総合 > 電撃App > 記事一覧 > 『学戦都市アスタリスクフェスタ』をプレイした感想や、アニメについて田丸篤志さんにインタビュー
2016-07-15 19:22

『学戦都市アスタリスクフェスタ』をプレイした感想や、アニメについて田丸篤志さんにインタビュー

文:てけおん

 バンダイナムコエンターテインメントが開発中のiOS/Android用アプリ『学戦都市アスタリスクフェスタ 煌めきのステラ《略称:キラステ》』。今回は特別企画として、TVアニメ『学戦都市アスタリスク』で主人公・天霧綾斗を演じた、田丸篤志さんのインタビューをお届けします。

『学戦都市アスタリスクフェスタ 煌めきのステラ』

 本作は、『学戦都市アスタリスク』初となるiOS/Android用アプリゲームです。6つの学園が集まる水上学園都市《六花(りっか)》――通称《アスタリスク》を舞台に、激しいバトルや、かわいらしいヒロインたちとの楽しい学園生活を満喫できます。

『学戦都市アスタリスクフェスタ 煌めきのステラ』

 前回の記事では、田丸篤志さんに開発中のアプリを実際にプレイしていただいた際の模様をお伝えしました。それを受けて今回は、田丸さんが本作について感じた印象や、特に興味深かった点を詳しくお聞きしました。

 また、先ごろ2ndシーズンが好評のうちに終了したTVアニメに対する思いなども語ってくれていますので、要注目です!

綾斗とは違う視点から『アスタリスク』の物語を見られるのはおもしろいです

――本作を実際にプレイされた印象は?

田丸さん:このゲームの主人公はオリジナルで、綾斗は主人公とは別に、キャラクターとして存在しているじゃないですか。そのシチュエーションは個人的に、すごく新鮮でしたね。

――プレイ中に綾斗が登場したら、田丸さんが「オレだ!!」ってビックリされていたのが、すごくおもしろかったです(笑)。

『学戦都市アスタリスクフェスタ 煌めきのステラ』

田丸さん:“???”というキャラが話しかけてきたので、誰だろう? と思ったら「オレだ!!」って(笑)。まぁ、綾斗を見て「オレだ!!」と思うのは、さすがに僕だけの感覚でしょうけど。

 ただ、『学戦都市アスタリスク』という作品は綾斗の目線で進んでいくお話なので、そこをまた違った人物の目線から見られるというのは、すごくおもしろいですね。

 それに、ユリスが綾斗に対してはある程度打ち解けているんだけど、ゲームの主人公に対してはまだ打ち解けていないといった違いもあるので、この先の展開で、アニメとはまた違ったキャラクターの反応が出てくるんじゃないかと思います。そういった点も楽しみですね。

アニメに負けないくらい迫力のあるバトルが繰り広げられるのはスゴいです!

――このアプリでは、ヒロインたちとの会話やバトルの場面が3Dで表現されていますが、そちらをご覧になっていかがでしたか?

田丸さん:バトルはアニメでも非常に迫力がありましたけど、このアプリでもその迫力がしっかり再現されているのがスゴいですね! とくに、アニメでは戦っているところを描かれなかったキャラも、このゲームではバトルを見られるんですよ。そこはスゴいですよね。

『学戦都市アスタリスクフェスタ 煌めきのステラ』

――プレイの際も、エルネスタやクローディアが戦う様子を、かなり興味深そうに見ておられましたが?

田丸さん:エルネスタとカミラは、アニメでは代理出場という形でアルディとリムシィを《星武祭(フェスタ)》に出場させているので、自分たち自身はバトルに参加していないですよね。その2人が戦う様子を見られるのは、正直ビックリしました。

 あとはクローディアも、原作で本格的に戦うのはアニメの最終話より先のお話なので、アニメではちゃんとしたバトルシーンが描かれていないんですよ。それが本作では見られます。もちろん、他のヒロインたちにも同じことが言えますよね。

『学戦都市アスタリスクフェスタ 煌めきのステラ』
『学戦都市アスタリスクフェスタ 煌めきのステラ』

――ヒロインとのコミュニケーションでは、“なでなで”することも可能ですが、そちらを体験された感想は?

