News

2016年5月10日(火)

【電撃PS】『FFXI』の思い出語りに必携の記念冊子! “ヴァナ・ディール冒険録 ~我が青春の14年~”をチェック

文:電撃PlayStation

 この5月で14周年を迎える、スクウェア・エニックスのMMORPG『FINAL FANTASY XI(ファイナルファンタジーXI)』。サービス開始時に結成した電撃の旅団は今もなお、電撃PlayStationにて『FFXI』の攻略記事を掲載中!

『電撃PlayStation』

 そして、5月12日発売の電撃PlayStation Vol.614では、『FFXI』の14周年を記念した特別付録を制作。その名も“ファイナルファンタジーXI 電撃の旅団 編 ヴァナ・ディール冒険録 ~我が青春の14年~”! 『FFXI』のなつかしいアレやコレを全24ページにギュギュっと凝縮! ここでは、その内容をちょっとだけお見せします。

全24ページ! 大ボリュームの特別付録!

『電撃PlayStation』

団長:みなさんこんにちは! 電撃PSにて『FFXI』の攻略記事をお届けしております、電撃の旅団の団長(Peaberry)です! 以前にもお知らせしましたが、5月12日発売の電プレVol.614には、『FFXI』の14周年を記念した特別付録がついてきます。

 オフ会などで「そろそろ『FFXI』の思い出を語ろうか……」なんてこともあると思いますが、この歳になると14年もの記憶を1つ1つ思い出していくのも一苦労。そんなときに思い出すきっかけになるものがあれば、芋づる式で思い出せるはず! という感じで、『FFXI』で遊んでいる、遊んでいた仲間たちと昔を懐かしむ際に使える1冊を目指して制作しました! 「こんなこともあったよね~」と盛り上がること請け合いの懐かしいネタが満載で、引退して今はプレイしていない人でも楽しめる内容になっています!

『電撃PlayStation』

Haruhi:ちなみに5月13日~5月23日までウェルカムバックキャンペーンも行われていて、以前に『FFXI』をプレイしていた人なら無料で遊べるので、この付録を見てヴァナ・ディールが懐かしくなった人は帰郷してみるのもいいかもしれません。同じように戻ってきたフレンドさんにも会えるかも!?

『電撃PlayStation』

電撃の旅団ならではの視点でふり返る『FFXI』の14年

『電撃PlayStation』

 それでは、“ヴァナ・ディール冒険録”の内容をちょっとだけ紹介しましょう! まずは14年の歩みですが、ここでは冒険者の間で盛り上がったネタを中心に、ヴァナ・ディールの14年をふり返っています。古参の冒険者なら、“ミスリルマラソン”や“峠のTaisai”など、キーワードだけでも懐かしくなれるのでは!?

『電撃PlayStation』
『電撃PlayStation』
▲冒険者の間で流行った話題が中心なので、思い出を語るのに最適!

新体制で目指すヴァナ・ディールの未来

『電撃PlayStation』

 開発チームのキーパーソンとなるおふたりにも、この14年の思い出を聞いてきました。もちろんそれだけではなく、新しくなった開発体制で、今後の『FFXI』が目指すところなども聞いております。

『電撃PlayStation』
▲拡張データディスクごとの思い出や、新たな開発体制での意気込みなどを語っていただきました。

あの“きまぐれ旅団パラダイス”が帰ってきた!

『電撃PlayStation』

 久々のきまぐれ旅団パラダイスです! 編集長のUriも帰ってきました! 何もしないで帰っていったけど! それはさておき、パラダイスはパラダイスですが内容は超充実してますよ! まず、“ヴァナ・ディールコレクション 2002-2016”と称しまして、冒険者の間で流行った装備品を時代ごとにピックアップしながら14年をふり返っています。「あのころは、みんなこんな装備してたなー!」といった感じで懐かしんでもらえればうれしいです。

『電撃PlayStation』
▲この14年間、さまざまな流行がありました。装備品1つにいろんな思い出がつまっている冒険者も多いはず。
『電撃PlayStation』

 そして、総勢60名の電撃の旅団メンバー(+α)および『FFXI』関係者のコメント集! 14周年記念ということで、部署が変わった人やもう編集部に在籍してない人にも片っぱしから連絡しまくってコメントを集めました。さらに! これまで『FFXI』に関わってきたスタッフの方々からもコメントをいただいてきました。『FFXI』現開発メンバーをはじめ、歴代プロデューサー&ディレクター、サウンドスタッフ、広報担当、イラストレーターの皆川史生さん、といった豪華メンバーからのコメントは必見です!

『電撃PlayStation』
▲旅団本などで見慣れた旅団員コメントもこれだけ集まると壮観!

事実は小説より奇なり!『FFXI』に関するユーザーアンケート結果!

『電撃PlayStation』

 みなさま、アンケートへのご協力、本当にありがとうございました! 応募総数は227件と、予想をはるかに超える数に驚いています。内容もおもしろいものばかりで、旅団では味わえなかったさまざまな体験談を目の当たりにし、編集部では「同じ『FFXI』をやっていたとは思えない」などの感想が飛び交っておりました……。

 ページが許すなら全部掲載したかったくらいなんですが、とても載せきれないため編集部でピックアップしたものを掲載させて頂いております。また、一部修正しているところもありますのでご了承くださいませ。

『電撃PlayStation』
▲事実は小説より奇なりとは、まさにこのこと!

(C) 2002-2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

データ

▼『電撃PlayStaton Vol.614』
■プロデュース:アスキー・メディアワークス
■発行:株式会社KADOKAWA
■発売日:2016年5月12日
■定価:694円+税
 
■『電撃PlayStation Vol.614』の購入はこちら
Amazon.co.jp

関連サイト

電撃PlayStation

最新号紹介

  • 電撃PlayStation Vol.674

    電撃PlayStation Vol.674表紙画像

    [ 5月号 ] 2019年3月28日発売
    特別定価:880円+税

    【表紙&冊子付録】
     SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE
    【毎号付録】デンプレコミック #28
    【Visual Gallery】岸田メルの世界
    【特集企画】『戦国無双』シリーズ15周年
     クリエイターに聞く忘れられないPS4ゲーム
     歌広場淳×ふ~どの格闘ゲーマー座談会
    【POWER PUSH】イースⅨ / 閃の軌跡Ⅳ
     SAO FB / 勇者ネプテューヌ
    【電撃特報】
     ガレリアの地下迷宮と魔女ノ旅団
     殺人探偵ジャック・ザ・リッパー
    【MONTHLY DEEP】Days Gone
     EDF:IRON RAIN / ラングリッサーⅠ&Ⅱ
     スターリンク バトル・フォー・アトラス
     コール・オブ・クトゥルフ ほか
    【BRAND NEW】進撃の巨人2 -Final Battle-
     デート・ア・ライブ 蓮ディストピア
     アライアンス・アライブ / PixARK
     GRANBLUE FANTASY Versus
    【話題作】ルルアのアトリエ
     スパロボT / LoveR(ラヴアール)
    【Online Game】PSO2 / Anthem
     バトオペ2 / FFXIV / FFXI
    【コード付録】戦国無双シリーズ
     ルルアのアトリエ / LoveR(ラヴアール)
     エンゲージプリンセス / DDON / MHF-Z

    >> 詳細はこちら