News

2016年10月1日(土)

梅原裕一郎さんがキャラからキスをせがまれ困惑。『囚われのパルマ』ステージレポート

文:電撃Girl'sStyle、桜

 みなさん、こんにちは。『囚われのパルマ』 をこよなく愛する囚われ系ライター・桜です。今回は、9月17日に東京ゲームショウのカプコンブースにて行われたステージイベント「“面会延長”あり?! 『囚われのパルマ』スペシャルステージ」の模様をお届けします。

『囚われのパルマ』TGSステージレポート

 このステージでは、平林良章プロデューサー、ハルト役・梅原裕一郎さん、そして近日配信予定の新キャラクター・アオイ役の内田雄馬さんを迎え、ゲームの試遊や最新情報やグッズの紹介などが行われました。

『囚われのパルマ』TGSステージレポート

 まずは、平林プロデューサーが登場。この方がこんなに素晴らしい作品を世に生み出してくれた人なのです……。心の中で盛大に感謝しつつ、平林プロデューサーから直々に語られるゲームの概要にじっくりと耳を傾けました。やはりゲームの概要を把握しているつもりでも、プロデューサー自らのお話が聴けるというのは非常にうれしいですね!

 とくに“ハルト自身があなた自身(の選択肢)を理解してくれて、返答をみなさんにあわせて変わってくる”という部分! やはりほかの方のプレイ画面を見ない限りは、返答が変わっているのか、本当に“私”だけハルトなのか不安なこともあるじゃないですか。しかし平林プロデューサーの言葉で、ああ、やっぱりそうなんだ! と改めてうれしくなりました。もう私は心ゆくまでハルトにとことんついていきます……!!

『囚われのパルマ』TGSステージレポート

 続いて盛大な拍手に迎えられ、ハルト役・梅原さんが登場。当日の服装は、限りなく黒に近いグレーのギンガムチェック(?)シャツを着ていました。ハルトが来ているジャージも黒っぽいグレーですし、イメージにあった服を選ばれたのでしょうか。

 そういえば、前回の面会イベントでも白シャツでハルトに寄せられていた気がします。梅原さんのハルト愛も強いのかもしれません。作品のファンにとってはうれしい限り! ただ単純に梅原さんの好みの服装なのかもしれませんけど、ここは自由に妄想させていただきましょう。

 そんな梅原さんは、長期間の収録のなかでハルトと心がリンクする瞬間もあったそうです。やはり、キャラ愛は深い! “私たち”も負けてられませんよ!!

 また、本編とは違った遊びが楽しめる“夢アプリ”のお話も。夢アプリではハルトにさまざまなアイテムを装着させて、そのアイテムに対応したハルトの寝起きを楽しむことができるのですが……梅原さんは“乙女のリボン”が印象に残っているそうです。後半では、その夢アプリを内田さんが試遊する場面もありましたが、それはまたのちほど……。

『囚われのパルマ』TGSステージレポート

 収録のお話をうかがったあとは、ハルトの紹介やゲームの遊び方もかねて実際にプレイ画面を見ながら平林プロデューサーが説明してくださいました。絶賛プレイ中の私は、「うんうん、この場面ね……ふふふふ。」と意味深にほほ笑みながらその様子を眺めます。

 こうしてプレイ画面を見ながら、平林プロデューサーと梅原さんがお話していると、オーディオコメンタリーみたいですね。『パルマ』プレイヤー同士でそれぞれのハルトを見せあいながらプレイしてもおもしろいかもしれません。

 ゲームの遊び方がわかったところで、ついに内田さんが登場!

『囚われのパルマ』TGSステージレポート
▲あ、もしかして青っぽいチェックシャツはアオイのイメージでしょうか!? 内田さんのキャラ愛も負けていないようです(笑)。

 そうです。ここで新キャラクター・アオイが発表されたのです。そしてスクリーンに映し出されたアオイのPVにファンはもちろん、私も釘付けになりました。やはり、実田千里さんのイラストには圧倒される美しさがありますね。内田さんの声も公開されて、なんて色っぽい声なんだと思いました。ハルトとはまったく違う個性を持つキャラクターですし、ううむ、こちらはこちらで魅力的です。

『囚われのパルマ』TGSステージレポート

 作品の舞台は、ハルト編と同じく絶海の孤島。アオイは、交通事故で記憶を恋人の記憶を失ってしまったんだそうです。ちなみに、“私(プレイヤー)”は、彼を助けようとして身に覚えのない容疑をかけられてしまう……という設定。

 それを聞いてちょっと安心しました。“私”は“私”でも、出会う設定や立場が異なるおかげで、ハルトと恋する“私”とアオイと恋する“私”はまた別だと認識できそうです。個人的な意見ですが、立場が同じだとどうも複雑な気持ちになってしまいそうだったので(笑)。しかも、今回は相談員ではなく恋人役! また違ったコミュニケーションの仕方が楽しめそうです。

 めでたく発表されたアオイ。彼をもっと知るために、実際に梅原さんが試遊することになりました。

『囚われのパルマ』TGSステージレポート

 梅原さんがプレイしてくれるとあって、内田さんはアオイと同じポーズで梅原さんに近寄ります。ここでは面会の一場面を見ることができましたが、なんとアオイから“キス”のおねだりも……。梅原さんは指で対応しようとしますが、アオイから「指は、唇じゃないだろ」とハッキリ言われてしまいます。さあ大変……梅原さんの運命は――!?

