News

2016年7月7日(木)

『装甲騎兵ボトムズ』が“VR ZONE”に登場。スコープドッグに乗ってロボットバトル!

文:たけのこ

 バンダイナムコエンターテインメントがプロジェクトの企画・プロデュースを行い、ナムコが施設運営を行う“VR ZONE Project i Can”(東京・台場)で、2つの新アクティビティが7月15日より稼働開始します。

“VR ZONE Project i Can”

 “VR ZONE Project i Can”は、バンダイナムコエンターテインメントが開発する、最新の技術を用いたVR(ヴァーチャルリアリティ)エンターテインメント研究施設のこと。

 高所恐怖体験から電車の運転、巨大ロボットの操縦まで、バラエティ豊かなVR体験を味わるのが特徴です。

 “バナコイン”という専用の電子マネーを用いることで各VRアクティビティを楽しめる本施設は、10月中旬までの期間限定で実施されます。

→“VR ZONE Project i Can”体験レポートはこちら

VR‐ATシミュレーター“装甲騎兵ボトムズバトリング野郎”

“VR ZONE Project i Can”

 TVアニメ『装甲騎兵ボトムズ』を題材としたアクティビティで、作品に登場する兵器“スコープドッグ”に乗り込み、隣同士の相手と1対1のロボットバトルが楽しめます。

 VRゴーグルから得られる迫力の映像と体感マシンが与えるコックピットの臨場感が融合することで、現実感あふれる迫力のバトルを体験できます。

・体験料:651バナコイン(700円)
・VRアクティビティ所要時間:約8分(VRゴーグル着脱時間を含む)

“VR ZONE Project i Can”
“VR ZONE Project i Can”
“VR ZONE Project i Can”

スーパースター体験ステージ“マックスボルテージ”

“VR ZONE Project i Can”

  360度全方位自由に動けるステージ空間を再現した箱型のブースの中でVRゴーグルを装着すると、目の前に広がる大観衆を前に、スーパースターさながらのライブを体験できます。

 自らがバンドのボーカルとなり、曲に合わせて歌を歌ったり、掛け声や手を振ったりなどのパフォーマンスを行うことで、目の前に広がる大観衆が大きく盛り上がります。

 歓声を全身で浴びる絶頂感とステージ上での高揚感を存分に味わえるとのこと。

・収録曲:『リンダ・リンダ』、『夏祭り』
・体験料:930バナコイン(1,000円)
・VRアクティビティ所要時間:約9分(VRゴーグル着脱時間を含む)

“VR ZONE Project i Can”
“VR ZONE Project i Can”
“VR ZONE Project i Can”

(C)サンライズ
(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

その他のおすすめ記事

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。