News

2016年3月10日(木)

アプリ版『ロマンシング サガ2』レビュー。SFC版のバランスはそのままにスマホならではの操作性に感動!

文:まさん

 スクウェア・エニックスより、3月末にPS Vita/iOS/Android向けに配信(PS Vita版は後日配信予定)されるRPG『ロマンシング サガ2』

 本作は、1993年に発売されたSFC用ソフト『ロマンシング サ・ガ2』をベースに、モバイル版の追加要素をプラス。キャラクターのドット絵といったオリジナル版のイメージを保ちつつ、背景グラフィックなどを一新したリマスター版となっています。

『ロマンシング サガ2』

 本記事では、いよいよ配信が決定した本作のデモ版を遊んでのプレイレポートをお届けします。語りつくせないほどに魅力的な部分が多いゲームなのですが、今回はスマートフォン版を遊んでみての感想と言うことで、ゲームの序盤、ジェラールがクジンシーを倒すまでの流れを中心に紹介していきましょう。

『ロマンシング サガ2』
『ロマンシング サガ2』

美麗な背景とドット絵が絶妙にマッチ! 懐かしいのに古さを感じさせない不思議な感覚

 皆さん、こんにちは! 『聖剣伝説-ファイナルファンタジー外伝-(聖剣伝説 FF外伝)』でもレポートを担当した、RPG大好きライター・まさんです。『サガ』シリーズもGB版直撃世代。

 もちろん、SFCの『ロマンシング サ・ガ2(以下、ロマサガ2)』も子ども時代から深い思い入れのある作品です。本作は、自分の身のまわりのみんなはもちろん、世のゲームファンが「おもしろいゲーム!」と絶賛していて、当時大ブームだったんですよ。

 それがスマホで遊べる。しかも追加要素が用意されたモバイル版以来のリマスターとあっては、当時モバイル版をちゃんと最後まで遊べなかった(購入はしたけど機種変更した際にデータを消失してしまった……)自分としては感動もひとしおです。というわけで、さっそく遊んでいきたいと思います。

『ロマンシング サガ2』
▲七英雄の伝説からのオープニング。今見ると「この格好、この人たち誰だろう……」という感じもありますが、このハッタリが効いたオープニングがいいですよね。
『ロマンシング サガ2』
▲ニューゲームで追加コンテンツの有無を選べるのもイイ感じ。

 七英雄の伝説から始まるナレーションを見て、オープニングテーマを聞いてからゲームを開始……する前にちょっと待った。タイトル画面右下の“NEW GAME+”ってなんですかね? 気になって選んでみると、これはセーブデータを引き継ぎ、最初からお金やスキルレベルを引き継いだ状態で遊べるモードのようです。

 クリアしていない途中のデータからでも引き継げるので、詰まってしまって最初からやり直したくなった時はもちろん、やり込みで周回プレイをしたい時にも活用できそう。

『ロマンシング サガ2』
▲ジェラールでクジンシーを倒した時点のセーブデータを読み込んで比較してみました。皇帝だけではなく、仲間たちも鍛えた状態の能力値になっています。
『ロマンシング サガ2』
▲これを利用すれば、周回して運河要塞や地上戦艦を正面突破できるかも……。

 少し脱線しましたが、ゲームを開始しましょう。まずは、重要なキャラクターの名前入力画面(『ロマサガ2』ファンはご存知かと思いますが、初めての人もいると思いますのでネタバレを控えます)に。

 いやー、懐かしい。ここで名前を入力するキャラクターは本当に重要な人物なので、初めてプレイする人はちゃんとした名前を付けてあげてください。出てくるころには付けた名前を忘れているかもしれませんが……。

 下ネタなど変な名前を付けてしまうと、子どものころの自分のように超後悔しますよ。自分は本当に後悔しました。ちゃんとした名前を付けましょう。

『ロマンシング サガ2』
▲漫画版『ロマサガ2』が好きなので、名前はジェラールニセイにしました。カタカナでニセイだと偽者みたいな気もしますが……。
『ロマンシング サガ2』
▲ここから、壮大な帝国史が始まるのです……。
『ロマンシング サガ2』

