News

2016年3月16日(水)

大胆予想! VRとARが2025年までに実現する未来とは?【GDC2016】

文:電撃PlayStation

 現在アメリカ・サンフランシスコで開催中の“Game Developers Conference 2016(GDC2016)”。その初日となる現地時間3月14日に、VR(Virtual Reality 仮想現実)とAR(Augmented Reality 拡張現実)をテーマにしたユニークな講演“40 predictions for VR/AR through 2025”が行われた。

『GDC2016』
▲講演を行ったのはSCHELL GAMESのJesse Schell氏。

 ゲーム業界のみならず、社会的に大きな注目を集めているVR/AR技術。本講演では、2025年までに社会で起きるであろうVRとARに関する約40個のトピックを予想している。

VRの普及からゲーム・社会における影響までJesse Schell氏が大胆予想!

予想1:2016年を皮切りに、VRヘッドセットのマーケットは永続的に形成される

予想2:2017年の終わりまでに、ゲーム用ヘッドセットは800万台売れる

『GDC2016』

予想3:ゲーマーヘッドセットの4倍モバイルヘッドセットが普及する

予想4:ヘッドセットのセールスは飽和するまで、年ごとに倍に増えていく

『GDC2016』

予想5:“CES 2017(世界最大級の家電見本市)”では、50種類ものヘッドセットが登場する

『GDC2016』

予想6:ソニーがヘッドセット販売1000万台を達成すると、マイクロソフトがXbox One用のヘッドセットを発表する(おそらくE3 2018頃)

予想7:2022年までに、VRの主流は持ち運び可能な、独立式VRシステム(※スマホではない)になる。

予想8:2017年までにVRの非対称パーティゲーム(※VRヘッドセットを装着するプレイヤーとしないプレイヤーに分かれる)がトップ10入りを果たす。

『GDC2016』

予想9:『マッデン 2018』のVRエディションが登場する

『GDC2016』

予想10:2018年の終わりまでに、VRが中心となった新しいゲームジャンルが登場する

『GDC2016』

予想11:2017年の終わりまでに、少なくとも1つの大規模VRシューターをメディアがやり玉に挙げる

『GDC2016』

予想12:2017年の終わりまでに、VR中毒者のニュースがたびたび報じられるようになる

『GDC2016』

予想13:2018年の終わりまでに、少なくとも3つはVRの恐怖を題材にした映画が登場する

『GDC2016』

予想14:VRを利用したホームムービーは、2025年までにもっとも楽しい娯楽の1つになる

『GDC2016』

予想15:VR映画で最初にメジャーな賞を獲得するのはドキュメンタリー映画

予想16:VRポルノは2020年までに全世界で10億ドル産業になる

『GDC2016』

予想17:2020年までに少なくとも10個のリアリティ番組がVRで楽しめる

予想18:ダンテの『神曲』がVRのストーリーテリングの成功例となる

予想19:2018年の終わりまでにコムキャスト(米ケーブルテレビ会社)がVRチャンネルを開設する

予想20:VR長編映画が作られるために、VRは社会的地位を獲得する必要があるが、それは2025年までに達成される

予想21:2025年までに、VRでの社会体験(social experiences)がVR体験の主流になる

『GDC2016』

予想22:2018年までに、ダンスゲームがVRゲームのトップ10入りを果たす

予想23:2025年までに、VR/ARでのボードゲーム市場規模が1億ドル規模になる

『GDC2016』

予想24:2020年までに、VRのMMOで登録者数100万人を突破するタイトルが登場する

予想25:2018年の終わりまでに、既存のものとは異なる、優れたVRのソーシャルプラットフォームが登場する

予想26:2018年までに、VRでの感情表現はとてもポピュラーになり、

予想27:2017年までに、アメリカのすべての州にVRアトラクションが登場する

『GDC2016』

予想28:2016年までに、全世界で少なくとも20のVRコースターが登場する

『GDC2016』

予想29:ARグラスを使ったボウリングが2025年までに実現する

『GDC2016』

予想30:2025年までに、ARのマーケットはVrvanaやGoogle Tangoのような“ビデオAR”システムが支配する

予想31:TVと同期されたAR体験が実現する

『GDC2016』

予想32:2025年までに、ARを用いた講義が一般的になる

予想33:2025年までに、子どもたちが自宅でARファントムとの追いかけっこをするようになる

『GDC2016』

予想34:2018年までに、ゲーマーはフレーム幅が狭いメガネかコンタクトを着用するようになる

予想35:2020年までに、超ハードゲーマーは専用のレンズを持つようになる

予想36:2018年までに、アイトラッキングを実装したVRヘッドセットが登場する

予想37:2020年までに中心窩適応レンダリング(※ユーザー視線の中心部分のみ高解像度で描画するシステム)が登場し、2025年までに実用化される

『GDC2016』

予想38:2025年までに、VRシステムは有線でなくなる

予想39:2020年までに、VRやARを用いたなりきり小道具が一般的になる

『GDC2016』

 現実的な予想から少し夢のある(?)予想まで、今後VRがどのように発展するか本予想とともに注目していきたい。

関連記事

関連サイト

電撃PlayStation

最新号紹介

  • 電撃PlayStation Vol.642

    電撃PlayStation Vol.642表紙画像

    2017年7月13日発売
    特別定価:694円+税

    【表紙】よるのないくに2
    【付録冊子】ハコニワカンパニワークス
    【PS EXTRA】グランツーリスモSPORT
    【特集1】RPG2017 SUMMER
     DQXI / FFXIV / FFXII / 閃の軌跡III
     よるのないくに2 / 塔亰Clanpool / PSO2
    【特集2】アクティビジョン特集
     Destiny 2 / CoD WWII
    【電撃特報】ネプテューヌVIIR
     限界凸城 キャッスルパンツァーズ
     ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団
    【SUPER PUSH】真・三國無双8
     KNACK ふたりの英雄と古代兵団
     リトルウィッチアカデミア
     ファイプロ ワールド / The Lost Child
     巨影都市 / ブルリフ / オメガラビリンスZ
     AW VS SAO / SAO HR ほか
    【ONLINE】LET IT DIE / FFXI / DDON
    【コード付録】DDON / MHF-Z

    >> 詳細はこちら