News

2016年2月18日(木)

『P4D』を今、改めてオススメ。ペルソナサウンドをこの1本で堪能できる!【電撃オンラインアワード2015】

文:ミゲル

 現在、電撃オンラインでは、2015年のベストCSソフト&アプリを決める“電撃オンラインアワード2015”を開催中。本企画において、『ペルソナ』大好きライター・ミゲルがオススメするのはもちろん、アトラスから6月25日に発売された『ペルソナ4 ダンシング・オールナイト(P4D)』です。

『ペルソナ4 ダンシング・オールナイト』

 なお、“電撃オンラインアワード2015”では、2015年に発売されたコンシューマソフトや同年に皆さんが夢中になってプレイしたスマホアプリへの投票を行っています。投票していただいた方には抽選でギフト・カードのプレゼントも! 皆さんのお気に入りのタイトルをぜひ教えてくださいね!

“電撃オンラインアワード2015”投票
はこちら

“Pサウンド”の魅力がこれでもかというほどギッシリ!

 本作の魅力は、なんといってもその音楽。もともと『ペルソナ』シリーズをプレイしたことがなくとも、音楽だけは知っているという人も少なくないのでは? そんな魅力的な“Pサウンド”の数々を、キャラクターたちのスタイリッシュなダンスとともにリズムアクションとして楽しめるのが『P4D』です。

『ペルソナ4 ダンシング・オールナイト』
『ペルソナ4 ダンシング・オールナイト』

 収録楽曲は、おなじみの『ペルソナ4』楽曲やそのアレンジ曲に加え、浅倉大介さんや小室哲哉さん、今を輝くクラブミュージックの新星・banvoxさん、ゲームミュージック界の大御所・三宅優さんなどなど、幅広い実力派アーティストたちがリミックスを施したもの。もちろん、書き下ろしの新曲も!

 アトラスのサウンドディレクター・目黒将司さんたちによる原曲の魅力はもちろん、各アーティストたちによって新しい個性と魅力が追加された楽曲を、ゲーム内で堪能することができるのです。

『ペルソナ4 ダンシング・オールナイト』

空いた時間で気軽に遊べるのもうれしい!

 電車の待ち時間にちょっと1~2曲だけ、と気軽にプレイできるのも本作のうれしいポイント。

 メインとなるリズムアクションの操作方法はいたってシンプルで、画面の中心から流れてくるノーツ(譜)が外側の枠に重なった時に、タイミングよく対応ボタンを入力するだけ。4段階の難易度が用意されているので、リズムアクション初心者でも段階を踏みながら、プレイヤースキルを伸ばしていくことができます。

『ペルソナ4 ダンシング・オールナイト』

 1曲1曲にファンそれぞれの思い入れがあると思いますので、楽曲内のどのリズムおよび音にグルーヴを感じるかは、プレイヤーの数だけ存在するはず。そのため、もしかすると譜面が難しく感じる曲も人によってはあるかもしれません。

 ですが、何度もプレイしていくうちに、入力のタイミングを耳と体が覚えていくので、高難度の曲もスムーズにプレイできるようになります。最高難度の“ALL NIGHT”で、フルコンボ“KING CRAZY”を出せた時の爽快感はひとしおです。

『ペルソナ4 ダンシング・オールナイト』

初代『ペルソナ』や『ペルソナ2』ファンにもうれしい着せ替え要素

 DLCによる追加コスチュームや追加楽曲も遊びの幅を広げてくれました。初代『ペルソナ』や『ペルソナ2』ファンの私としては、キャラクターのコスチュームセット『Pカラーセレクション』シリーズを強くオススメしたい! 中には無料のアイテムも存在するので、ぜひPS Storeを覗いてみてくださいね。

『ペルソナ4 ダンシング・オールナイト』
▲『ペルソナ2』の達哉カラーの主人公と、克哉カラーの足立が夢の競演!?
『ペルソナ4 ダンシング・オールナイト』
▲「でひゃひゃひゃ」な陽介や「お金次第でなんでもRecover」する直斗も!

 また『ペルソナ4』関連作品だけでなく、初音ミクが登場する楽曲もDLCとして用意されています。アトラスのデザイナー・副島成記さんのデザインによる、ちょっとアダルトな雰囲気ただようミクさんが、人気ボカロP・ATOLSさんリミックスによる『Heaven feat.Hatsune Miku(ATOLS Remix)』を歌って踊ります。

 『ペルソナ』ファンだけでなく、ミクさんファンも要チェックなのです。

『ペルソナ4 ダンシング・オールナイト』
『ペルソナ4 ダンシング・オールナイト』
『ペルソナ4 ダンシング・オールナイト』

細部に宿るアトラスらしいこだわり

 細部にこそ制作チームの思い入れやこだわりを感じられる本作。BGMやビジュアル面にも注目してもらいたいポイントが目白押しです。

『ペルソナ4 ダンシング・オールナイト』

【小塚良太さんのBGMに注目!!】

 本作のメインコンポーザーを務めるのは、アトラスサウンドチームのホープ、小塚良太さん。小塚さんは『メガテン』シリーズ最新作『真・女神転生IV FINAL』でもサウンドディレクターとして活躍しており、その感傷的な曲の数々にすっかり魅了されてしまった人も多いはずです。