 吟遊詩人が語るプロローグから、レオン皇帝の代へ。いきなり実践から入るのが『サガ』なのです。とりあえず、敵と戦う前に操作方法を確認すべく、洞くつ内をウロウロしてみます。

 んー、いいですね。画面のどこを触っても十字キーの操作や決定ができて、インジゲーターの表示/非表示も切り替え可能になっています。メニュー画面も右上のボタンをタッチするだけで開くので、SFC版より使いやすいかも。

『ロマンシング サガ2』
▲メニュー画面を開いてみましたが、SFC版よりも見やすく整理されていて使いやすい!
『ロマンシング サガ2』
▲左下に“帝国記”という見慣れない表記がありますが、ここでは地域ごとの簡単なあらすじを確認できます。壮大な歴史物語なので、非常にありがたいですね。

 メニュー画面もひと通り触ってみましたが“環境設定”からタイトル画面に戻れたり、移動速度を“ダッシュ”と“通常”で切り替えができたりと、オプションが充実しています。ちなみに、本作では右下の“D”ボタンをタッチしながら移動するとダッシュが可能ですが、なんとダッシュしても視界が狭まりません。

 オリジナル版の『ロマサガ2』では、ダッシュすると周囲が見えにくくなり難易度が激増していたので、これはありがたいところ。もちろん、ダッシュ中にぶつかると陣形が崩されるのはそのままなので、デフォルトのダッシュ設定のまま、うかつにダッシュしまくるのは危険ですよ。

『ロマンシング サガ2』
▲陣形についても詳しく解説されています。配置によってどのような効果があるのかが、ひと目でわかるようになっていてグッド!

 ひと通りウロウロしたので、そろそろ戦闘へ。『ロマサガ2』はオーソドックスなコマンドバトルなのですが、“ひらめき”によって戦闘中に突然技を覚えるのが楽しいんですよ。

 キラーンと頭に電球が出てきて、「新しい技を覚えた“パリイ!”。んんー、パリイか……」みたいな葛藤がいいんですよね。強い技を覚えると、それだけでうれしくなります。わかってるんですかベアさん!

『ロマンシング サガ2』
『ロマンシング サガ2』
▲戦闘のコマンド選択もスムーズ。たとえ、パリイでもひらめくとうれしいものです。「パリイ!」
『ロマンシング サガ2』
▲戦闘後にレベルアップではなく、能力値が上がるのも『ロマサガ2』の特徴。HPや熟練度が上がると、少しずつ強くなっていくという実感があります。

 そんなこんなで、チャカチャカと最初のダンジョンである封印の地とウォッチマンの巣をクリア。このあたりの難易度は低めだとはいえ、いきなり集中攻撃されてテレーズのLPが削られる(テレーズはよく死ぬんです)など、やはり『サガ』なので甘くはありません。でも、そこがイイんですよ!

『ロマンシング サガ2』
▲宝箱から豪快に手に入るクラウン(お金)。このゲームでは最初から帝国の皇帝なので、資金をガッポガッポ入手できます。
『ロマンシング サガ2』
▲あっ、こんなところに“サラ”が! 「サラ、帰ろう」ではなくて『ロマサガ2』の場合はただのザコでしたね。ごめんなさい(『ロマサガ3』を遊んだ人ならわかりますよね?)。

七英雄との因縁の始まり……壮大な帝国史を自分の手で紡げるロマン

 帰還したレオン皇帝を待っていたのは、七英雄・クジンシーによるアバロン襲撃の爪あと。ここから、帝国と七英雄の長い戦いが始まります。『ロマサガ2』は基本的に、地域を攻略する順番や継承する皇帝も自由な作品ですが、レオンとジェラールの代まではチュートリアルといった具合で、ドラマチックな1本道となっています。

