総合 > 電撃App > 記事一覧 > 『ホシリベ』1周年記念ボイスドラマが配信中! もう1つの希望は大切な人を守れるのか
2016-04-02 16:30

『ホシリベ』1周年記念ボイスドラマが配信中! もう1つの希望は大切な人を守れるのか

文:きっしー

 スマートフォン向けストラテジーRPG『輝星のリベリオン(ホシリベ)』の正式サービス1周年を記念して制作された、Web限定のオリジナルボイスドラマ“『輝星のリベリオン』~もう一つの希望~”が公開されています!

『輝星のリベリオン(ホシリベ)』

●あらすじ&登場人物

 今回のボイスドラマは、名もなき小さな村が魔物に襲撃されたことで、ある若者に眠っていた不思議な力が覚醒し、戦いを繰り広げるという本編のスピンオフとなる物語。オリジナルキャラの活躍を描いている物語なので、ゲームをプレイしていない人でも楽しめる内容です。出演者など気になると思いますが、まずは聴いてみてください!

●Web限定ボイスドラマ“『輝星のリベリオン』~もう一つの希望~”

リオン

『輝星のリベリオン(ホシリベ)』

 魔物侵攻により両親を亡くした少年。当時非力だった自分をせめていて、実力を付けるために毎日鍛錬している。孤独の身で、現在は幼馴染のシエルの家で暮らしている。

シエル

『輝星のリベリオン(ホシリベ)』

 リオンとは幼馴染で、両親と一緒に城下町でパン屋を営んでいる。両親をなくしたリオンをいつも気づかっており、兄弟のように思っている。気弱な性格だが、リオンに対しては強い口調でつっこむこともある、しっかりした少女。

ショコラ

『輝星のリベリオン(ホシリベ)』

 魔物侵攻により、両親をなくし、施設で過ごしている少女。リオンとシエルと同じ学校に通っている。明るい性格で、つらい過去を乗り越えようとしている。

アルザス

『輝星のリベリオン(ホシリベ)』

 リオンの友人で、父の後を継いで騎士団の一員になった。騎士らしい正義感を持っているが、固い性格でもある。

カノン

『輝星のリベリオン(ホシリベ)』

 リオンとシエルの幼馴染で、みんなのお姉さん的な存在。城下町で宿屋を母と一緒に営んでいて、城下町で評判の料理の腕前を持つ。かわいくて小さいものに目がない。

アイギス

『輝星のリベリオン(ホシリベ)』

 ドきつい性格とは裏腹に、可愛らしい幼女の姿をしている英雄。その口の悪さと比例して、とてつもない力を持っているらしいが、謎に包まれている。

『ホシリベ』1周年記念で実現した特別企画

 ボイスドラマ“『輝星のリベリオン』~もう一つの希望~”を聴いてみた感想はいかがでしょうか? 「演技があまい」などの感想を持たれた方もいるかもしれません。実は、本企画は、ダンクハーツがゲーム業界やアニメ業界を志す学生たちに『ホシリベ』を素材として提供し、オリジナルボイスドラマを作ってもらおうという趣旨で実現した特別企画なのです。

 今回のボイスドラマは、代々木アニメーション学院の生徒が制作しており、登場キャラクターやストーリー、脚本などはすべてダンクハーツの監修を受けた公式作品となっております。ボイスドラマに出演された声優志望のみなさん、音響スタッフにゲームメーカー監修で作品を作る過程で、苦労した点などを聞いてみました。将来ゲーム業界、アニメ業界を志望されている学生さんもぜひご覧ください。なお、電撃オンラインのみょんがウェネト(電撃コラボキャラ)に続いて、アイギスを担当させていただきました。

●代々木アニメーション学院の制作スタッフインタビュー

◆リオン/浅木俊之

『輝星のリベリオン(ホシリベ)』

――リオンの特徴

 僕が演じさせていただいたリオンは、魔物を憎み、少し斜に構えたところが目立ちますが、いざという時には仲間を思う優しさを持っている少年です。実は年相応にシャイだったりするんです(笑)。

――リオンを演じてみた感想

 リオンは過去にさまざまな出来事があったことから、精神が少し同世代より成長しているのですが、感情表現が豊かな少年でした。優しいなと思ったら急に冷静になったり、かと思ったら感情的になったりと、演じていて難しいところもありましたが楽しかったです。

――このドラマの見どころ

 ゲーム内で1タップで発動する“英雄召喚”などのシステムが、ボイスドラマでもちゃんと再現されていますので、新鮮に感じていただけると思います。ストーリーがテンポよく進みますので、どのシーンも見逃せません! ストーリー全体を通じて各キャラの魅力が伝わっていただけたなら嬉しいです。