●動画:主題歌『Dance!』/作曲:小塚良太

 『P4D』というとプレイ楽曲に注目が集まりがちですが、改めてよく聴いてもらいたいのは、選択画面やストーリーモードなどで流れるBGM。

 新曲はもちろんですが、小塚さんの手によって新しい感情が吹き込まれた『P4』関連楽曲のリミックスがた~っぷりと収録されているので、時にはプレイの手を止めて、じっくり聴き込んでみてください。

【デザインは和田Pのセンスが光る】

 ビジュアル面も、ふとした時にじっくりとチェックしてもらいたいポイント! 本作のプロデューサー&ディレクターを務めるのは、『ペルソナ』シリーズで数多くのデザインを手掛ける和田和久さんです。

 ダンス中のキャラクターたちの繊細な表情やバラエティ豊かなステージ背景、ハイセンスなロード画面などには、和田さんのデザイナーならではのこだわりが反映されていると思います。

『ペルソナ4 ダンシング・オールナイト』
『ペルソナ4 ダンシング・オールナイト』
『ペルソナ4 ダンシング・オールナイト』
『ペルソナ4 ダンシング・オールナイト』
『ペルソナ4 ダンシング・オールナイト』

 音楽をきっかけに、『ペルソナ』の世界に初めて足を踏み入れた、なんて声を聞くと、ファンとしてはうれしく思います。そこから、元祖のRPG『ペルソナ4(ペルソナ4 ザ・ゴールデン)』にも食指を動かしてもらえたらうれしいです。

 すでに『ペルソナ』ファンの皆さんは、今度は『P4D』の音楽から、アトラスサウンドチームが手掛ける他のタイトルや参加アーティストの別の曲へと視野を広げてみてはいかがでしょうか。そういった広がりの可能性が高い部分も、私が本作をオススメする理由のひとつです。

[CHECK]あなたの2015年のベストコンシューマソフト&アプリを教えてください!

 ファン投票で2015年のコンシューマソフト&アプリを決める“電撃オンラインアワード2015”にぜひご投票ください! 対象タイトルは、2015年に発売されたコンシューマソフトと同年に皆さんが遊んでおもしろかったと感じたスマホアプリです。

 アプリについては、2015年以前に配信されたアプリも対象となるので、皆さんが名作だと思うものを教えてください。

 投票していただいた方の中から抽選で10名様にPS Store、ニンテンドー eショップ、Xbox live、iTunesかGoogle playで使えるギフト・カード(5,000円分)をプレゼントいたします。締切は2016年2月28日(日)24:00まで。ぜひ、あなたの2015年のベストコンシューマソフト&アプリに投票してください!

“電撃オンラインアワード2015”投票
はこちら

(C)ATLUS (C)SEGA All rights reserved.
(C)Crypton Future Media, INC. www.piapro.net

データ

▼『ペルソナ4 ダンシング・オールナイト クレイジー・バリューパック』
■メーカー:アトラス
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:アクション
■発売日:2015年6月25日
■希望小売価格:9,980円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『ペルソナ4 ダンシング・オールナイト』
■メーカー:アトラス
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:アクション
■発売日:2015年6月25日
■希望小売価格:6,980円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『ペルソナ4 ダンシング・オールナイト(ダウンロード版)』
■メーカー:アトラス
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:アクション
■配信日:2015年6月25日
■価格:6,980円(税込)
▼『ペルソナ4 ダンシング・オールナイト サウンドトラック -ADVANCED CD-』
■発売・販売元:Mastard Records
■品番:LNCM-1111
■発売日:2015年7月29日
■希望小売価格:2,000円+税
▼『ペルソナ4 ダンシング・オールナイト オリジナル・サウンドトラック -ADVANCED CD付 COLLECTOR’S EDITION-』
■発売・販売元:Mastard Records
■品番:LNCM-1108~1110
■発売日:2015年7月29日
■希望小売価格:4,500円+税

関連記事

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。

ゲーム実況エクストリーム
再生数ランキング(04/14~04/20)

  1. 1

    【MHW】神修正!歴戦イビルジョーが超楽に狩れる!龍結晶の地へマップ変更した「脈打て、本能」【モンハンワールド】

  2. 2

    【MHW】新モンスター「マム・タロト」は期間限定クエストだった!有利に戦える方法や環境利用、肉質や弱点属性など【モンハンワールド】

  3. 3

    【MHW】歴戦個体に閃光弾が一部無効に!?ツタの葉の増殖や調査クエストのソートが可能に「第二弾大型アップデート」に伴う仕様変更【モンハンワールド】

  4. 4

    【MHW】新DLCは「ティウンティウン」優秀なロックマンのコラボ装備は色変更可能「ラッシュ大騒動!!?」【モンハンワールド】

  5. 5

    【MHW】アステラ祭No.1の神クエスト!HR、痕跡、装飾品、竜玉、紅玉、宝玉が同時に収集できる「丘の上の雪見桜」【モンハンワールド】

  6. 6

    【MHW】先取情報!期間限定で竜玉救済イベントクエスト登場か?「暴動とは斯くの如し」と第二弾大型アップデート実装内容アンケート結果【モンハンワールド】

  7. 7

    【Minecraft】青鬼でコラボしてみた#4【らっだぁ×我々だ!】

  8. 8

    【MHW】新要素16人で討伐!新モンスター「爛輝龍 マム・タロト」の実機プレイはカプコンTVで【モンハンワールド】

  9. 9

    【MHW】発掘武器復活か?「鑑定武器」やマム・タロトの武器や防具、重ね着が生産可能に【モンハンワールド】

  10. 10

    【モンスト】もう引き際が分からない!再びラミエル狙いでガチャ!