News

2016年8月28日(日)

世界基準“AAAタイトル”を目指す『FF15』の開発秘話を語る! 田畑端氏×吉田修平氏のトークステージ

文:電撃PlayStation

 全世界のユーザーが期待に胸を膨らませている超大作RPG『FFXV』の魅力に迫る“FINAL FANTASY XV powered by 電撃PlayStation プレミアムイベント”。ステージイベントの第3部では、『FFXV』のテーマの1つである“世界への挑戦”について、ゲーム業界のキーパーソンである2人のクリエイターによるトークが交わされた。以下では、このスペシャルトークステージの詳細をお届けしよう。

『ファイナルファンタジーXV』

⇒ニコニコ生放送視聴ページ(タイムシフト)はこちら

 このイベントでは、第2部に引き続いて出演する『FFXV』のディレクター・田畑端氏と、ソニー・インタラクティブエンタテインメント ワールドワイド・スタジオのプレジデントである吉田修平氏の両名が登壇。電撃PlayStation編集長の西岡美道を交えて、いくつかのテーマについてのトークショーが催された。

『ファイナルファンタジーXV』
▲田畑端氏(左)と吉田修平氏(右)

世界基準のゲーム“AAA”タイトルとは?

『ファイナルファンタジーXV』

 “AAAタイトル”とは、厳密な定義はないが、端的にいうと“大ヒットしたゲーム”、または“大ヒットが見込まれるゲーム”。そのほか“メーカーの顔となるゲーム”、“莫大な予算をつぎ込んだゲーム”や“クオリティの高いゲーム”なども含まれる。

 海外作品をはじめ“AAAタイトル”作りに長年かかわってきた吉田氏は、「最近の“AAAタイトル”は、規模が大きくなりすぎて、開発にかかる人材と時間がものすごいが、そのぶんできあがるものは素晴らしい」と語る。そのうえで、「『FFXV』は当然“AAAタイトル”」と吉田氏は断言した。

 田畑氏は“AAAタイトル”を「一点ものというイメージが強く、そのゲームでしか味わえない体験というか凄みというものがあるもの」とのこと。また、「ほかの“AAAタイトル”が出ているなかでも、なんらかの分野で規格外の部分を持っているものが“AAAタイトル”」とも語った。

『ファイナルファンタジーXV』

 また“AAAタイトル”は、世界規模でのグローバルな開発環境が求められるとのこと。たとえば膨大な作業量を処理すべく、開発スタジオは国内だけではなく、海外のスタジオを交えて複合的に取り組む必要がある。タイトルのローカライズやマーケティングも、世界各地の地域に応じた対応が求められるし、ゲームイベントでの情報の出し方についても注意が必要になるという。

『FFXV』はどこが世界基準なのか? そしてこのクラスのゲーム作りに必要なことは?

『ファイナルファンタジーXV』

 続けて両氏は、日本と欧米におけるゲーム作りやRPGの違いについて議論。欧米の進んだ開発環境や、日本のRPG、いわゆるJ・RPGのよさなどについて語り合った。そのうえで田畑氏は、『FFXV』を「メイドインジャパンのよさを全部持ったまま“AAAタイトル”クラスの内容に仕上がっている」と表現。吉田氏も、「まるで本当の人間のように行動する、AIの作り込みがスゴい」と、AIのクオリティに世界基準の太鼓判を押した。

『ファイナルファンタジーXV』
▲「AIの作り込みはもちろん、それに対応したモーションなども実現できるよう、開発環境を整えました」と田畑氏。

 「ビッグタイトルを作る際に必要なことは?」と尋ねられると、吉田氏はマーケティングの重要性について発言。全世界に向けて発売するタイトルだけに、各地から寄せられる意見は重要で、内容によってはゲームの仕様が変更されることもあるという。

 田畑氏は、ビッグタイトルの開発期間の長さを問題点にあげ、「まずゴールをはっきりさせ、それを信じきること」が重要だと主張。長い開発期間でさまざまな変化があっても、ゴールが決まっていれば進む方向に迷わずにすみ、変化に対応するなかで開発チームも成長していけるからだという。両氏のゲーム作りにかける情熱を感じてか、観客も関心しきりだった。

最近スゴいと思ったPS4のゲームは?