◆シエル/山本衣織

『輝星のリベリオン(ホシリベ)』

――シエルの特徴

 シエルは、おっとりとした心の優しい女の子なんですけど、リオンに対してはいつも全力投球。ついつい世話をやいてしまったり、ほんの些細な変化も気になってしまうんです。でも、リオンに何もしてあげられないという気持ちが強いジレンマになっていて……。いじらしい女の子です。

――シエルを演じてみた感想

 シエルはストレートに感情を出しちゃうタイプなので、演じていて楽しくもあり、大変でもありました。特にリオンに対しての感情には、シエルのキャラクター性が顕著にあらわれるので試行錯誤の繰り返しでした。

――このドラマの見どころ

 個人的に思い入れのあるシーンはたくさんありますが、特に注目してほしいのは後半の戦闘シーンです。派手なので、聴いていて楽しいです。そして、アイギスちゃんのかわいさは必聴です!

◆ショコラ/松井優

『輝星のリベリオン(ホシリベ)』

――ショコラの特徴

 可愛いだけではなく、ちゃんと芯が通っている強い女の子です。辛い過去を背負いながらも明るく元気なムードメーカーで、みんなのマスコットキャラのような存在です。

――ショコラを演じてみた感想

 声優としてお仕事をするのが初めてだったので、とにかく緊張しました。普段の元気モードと戦闘モードの切り替えが難しかったです。かなり苦戦しましたが楽しんで収録することができました。

――このドラマの見どころ

 見どころはたくさんありますが、一番はリオンとショコラの模擬戦のシーンです! いつもは明るくて元気なショコラが、戦闘時はガラッと雰囲気が変わってカッコよくなるんです! ほのぼのとした日常のシーンでは、みんなの仲のよさが伝わると嬉しく思います。

◆アルザス/長瀬 業

『輝星のリベリオン(ホシリベ)』

――アルザスの特徴

 リオンにとって数少ない(であろう)男友達であり、頼り甲斐のあるマジメな青年です!

――アルザスを演じてみた感想

 リオンと出会うシーンがかなり緊迫した状況なので、うろたえたり困惑するのですが、“頼り甲斐のある正義漢がうろたえる”という雰囲気を感じてもらいたいので、そこが大変でした。自分は物腰柔らかく喋るタイプなので、アルザスの“誰かを守るためにしっかり構えている”姿勢は、演じていて楽しかったです。

――このドラマの見どころ

 この話の中で唯一、キャラが命を落とすシーンがあります。そこで感極まって頂けたら幸せです。

◆カノン/内田チョビ

『輝星のリベリオン(ホシリベ)』

――カノンの特徴

 カノンはグループの最年長で、面倒見のいい姐さんタイプです! 宿屋の女将で、落ち着きのあるセクシーなお姉さんだけど、可愛いものが大好きだったりお料理が上手だったりと、女の子らしい一面があります。そして、おっぱいがでかい(笑)。

――カノンを演じてみた感想

 私もキャスト内で最年長だったので、カノンと立ち位置が似ていてやりやすかったです! シンクロしすぎて、休憩中にカノン口調になってしまったことも(笑)。ボイスドラマの経験は浅かったので、吹き替えとはまた違うキャッチボール感がとても勉強になりました!

――このドラマの見どころ

 この作品はオーディションに合格してから合格者の声をもとに設定と絵が作られました。つまり声から作られた完全なる内田チョビのキャラクターなのです! リベリオンの世界観をお借りして、作家さん、イラストレーターさんと一緒にキャストもたくさん意見を言わせていただいて、みんなでゼロから作り上げた作品です! 本編との絡むかもしれませんので、今後もご期待下さい♪

◆ナレーション/片葉翔子

『輝星のリベリオン(ホシリベ)』

――演じてみた感想

 私は物語の始まり、そして終わりを彩るナレーションを担当させていただきました。世界観がすでに確立されている作品なので、雰囲気を壊す事のないように、そして新しい物語に興味を持ってもらえるように精いっぱい頑張りました。冒頭のナレーションがよくないと、せっかくのドラマが台なしになってしまうのでは……というプレッシャーもありましたが、参加できてとても楽しかったです。

――このドラマの見どころ

 個性的なキャラクターとキャストの情熱です。これからさらに物語が広がっていく事が感じられるので、『ホシリベ』ファンの皆様にもいろいろな想像をしていただけるのではないかなと思います。ゲームもボイスドラマもあわせて楽しんでいただけると嬉しいです。

