総合 > 電撃App > 記事一覧 > 『オルタナティブガールズ』βテストの感想&システムまとめ。VRゴーグルの読プレも!
2016-07-07 19:30

『オルタナティブガールズ』βテストの感想&システムまとめ。VRゴーグルの読プレも!

文:ユート

 サイバーエージェントから2016年7月配信予定のiOS/Android用アプリ『オルタナティブガールズ』。6月22日~28日に行われたクローズドベータテスト(βテスト)の感想をお届けします。

『オルタナティブガールズ』

オルタナたちの言動がとにかくかわいい!

 βテストでプレイできたのは、メインストーリーの第2章まで。登場人物の1人・雪城若菜を救い出そうとするプロローグを皮切りに、『オルタナティブガールズ』の物語が幕を開けます。

 一部のシーンは“PV第2弾~ストーリー編~”に収録されているので、まだ観ていない方はぜひチェックしてください。

●動画:『オルタナティブガールズ』PV第2弾~ストーリー編~

『オルタナティブガールズ』
『オルタナティブガールズ』

 プロローグが終わると時間が1カ月前に巻き戻り、主人公が妃十三学園(ひとみがくえん)に着任する場面へ。悠木美弥花や真野桜子といったオルタナ(特別な力を持つ少女)たちに迎えられ、ここからキャプテンとしての生活が始まります。

 まるで決戦直前を思わせるプロローグのシーンまでに、主人公やオルタナたちはいったいどんな道を歩むのか? そして、皆の前から姿を消した若菜の運命は?

『オルタナティブガールズ』

 と、ややシリアス気味に書いてみましたが、本格的にゲームが始まってしまえば意外と平穏。正統派少女系から元気っ子、大阪弁、クール、ツンデレ、不思議ちゃんなど、個性的なオルタナたちとの楽しい日々が待っています。

 公式サイトでオルタナたちのプロフィールを把握していたものの、実際にふれあってみると新たな発見ばかり。「へー、こんなこと言うんだ」、「こんなポーズ取るんだ(ニヤニヤ)」という場面が多々ありました。

 中でも印象に残ったメンバーは2人。織宮結衣には「うわ、いろいろとダメな子だ!(笑)」、柊つむぎには「媚びまくりやけどカワイイな、くそっ!」と感じたので、配信が開始された際にはぜひ注目してもらいたいです。

『オルタナティブガールズ』
『オルタナティブガールズ』

 本作は、ガチャやクエストで洋服を手に入れると対象のオルタナがメンバーとして加わり、以降は“交流”によってオルタナごとの“メンバーストーリー”が見られたり、“トレーニング”で親密度を高めたりできる仕組みです。

 各オルタナの洋服は“メインクエスト”を少し進めると手に入ったので、「ガチャを引かないと全員がそろわない!」なんてことはなさそうです。

 メンバーストーリーは、親密度に応じて開放される“エピソード”とレアリティの高い洋服とセットになった“思い出”があり、現在と過去の両方からオルタナたちの内面に迫れました。

『オルタナティブガールズ』
▲思い出付きの洋服はガチャ限定のものが多いようですが、それだけに内容も凝っています!

 ここで忘れてはいけないのがVR機能! 特定のメンバーストーリーはVRモード対応で、スマホの動きにあわせて視点が変わります。また、VRゴーグルを使うことでものすごい臨場感を得られますが、ゴーグルがなくてもきちんと観られます。

 これは本当に。本っ当に、一度体験してみてほしいです! 女の子が目の前に“いる”感覚と『オルタナティブガールズ』の世界に入り込んだ感覚に、感動すること請け合いです。

『オルタナティブガールズ』
▲画面をフリックして視点を変える“スワイプモード”も搭載。手軽に視点が変えられるので、外出先でのイベント鑑賞に役立ちそうです。

 他にも、“ラウンジ(ホーム画面)”で女の子をタッチして反応を楽しんだり、お気に入りのオルタナを選んでラウンジに登場させたりする機能も搭載。

 ラウンジから“交流”→“着替え”という順に選択してくと、これまでに手に入れた洋服を自由に着せ替えでき、ズームと角度変更でじっくりとその姿を堪能できちゃいます。

 ストーリーにVRモード、タッチ機能、着せ替え……さまざまな角度からオルタナたちの魅力を実感できるので、どの子も皆さんの期待に応えてくれると思います!