田丸さん:正直言って、恥ずかしいですね(笑)。たしかにアニメでは、綾斗が綺凛ちゃんの頭をなでていましたし、紗夜やユリスにもせがまれて頭をなでていましたけど、ゲームの場合は綾斗じゃなくて、あくまで僕自身ですから。そうなるとやっぱり恥ずかしいですよ。

 でもきっと、キャラによっても反応が違うんですよね? 今回プレイした時は、ユリスが自分の頭をなでさせておいて、「これでおまえもさらにやる気になっただろう」って上から目線だったのには……思わずにっこりしちゃいました(笑)。

『学戦都市アスタリスクフェスタ 煌めきのステラ』

――本作では、ヒロインたちにいろんな衣装を着させることもできますが、そちらをご覧になっていかがでしたか?

田丸さん:アニメだと、星導館の女の子たちはユリスの故郷でドレスを着て登場したりもしましたけど、他の学園のキャラは基本的に制服ですよね。綾斗がイレーネとプリシラの自宅に行った時に、2人の私服が出てきたぐらいでした。

 それに対して、このゲームに出てくる衣装はオリジナルのものが多いですよね? 見慣れたキャラクターがいつもとは違う衣装を着ているのは、やっぱり新鮮な感じがします。しかもそれを着ているキャラをクルクル回転させて、細部までじっくり見ることができるわけですから。

『学戦都市アスタリスクフェスタ 煌めきのステラ』

――そういえば田丸さんは、縦画面でキャラクターの3Dモデルを“じっくり見る”ことができるモードを、かなり熱心に見ておられましたよね?

田丸さん:いやぁ、このモードは本当に驚きましたよ。スマホでこれだけクオリティの高い3Dモデルが動いて、それを自由に見ることができるんですから。しかも、顔の向きや目線の向きを固定して、お気に入りのショットを撮影したりもできるんですから、スゴイですよね。

主人公が綾斗ではないので、あえてユリス以外の女の子をパートナーに

――本作には、オリジナルヒロインのレイシエルも登場しますが、彼女の印象は?

田丸さん:他人から距離を置いているキャラということで、綾斗と出会った頃のユリスにちょっと近い部分も感じましたね。この先ストーリーが進んでいって、ユリスとどう違うんだというのが気になります。

 ちなみにユリスと綾斗の出会いは、いわゆるラッキースケベ的な感じだったじゃないですか(笑)。このレイシエルとは、どうなんですか?

《キラステ》プロデューサー:レイシエルに関しては、真面目な子なので(笑)。ただ、他のキャラに関してはドキドキする展開もあるかもしれません。

田丸さん:なるほど、そこが聞きたかったんです(笑)。男性ファンのみなさん、ぜひお楽しみに!

『学戦都市アスタリスクフェスタ 煌めきのステラ』

――我々取材陣に代わって情報を聞き出していただいて、ありがとうございます(笑)。ところで本作では、星導館学園以外の学園に所属している女の子も、パートナーにできるのですが、それについてはどう思いますか?

田丸さん:もしプレイヤーが綾斗の立場だったら、僕としては違和感を覚えていたかもしれないですね。綾斗のパートナーはユリスというのが僕の中にはあるので、他の学園どころか星導館の他の女の子と組んでも、違和感はあるんですけど。

 でも本作はオリジナルの主人公ということで、いろんな組み合わせを楽しめるのがおもしろいですよね。だって原作やアニメでは敵だった人ばかりですから(笑)。ホーム画面の後ろのほうで、リムシィやイレーネが歩いているのもおもしろいですよね。これもゲームならでだと思います。

――ちなみに田丸さん個人としては、誰をパートナーにしてみたいですか?

田丸さん:迷いますねぇ。先ほどもお話ししたように、主人公が綾斗だったら迷わずユリスと言うんですけど、今回は主人公が違うので、ユリスはあえて外す方向で考えましょう。

 パートナーになった時のことを考えると、イレーネはこちらへの当たりが強そうですよね。范星露もキツそうだし。リムシィは毒舌だし(笑)。そう考えると、プリシラはイイですね。あっ、でも彼女は守ってあげたくなる感じなので、逆に戦わせたくないですね。

 う~ん、みんな大好きなので、選べない! こんなことを言うと、女性陣に怒られそうですね……(笑)。

TVアニメの最終話の続きを、ぜひ見てみたいという思いはありますね

――さてここからは、TVアニメ『学戦都市アスタリスク』についてお聞きします。アニメは6月で2ndシーズンが終了しましたが、1stシーズンからの24話を終えた今のお気持ちは?