◆音響/高橋 心

――今回のボイスドラマ制作で楽しかった点、苦労した点

 全てが初めての経験だったので何もかもが楽しかったです。シナリオライターの方と一緒にいろいろと考えるのも、そしてそれを声優の方々とともに形にしていくにのもものすごく楽しかったです。一番苦労したのはやはり、関わっている皆さんに納得してもらえるクオリティに仕上げることです。演出や効果音などを、シナリオライターやこの作品の制作者全員のOKが出ない限り前に進めないので、初めての経験だった僕にとってはハードルは高く、一番の苦労でしたね。

――ボイスドラマの見どころ

 今回のボイスドラマの最大の見どころは、ストーリーです。“ザ・王道”といった感じの内容でとても分かりやすく、原作のゲームをやっていない方でも気軽に楽しめると思います。アイギスのキャラクターにも注目して欲しいですね、シナリオライターの方とキャラクターデザインの方がとてもこだわっていたので、素晴らしい出来になっているはずです。これをきっかけにゲームの方もプレイしていただいて、あらためてボイスドラマを聞いていただけると、もっと楽しめるのかな、と思います。

◆音響/村松 直樹

――今回のボイスドラマ制作で楽しかった点、苦労した点

 僕はミキサーエンジニアとして参加させていただきました。学院以外の方の声を収録するのは初めてで、普段収録しているときよりも音圧を出されていたので、最初はその差に慣れるのに苦労しました。いい音量で割れないように……を心がけて収録させていただきました。

――ボイスドラマの見どころ

 物語序盤の戦闘シーンもこだわっているので、楽しんでもらいたいです。みょんさん演じるアイギスはシナリオライターさんも納得するほどの可愛さになっています。その魅力を感じてほしいです。

『ホシリベ』1周年記念スペシャルファンディスクが発売中!

 1周年を迎えることができた『ホシリベ』のユーザーさまに感謝の気持ちを込めてお届けする、特典アイテム付きのスペシャルファンディスクです。ミンティー役の今井麻美さん、ルーナ役の喜多村英梨さん、ココロ役の大坪由佳さんによるボイスドラマ、ココロが歌う新テーマソング『REBELLION RISING』、ゲームミュージック全14曲を収録。

『輝星のリベリオン(ホシリベ)』

 さらに、CD購入特典として“レア召喚メダル×5個”を入手できるシリアルコードが付属されています。このメダルは、ゲーム内イベントなどの報酬として獲得できる特別なアイテムです。レアメダル召喚を行うことで、☆3~5のユニットを獲得できるので、一気に戦力を強化できるかも!?

 スペシャルファンディスクは数量限定生産で、残りわずかです。この機会にぜひゲットしてください!

 CDに収録されているヒロインたちのセクシーイラストをちょっとだけ公開中です⇒『ホシリベ』の新テーマソングやボイスドラマ、BGMを収録したファンディスクが発売中!

データ

▼『輝星のリベリオン』スペシャルファンディスク
■プロデュース:アスキー・メディアワークス
■発行:株式会社KADOKAWA
■仕様:CD1枚+シリアルコード
■発売日:2016年3月26日予定
■価格:2,000円+税
 
■『輝星のリベリオン』スペシャルファンディスクの購入はこちら
電撃屋

関連サイト

アクセスランキング(過去1週間)

  1. 1

    『FGO』12月に実施予定のアップデート情報が公開。すべてのサポートを一覧表示する機能が追加

  2. 2

    『FGO』星4ルーラー“ケツァル・コアトル〔サンバ/サンタ〕”が公開

  3. 3

    【ぶくスタ第33回】意外な2ユニットの合同ライブの顛末は……!?

  4. 4

    『オルサガ』新15UR“堕天使 マリエル(声優:堀江由衣)”のイラスト&情報を独占公開。新機能の報酬で登場

  5. 5

    【スパクロ】ソウルゲイン、ヴァイサーガの機体性能を評価(#396)

  6. 6

    『モンスト』と“築地銀だこ”がコラボ。“銀だこオラゴン”を運極にすると抽選でたこ焼きが当たる!?

  7. 7

    【スパクロ】Bキングジェイダー、FニルヴァーシュSpec2を評価(#397)

  8. 8

    『グラブル』ロザミア、フーちゃんなど対象のキャラ解放武器が12月3日19時より出現率アップ

  9. 9

    『FGO』始皇帝、虞美人、赤兎馬のピックアップ召喚が開催

  10. 10

    『オルサガ』3部完結記念で聖王石100個もらえる! 新章『オルタンシア・サーガ ゼロ(仮称)』の情報も公開

[集計期間:12月03日~12月09日]

ページ
トップへ