『オルタナティブガールズ』
▲ラウンジでの1枚。左右を見渡せば、テレビを見ながらくつろぐ子がいたりもします。ちなみにラウンジもVRモードに対応する予定だとか!
『オルタナティブガールズ』
▲お気に入りの洋服を着せて、さまざまな角度からじっくり鑑賞できます。

バトルはコマンド選択型。倍速&オート機能も完備

 メインシナリオは“クエスト”に沿って進行。クエストは複数のステージによって構成された章仕立てで、さらに各章が前後編などに区切られています。前編の全ステージをクリアすれば、後編が開放されるという仕組みです。

 ステージには会話パートの“ストーリー”と敵と戦闘する“バトル”の2種類があり、前者は開放されれば無条件で見られますが、後者を選ぶにはスタミナが必要です。

『オルタナティブガールズ』

 バトルシステムはRPGでなじみ深いコマンド選択型。メンバーごとに行動順が定められ、味方メンバーのターンが来たら“攻撃”または“スキル(固有のスキル名が表示されます)”のコマンドを選んで戦います。

 チームは最大4人のメンバーで編成可能。自分の手持ちメンバー3人+他プレイヤーのリーダーキャラ1人という構成でも挑戦できます。

 勝敗を大きくわけるのが“属性によって有利不利がある”という点。各メンバーには属性が設定されており、有利属性の敵を狙うのがとにかく重要です。

 また、“スキルは一定ターン経過しないと使用できない”、“行動順は素早さに応じて決まる”といったルールによって、シンプルながらも戦術性は十分。

『オルタナティブガールズ』
▲行動の順番は画面下のアイコンで確認できます。

 バトル中は3Dキャラがよく動くので見ていて飽きませんし、敵を倒す順番などを考える余地もあり、ゲームとしてしっかりと楽しませてくれます。

 スキルも単体攻撃、攻撃+状態異常、全体攻撃、状態異常付与、回復、蘇生など種類が豊富です。メンバーごとに所有するスキルとリーダースキルが大きく異なるので、チーム編成をじっくり練る楽しさもあります。

 また、楽勝なバトルをオート機能と倍速機能でサクサククリアできるのも、個人的にポイントが高かったですね。

『オルタナティブガールズ』
『オルタナティブガールズ』
▲高レアリティのメンバーが使えるスキルは、ド派手で見応え抜群です。

 もちろんメンバーを育成して頼れる存在にしていくのも醍醐味。パラメータを強化する方法としては、レベルアップやアイテムの装備など以下の4種類があります。

【メンバーの強化方法】

・育成用のアイテムを使って経験値を獲得させる

・同じメンバーを使ってスキルのレベルを上げる

・サブメンバー枠にメンバーを設定する

・“チャームシール”を装備させる

 ちなみに、レベルの上限を引き上げる“限界突破”用のアイテムも、曜日クエストで手に入ります。同じメンバーを何枚も集める必要がないので、育成はかなりお手軽なはず。

 スマホアプリならではの手軽なキャラ育成と、慣れ親しんでいるものの飽きがこないコマンドバトルの楽しさがしっかりと融合していて、率直に「これは思った以上に遊べそう!」と感じさせてくれました。

『オルタナティブガールズ』

“特訓場”や“ミッション”は報酬盛りだくさん

 “特訓場”では、他のキャプテンのチームと対戦することができます。相手側はCPU操作ではあるものの互いに愛を持って育て上げられたメンバーたち。最終的には、クエストでのバトル以上に白熱した攻防が繰り広げられそうな予感がします。

『オルタナティブガールズ』
▲オルタナたちの姿が正面から見られるのも“特訓場”の利点の1つ。また、対戦の結果に応じて“特訓場ガチャ”を引くためのメダルが手に入ります。

 “トレーニング”は放っておくだけでメンバーとの親密度が上がる便利な機能。トレーニング中のメンバーもクエストに連れていけるので、早く親密度を上げたい人はどんどん利用しましょう。