田丸さん:天霧綾斗は、僕が声優人生で初めてオーディションに受かった、主役キャラなんです。それもあって、収録の最初の頃は緊張していたんですけど、他のキャストさんやスタッフさんが本当にいい人ばかりで。おかげで毎回スタジオに行くのが楽しくなりました。

 そのため、分割2クールの約9カ月間は本当にあっという間で、まだまだ続けたいという気持ちですね。それに僕は原作のファンでもあるので、最終話の続きをぜひアニメで見てみたいという思いもあります。

――TVアニメの最終話をご覧になった感想は?

田丸さん:最終話の放送日には制作のA-1 Picturesさんにお邪魔して、作画スタッフのみなさんと一緒にオンエアを見たんです。最終話の絵のクオリティが、もう本当にスゴくて。街の中を飛び回って動く綾斗を描くため、最終話だけのためにわざわざ3Dの街のモデルを作ったと伺って、ビックリしました。

 小野学総監督にもお話を伺ったんですけど、作画スタッフのみなさんも、最後は総力戦だったそうです。それでも絵を描いているみなさんの空気は、すごく良かったとおっしゃっていて。自分の演じた綾斗がどうこうという以前に、そうした恵まれた環境の作品に関われたことが、すごく幸せだと思います。

――天霧綾斗として、これまで戦ってこられた感想は?

田丸さん:綾斗はある意味、難しい役どころだと思っていて。ふだんの彼は穏やかでニコニコしているんだけど、ピンチに陥った時でものんきなことを言っていたりして、僕から見てもちょっと何を考えているのかわからないところがあるんです。

 でも綾斗自身はちゃんとした信念を持っていて、戦闘になるとカッコイイところを見せてくれるし。かと思うと、女の子に迫られるとすぐ動揺してしまうし。

 そんなふうにいろんな表情を持ったキャラクターだったので、逆に“綾斗という枠の中で、何をどこまでやっていいんだろう?”という難しさはありました。怒るシーンであまり怒りすぎても、それは綾斗らしくないのでは? ということを考えたりして。

 でも、他のキャストのみなさんのお芝居が本当に素晴らしかったので、それに引っ張ってもらえたというのが大きいですね。綾斗は自分から発信するよりも、他のキャラクターの言葉を受け取っていく役割が多かったので。綾斗に対して言葉をかけてくれる他の役者さんのセリフに、すごく助けられたと、今から振り返ってみて思いますね。

『学戦都市アスタリスクフェスタ 煌めきのステラ』

――『学戦都市アスタリスク』という作品を通じて、田丸さんご自身には何か変化がありましたか?

田丸さん:僕自身の変化というか、現場でいろんな先輩方のお芝居を聞くことができたので、そこからいろいろ盗ませてもらおうかなとは思っています(笑)。僕が原作を読んだ際の各キャラの印象を、みなさん超えてくるのがスゴいんですよ。

 たとえば紗夜は、もっと感情を出さずにボソボソしゃべる感じなのかなと思っていたんですけど、駄々をこねるようなところもあったりして、わりと感情を表に出してくるじゃないですか。それでも紗夜というキャラが、ちゃんと成り立っていて。

 クローディアも、僕のイメージだともっと色気を前面に出してくるキャラだろうと思っていたんですが、可愛らしい面や、予告みたいにコミカルな面を出してきても、ぜんぜんキャラが壊れないので。そういったキャラ作りは本当に勉強になりました。

 ただ、それをスゴいと思っても、自分がどう実践すればいいのかは、正直わからないんですけどね(笑)。そこはこれから、いろいろとチャレンジしてみたいと思っています。

オリジナルの衣装なら、弓道着はどうでしょう!?

――ところで、電撃オンラインでは現在、本作に登場するヒロインたちに着せてみたい衣装のアイデアを、ユーザーのみなさんから募集しているのですが、田丸さんにもぜひ考えてもらいたいのですが?

