキャラと一緒のチームで戦ってくださったみなさん、敵チームのみなさんもおつかれさまでした! 熱いオンライン対戦を楽しみたい方は、ぜひ『LoVA』をプレイしてみてはいかがでしょうか。

 さて、次の第3回目では、みゃこさんが『LoVA』の壮大なストーリーモード第1章の全クリアを目指しますので、お楽しみに!

(C) 2014-2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

データ

▼『LORD of VERMILION ARENA』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PC
■ジャンル:アクション
■サービス開始日:2015年6月17日
■プレイ料金:基本無料(アイテム課金制)

関連記事

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。