 ここでしっかりと七英雄との因縁を描いているからこそ、ラストが燃えるんですよ! ああ、存分に時間があったらラストまで遊んでるのに……。

『ロマンシング サガ2』
▲「流し斬りが完全に入ったのに……」。『ロマサガ2』でも屈指の名シーンですね。
『ロマンシング サガ2』
▲ちなみに、七英雄などのボスはヌルヌル動きます。『インペリアル サガ』を想像してもらえるとわかりやすいかもしれません。

 クジンシーへの敵討ちから“ソウルスティール”見切りの継承……皇帝ジェラールの初陣。何度見てもよくできていて、ワクワクしてきます。

 ここから、少しずつイベントの優先順位を選択できるようになり、南アバロンを平定して皇帝が交代すると、一気に自由度が広がります。あとは、どの地域から制圧するもプレイヤーの自由。この自分で歴史を作っていく感覚こそが『ロマサガ2』の魅力ですね。

『ロマンシング サガ2』
『ロマンシング サガ2』
▲レオンからジェラールへ。最初の皇帝継承の時点で壮大な歴史の始まりを感じさせてくれます。もちろん選択肢は「はい、はい」。この後もアバロンのダニを1匹減らす……のはカワイそうなのでいまだに選べませんが。
『ロマンシング サガ2』
▲ソーモンに行かず、先にゴブリンを駆逐してもOK。んんーマンドレークの催眠が……催眠がぁぁ!!  思い出した。状態異常が怖いのが『ロマサガ2』だった……!
『ロマンシング サガ2』

 さて、先ほども軽く述べましたが、操作性は本当に快適。メニューやシナリオの重要な部分に関しては、誤動作防止のために、ダブルタップもしくは選択肢を選んでタッチしなければならなかったり、本作特有の操作に最初は戸惑うかもしれません。ですが慣れれば全然……というか、とても感覚的に操作しやすいです。

 そうそう、最後に1つ。今回はゲーム序盤までのレポートなので紹介していませんが、帝国の運営も本作の醍醐味(だいごみ)です。新しい武具を開発したり、皇帝の椅子に座って部下を呼びつけて新施設を建設したりするなど、キャラクターではなく帝国全体を育てていくという感覚は『ロマサガ2』ならではのものだと思います。

『ロマンシング サガ2』
▲城の隅にあるので、意外と忘れやすい武具開発。しっかり開発しておくと便利なので、イベントを終えるごとにのぞきにいきましょう。
『ロマンシング サガ2』
▲椅子に座ることで、新しい施設をひらめくことも。開発には資金が必要ですが、施設は優先的に建てておきたいですね。
『ロマンシング サガ2』
▲ちなみに、新施設である“アバロンの園”を建てると帝国内の収入が増加します。
『ロマンシング サガ2』
『ロマンシング サガ2』
▲最初から存在する施設としては、城の右上にある“技道場”が重要です。ここには覚えた技や見切りが登録されているので、代替わりした時やボスに挑む前に技を整理することができます。

 帝国を発展させて打倒七英雄! そんな『ロマサガ2』を手のひらに収まるサイズで楽しめる本作。

 ユーザーインターフェイスやメニュー画面はスマホ用に洗練させて遊びやすく、それでいてオリジナル版のイメージをいっさい損なわないようドット絵を生かした本作は、純粋な移植でもリメイクでもないのに、魅力が増幅されている不思議な作品だと思います。

 PS Vita版はまだ未体験ですが、少なくともスマホ版は、昔『ロマサガ2』を遊んだ人にもこれから遊ぶ人にもオススメであると、自信を持って断言できます。

 今遊んでも古臭くない……かどうかは自分が今の若者ではないのでわかりませんが、個人的には『ロマサガ2』を遊んでいない人たちにこそ、遊んで欲しいです。往年の名作が、なぜ名作と呼ばれるのかがわかることでしょう。

 もちろん、自分はオリジナル版を何周もプレイ済みなので、配信されたら新要素も含めて、ガッツリと遊んでみたいと思います!

(C) 1993,2010,2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.Planned & Developed by ArtePiazza

関連記事

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。