田丸さん:えっ!? 衣装のアイデアですか……。じゃあ、まずは弓道着ですね。武道に挑む時の凜々しい感じと、そこから日常に戻った時のギャップを楽しみたいなと。武道ということでは剣道着でもいいんですけど、剣道着は面をつけちゃうと顔が見えませんから(笑)。

 もう1つは、パジャマです。パジャマと一口に言っても、キャラクターによってそれぞれ違った感じになると思うので、もし実現するなら楽しみですね。

『学戦都市アスタリスクフェスタ 煌めきのステラ』
▲こちらは、田丸さんに書いていただいた弓道着のイメージイラスト。

――では最後に、本作のリリースを待っている皆さんに、メッセージをお願いします。

田丸さん:このアプリではゲームオリジナルの新キャラや、アニメではバトルが描かれなかったキャラの活躍を楽しむことができますので、アニメを見ていた方でも新鮮な気持ちで遊ぶことができると思います。

 3Dのキャラクターが本当にクオリティが高くて、特にバトルシーンの動きはスゴく迫力がありますので、ぜひ遊んでみてください!

――ありがとうございました。

 インタビュー中にもあるように、電撃オンラインでは現在、本作に登場するヒロインたちに着せてみたい衣装のアイデアを募集する、ユーザー参加企画を行っています。ぜひ参加してみてください。

 見事アイデアが採用された人には、今回インタビューに登場してくれた田丸篤志さんのサイン入りアニメ『学戦都市アスタリスク』のBD第6巻&Tunesカード(またはGoogle Play ギフトカード)1,000円分をプレゼント! みなさんの応募をお待ちしております。

『学戦都市アスタリスクフェスタ 煌めきのステラ』
『学戦都市アスタリスクフェスタ 煌めきのステラ』
▲この写真で田丸さんが手にしている、サイン入りBDをプレゼント!

データ

▼『学戦都市アスタリスクフェスタ 煌めきのステラ』
■メーカー:バンダイナムコエンターテインメント
■対応端末:Android
■ジャンル:RPG
■配信日:2016年7月21日
■価格:基本無料/アイテム課金
▼『学戦都市アスタリスクフェスタ 煌めきのステラ』
■メーカー:バンダイナムコエンターテインメント
■対応端末:iOS
■ジャンル:RPG
■配信日:2016年7月21日
■価格:基本無料/アイテム課金
その他のおすすめ記事
その他のおすすめ記事

関連サイト

アプリ人気ランキング

集計期間:12/1~12/31

  1. 1 『Fate/Grand Order(フェイト/グランドオーダー)』

    『Fate/Grand Order(フェイト/グランドオーダー)』

    TYPE-MOON / FGO PROJECT

  2. 2 『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ』

    『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ』

    バンダイナムコエンターテインメント

  3. 3 『チェインクロニクル3』

    『チェインクロニクル3』

    セガゲームス

アプリ人気ランキングに投票

アプリ人気ランキングをもっと見る

アクセスランキング(過去1週間)

  1. 1

    『FGO』900万DL突破で9大キャンペーン実施。イシュタルらが登場するピックアップ召喚も

  2. 2

    舞台『FGO』マシュ、べディヴィエール、アルトリアのビジュアルが到着

  3. 3

    『PSO2』5月24日のアップデート情報を掲載。オススメのスキルリングをクラス別に解説

  4. 4

    『SOA』に『SO4』のエッジとメリクルが参戦。タレントやラッシュコンボを紹介

  5. 5

    『フェイト/グランドオーダー』監獄迷宮となったカルデアを逃げ回るマシュが見たものとは

  6. 6

    【スパロボ クロスオメガ】レースクイーンのオリーヴ&アヤメ初公開(オオチP情報局#11)

  7. 7

    『チェンクロ3』×『ギルティギア』コラボが発表! 4周年記念リアルイベントも開催決定

  8. 8

    『モンスト』霧隠才蔵が獣神化。副友情コンボにリバースダンクレーザーELを所持

  9. 9

    対戦カードゲーム『ドラゴンクエストライバルズ』が2017年配信。βテスト参加者募集中

  10. 10

    ゲーム『ゼロから始める魔法の書』を動画で解説。サービス開始まであと少し!

[集計期間:05月18日~05月24日]

ページ
トップへ