『ファイナルファンタジーXV』

 ここから話は打って変わって、両氏が“最近スゴイと思ったPS4のゲーム”が話題に。田畑氏は、E3で開発が発表されたばかりの大作アクション『God of War』の最新作を挙げた。老いたクレイトスのビジュアルやゲーム性に衝撃を受けたという。吉田氏も“父と子の関係”という、『FFXV』と共通するポイントをあげて会場を盛り上げた。田畑氏は『アンチャーテッド4』についても言及し、「このタイトルにゲームの間口の広げ方を学んだ」と語った。

 「インディーゲームとVRが大好き」と公言する吉田氏があげたタイトルは、インディータイトルの『No Man’s Sky』と『INSIDE』。前者は「アルゴリズムで宇宙を作ってしまうという、発想のすごさにやられた」とのこと。後者は「白と黒の美しいグラフィックが魅力的」だという。昨今のインディーゲームの進化を、心から歓迎しているようだ。

『ファイナルファンタジーXV』

PlayStation VRに期待することは?

『ファイナルファンタジーXV』

 最後のテーマは、PlayStation VRについて。『FFXV』でVR対応のモードを手がけた田畑氏は、「実際に作ってみて、その可能性を実感した」と述べた。吉田氏は、「これまでゲーム機が進化してもできなかった“ゲームの世界”に入ることを実現できる機械」として評価した。

『ファイナルファンタジーXV』

 そのうえで両者は、VRが一般化したあと、どんなエンターテインメントをユーザーに提供できるかについても言及。バンダイナムコエンターテインメントが開発中の『サマーレッスン』への期待も口にした。吉田氏いわく、「クリエイターのみなさんを信じています」とのこと。今後のVRタイトルの動向にも注目したい。

『ファイナルファンタジーXV』
▲『FFXV』のVRモードでは、主人公・ノクティスの仲間であるプロンプトとなり、銃撃やワープを駆使するバトルが体験できる!

 各テーマについて語り尽くしたあとは、西岡を含めた3人でイベントを総評した。

田畑氏:『FFXV』をフィーチャーしたイベントを開催していただきありがとうございます。発売は延びてしまいましたが、そのぶんみなさんが満足する内容に仕上がっていますから、発売を楽しみに待っていてください。8月30日には『KINGSGLAIVE FFXV』、『Justice Monsters Five』の配信も開始されますので、そちらもよろしくお願いします。

吉田氏:『FFXV』は『FF』シリーズの新作ということを超えて、1つの新しいゲームとして期待しています。映画を見たあとは、ストーリーやキャラクターについてもより深く知りたくなりましたので、発売を楽しみにしています。

西岡:とても楽しく、いいイベントができました。本当にありがとうございます。今後もこういったイベントは続けていきますので、よろしくお願いします。

 以上で、“FINAL FANTASY XV powered by 電撃PS プレミアムイベント“のステージイベント第3部は幕を閉じた。第1&2部を含め、ステージイベントの模様はニコニコ生放送で視聴できるので、興味のある人はぜひチェックしよう。

『ファイナルファンタジーXV』
▲お二人とも終始笑顔で、会場にも笑いが起こる楽しいステージとなった。

(C)2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. MAIN CHARACTER DESIGN:TETSUYA NOMURA

データ

▼『ファイナルファンタジーXV(デラックスエディション)』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS4
■ジャンル:RPG
■発売日:2016年11月29日
■希望小売価格:12,960円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『ファイナルファンタジーXV(デラックスエディション)』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:Xbox One
■ジャンル:RPG
■発売日:2016年11月29日
■希望小売価格:12,960円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『ファイナルファンタジーXV』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS4
■ジャンル:RPG
■発売日:2016年11月29日
■希望小売価格:8,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『ファイナルファンタジーXV』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:Xbox One
■ジャンル:RPG
■発売日:2016年11月29日
■希望小売価格:8,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

関連サイト

電撃PlayStation

最新号紹介

  • 電撃PlayStation Vol.650

    電撃PlayStation Vol.650表紙画像

    2017年11月9日発売
    特別定価:694円+税

    【表紙・巻頭】CoD:ワールドウォーII
    【巻末】ファンタシースターオンライン2
    【特別企画】クリエイターアンケート2017
     モンスターハンター:ワールド
     リディー&スールのアトリエ
     アサクリ オリジンズ / 閃の軌跡III
    【電撃特報】SAO FB / 仮面ライダーCF
    【SUPER PUSH】真・三國無双8
     うたわれるもの 散りゆく者への子守唄
     とある魔術の電脳戦機 / 地球防衛軍5
     閃乱カグラ Burst Re:Newal / SWBFII
     .hack//G.U. Last Recode / リトアカ
     ディシディア FF NT / 龍が如く 極2
     オレオワ / フルメタ / オカン / ARK
     アイナナ / 初音ミク / 塔亰Clanpool
    【Online Game Station】
     Destiny 2 / FFXIV / DQX / FFXI
    【コード付録】
     PSO2 / 塔亰Clanpool / DDON / MHF-Z

    >> 詳細はこちら