News

2016年6月3日(金)

生駒里奈さん主演の映画『コープスパーティー Book of Shadows』会見レポ。欅坂46の石森虹花さんが新たに出演

文:電撃オンライン

 7月30日より全国で順次公開される映画『コープスパーティー Book of Shadows』にて、予告編試写上映&出演登壇の記者会見が6月1日に実施された。

『コープスパーティー Book of Shadows』

 映画『コープスパーティー Book of Shadows』は、2015年夏に公開され、スマッシュヒットを記録した『コープスパーティー』の続編。乃木坂46・生駒里奈さんが再び主演している。

 記者会見では、本作の重要なキャラクターである“篠崎ひのえ”役に乃木坂46の後輩グループ・欅坂46から石森虹花さんが出演することが発表。公開にあわせて、本人が登壇した。

 以下で生駒さんと石森さんのコメントを掲載する。

●生駒里奈さんのコメント

『コープスパーティー Book of Shadows』

 「続編をやります」と聞いた時、今の私のレベルではみなさんに追いつかないと思い、これやばいと。舞台を経験している乃木坂46のメンバーやスタッフさんに頼んで、自分なりにワークショップに参加したりしました。

 前作より自分の中で準備をして挑めたかなあと思います。しかし共演者のみなさんの演技がすごくて、撮影後、みなさんをまた尊敬して帰って来ました。

 (石森さんに)アドバイスできるほど、私は先輩ではないので、私も“続編”というのを聞いた時に、すごく不安しかなかったのです。(前作の時の)自分の時のことを思い出して、何事も引いていてはいけないなと伝えました。

 映画撮影ではいつも音声の関係上マイクをつけるのですが、石森さんがマイクをつけることを手こずっていて、現場がまだはじめてなんだなあというのが伝わって、私と私のマネージャーさんと二人がかりでマイクをつけてあげたことがあり、キュンとしました。

 そして前田さん、池岡さんと続編もご一緒できて、久しぶりにあえて、単純にうれしかったです。前回よりもすごく仲よく和気藹々と撮影ができたと思います。ホラー映画なのに、待機時間は青春映画を撮っているように過ごしていました。

 クランクインの当日の朝、車がみんなと一緒だったのですが、現場に着いた時に、「久しぶりに帰ってきた」と言いながら、車を降りたことを思い出します。

 予告編、約1分間の上映でしたが、緊張がだんだんワクワクに変わっていきました。今は、撮影した期間のことを思い出しています。もう6月になって、公開までもう数カ月ということで、日に日に、7月30日が近づくごとにドキドキしています。こんなに素晴らしい方や監督さんと作品が作れたこと、本当にうれしく思います。今年の夏は、どのホラー映画よりも『コープスパーティー Book Of Shadows』を見てください!

●石森虹花さんのコメント

『コープスパーティー Book of Shadows』

 初出演の映画だったので、決まった時はすごくうれしかったのですが、終始緊張していました。撮影が始まってからも、待っている時間まで緊張していたのですが、大先輩の生駒里奈ちゃんをはじめとする出演者のみなさんが優しくしてくださり、アドバイスをくださったりしたので、すごく安心して撮影に臨むことができました。すごく楽しかったです。

 ホラー映画は苦手で、今までまともに見てきたことがなかったのですが、この出演が決まって、前作の『コープスパーティー』を見せていただいて、目を開けてみていられなかったので、本当に私はこの映画に出れるのだろうかと不安がいっぱいあったのですが、いざクランクインしてみたら、すごく現場が明るくてあたたかくて、出演者のみなさんが声かけて話してくださったので、どうにか頑張って撮影を終えることができました。

 すごくいい映画になっていると思います。ぜひぜひみなさん多くの人に見てほしいです。

(C)2016 Team GrisGris / MAGES. / 5pb. /映画「コープスパーティー Book of Shadows」製作委員会

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。