 なお、友だちのリーダーをクエストに同行させると“応援ポイント”が手に入り、これを消費すればトレーニング時間を短縮することができます。

『オルタナティブガールズ』
▲単純に絵面も愉快で結構気に入っています。

 “ミッション”を達成するなどのさまざまな方法で、ガチャチケットをはじめとした豪華アイテムが入手できるのもうれしいところ。

 また、ローディング中に表示される1コマ漫画にもいろいろなネタが用意されていて、新しいものを見るたびにクスッとしちゃいました。

『オルタナティブガールズ』
▲普段は見られないオルタナたちのあんな姿やこんな姿が見られる1コマ漫画。中にはこんなオマージュっぽいネタも(笑)。

 βテストの総評としては、オルタナたちのかわいらしさとゲームデザインの親切さにふれ「かなり期待できる作品かも!」と、素直に感じました。公式Twitterによると“7月中に配信予定らしい”とのことなので、続報を楽しみに待ちましょう!

『オルタナティブガールズ』特製VRゴーグルを5名にプレゼント!

 βテストのレポートにともない、サイバーエージェントから特製VRゴーグルを提供していただきました。応募者の中から抽選で5名にプレゼントしますので、ご希望の方は応募フォームに必要事項を記入のうえドシドシご応募ください! 応募の締切は2016年7月14日23:59です。

プレゼントに応募する

※応募はPC、スマートフォン、タブレット端末からお願いします。フィーチャーフォンには対応しておりません。

『オルタナティブガールズ』
▲キャラクターのイラストがあしらわれた特別仕様のVRゴーグル。簡単に組み立てられ、折りたためば場所もとりません。

■VRゴーグル仕様

【サイズ】高さ147mm、幅76mm、厚さ8mm

【対応端末】iPhone 5/ 5c/5s/6、iPod touch、Samsung Galaxy S5、LG Nexus 5、Sony Xperia Z3、Sharp AQOUS Zeta SH-01G

※カバーやケースを装着しているとみるゴーグルに装填できない場合があります。
※ゴーグルに装填できてもスマートフォンのハードウェア仕様やOSのバージョン等によって、アプリが動作しない場合があります。

データ

▼『オルタナティブガールズ2』
■メーカー:QualiArts
■対応端末:iOS
■ジャンル:RPG
■配信日:2016年7月20日
■価格:基本無料/アイテム課金
 
iOS『オルタナティブガールズ2』のダウンロードはこちら
▼『オルタナティブガールズ2』
■メーカー:QualiArts
■対応端末:Android
■ジャンル:RPG
■配信日:2016年7月20日
■価格:基本無料/アイテム課金
 
Android『オルタナティブガールズ2』のダウンロードはこちら

関連サイト

アクセスランキング(過去1週間)

  1. 1

    『シャドバ』第11弾アディショナルカード“舞い踊る刃・ディオネ”、“アンネローゼ”を独占先行公開

  2. 2

    『モンスト』×『遊戯王』コラボは2月15日開始。記念カードのデザイン公開

  3. 3

    『FGO』×『Fate/EXTRA CCC』コラボイベントが復刻決定。マナプリ交換に概念礼装“ベラ・リザ”が追加

  4. 4

    『ディスガイアRPG』キャラ人気投票“魔界闘一選挙”が本日スタート! 魔界最凶は誰!?

  5. 5

    アプリ『オーバーロード』事前登録者数が50万人突破。混沌石600個が配布決定

  6. 6

    『モンスト』×『遊戯王』海馬の“アルティメット・バーストを放つ”SSの威力に注目。杏子のステが公開

  7. 7

    『モンスト』×『遊戯王』遊戯のステ判明。神化は砲撃型威力の“全敵ロックオンレーザーL”持ち

  8. 8

    『モンスト』×『遊戯王』ミレニアム仕様の記念カードをドロー! ピールオフイベントの様子をお届け

  9. 9

    『グラブル』アルベールの最終上限解放で奥義ゲージを100%増加しアビリティを即時使用できる新アビが追加

  10. 10

    『にゃんこ大戦争』と『Fate/stay night HF』コラボが開始。超激レアキャラ“間桐桜”ら計4体が登場

[集計期間:02月13日~02月19日]

ページ
トップへ