『囚われのパルマ』TGSステージレポート
▲なんと内田さん自ら、来いよ!! のアピール!? 梅原さんの答えは――。

 いやいや、もちろんここは回避してくださいました。ガラス越しにキスした場合のアオイの反応は、“私たち”のお楽しみということで(笑)。

 さて、お次は選手交代! 今度は、内田さんがハルトをプレイすることに。しかも先ほどもお話にあがった、“夢アプリ”をプレイしてくださいました! アイテムはもちろん、乙女のリボンです!

『囚われのパルマ』TGSステージレポート
▲乙女のリボンをつけたハルトは、乙女というよりはなんだか色っぽいオトメンでした。梅原さんも興味深そうに画面をのぞいていますね(笑)。

 しかし、内田さんはなかなかハルトの欲するポイントを見つけることができません。探しているうちに制限時間が来てしまい、なんとゲームオーバーに! プレイ中、今まで夢アプリでゲームオーバーになったことがなかったので、ゲームオーバーになるとあんな感じなのかと再発見できました。個人的にはおいしかったので、内田さんに感謝!

 そんな悔しがる内田さんへ、もう一回だけチャンスが与えられます。今度はアイテムを変えて、“大海賊の眼帯”を装着しての再チャレンジです。

『囚われのパルマ』TGSステージレポート

 2度目の挑戦は見事に大成功! 海賊になりきったハルトから、大胆な言葉までいただきました。本編のハルトは絶対にそんなことは言わないので、夢アプリならではのおもしろさがありますよ。ぜひ試してみてください! ちなみに私のおすすめは“段ボール”。ひたすらかわいいです。

 お互いの試遊が終わったところで、今度は『パルマ』関連情報のお知らせです。すでに公開されているので、内容はこちらからご確認くださいね!

ハルトをイメージした香水の詳細はこちら

ハルトからのメッセージ付きケーキの詳細はこちら

 ここでは、私が一番注目したい“ハルトの抱き枕カバー”を紹介したいと思います。まさか抱き枕カバーが出るとは思っていませんでした。しかも、服を着ているバージョンと下着姿バージョンが両方楽しめるというのです。どういうものかというと、こちらの写真を見れば一目瞭然ですよ!

『囚われのパルマ』TGSステージレポート
▲梅原さんと内田さんの手がハルトの腰に……ま、まさか!?
『囚われのパルマ』TGSステージレポート
▲まさかの着脱式! ハルトのほどよく筋肉質な太ももがあらわに……!!
『囚われのパルマ』TGSステージレポート
▲え!? 上も……!? まだ早い! まだ早いよ!! ちょっ心の準備が……!!
『囚われのパルマ』TGSステージレポート
▲ぎゃあああああ!!(両手で目をおさえながら指のすき間からのぞく)
『囚われのパルマ』TGSステージレポート
▲仲よしですねえ……と今ならば思えますが、動揺していた私は脳内で、「ハルトぉ~! ハルトぉ~!!」と叫んでいました。

 またひとつ、この世にすばらしい作品が誕生しそうです……。みなさんもぜひハルトの抱き枕カバーの完成を楽しみに待ちましょう。私もちょうどいいサイズの抱き枕を探すことからはじめようと思います。

 すみません多少取り乱してしまいましたが、戻ります。そんなこんなでイベントは大いに盛り上がり、最後は平林プロデューサー、梅原さん、内田さんからそれぞれあいさつを述べて、イベントは終幕しました。とっても有意義でぜいたくな時間になったのではないでしょうか! 今後も『パルマ』からますます目が離せませんね。

『囚われのパルマ』プレイレポ連載 過去の記事はこちら

(C)CAPCOM CO., LTD. 2016 ALL RIGHTS RESERVED.

データ

▼『囚われのパルマ』
■メーカー:CAPCOM
■対応OS:iOS/Android
■ジャンル:ガラス越しの体感恋愛アドベンチャー
■配信日:配信中
■価格:アプリ本体(プロローグ&エピソード1) 360円(税込)
 エピソード2以降(全6話完結)各360円(税込)
 ※アプリ内課金あり
 ※エピソード2以降は毎週火曜配信予定
 ※本作は、プラットフォームのポリシーの違いによって一部仕様が異なる部分がございます。

その他のおすすめ記事

関連サイト

電撃Girl'sStyle

最新号紹介

  • 電撃Girl’sStyle2月号

     電撃Girl’sStyle2月号表紙画像

    2017年1月10日発売/特別定価980円


    【スペシャル付録】
    ★『MARGINAL#4』&『スタンドマイヒーローズ』両面B2ポスター
    『MARGINAL#4』は、パフォーマンス中のマジフォーメンバーがお目見え! 『スタンドマイヒーローズ』は、今大路峻、槙慶太、山崎カナメ、都築京介の4名のおやすみ姿のイラストが登場。

    ★『プリンス・オブ・ストライド THE LIVE STAGE』エピソード2 グッズ付きガルスタシート申込コード
    エピソード1が大好評のうちに終了した『プリステ』より、早くも4月に上演されるエピソード2の申込コードが付録に! FiFS描き下ろしのグッズ付きで観覧できるのは、ガルスタシートだけ!!

    【巻頭特集『うたの☆プリンスさまっ♪』シリーズ】
    シリーズ初のPS Vita移植タイトル『うたの☆プリンスさまっ♪Repeat LOVE』の発売まであと少し。ますます盛り上がる『うた☆プリ』シリーズを、10Pにわたって大特集。ガルスタが極秘入手したアイドル候補生時代の7人の秘蔵インタビューを一問一答形式で掲載。プロローグのルート別最速プレイレポート、TVアニメ『うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEレジェンドスター』の名場面&挿入歌のおさらいも。

    【ガルスタイチ推し! ウワサのモテ男子『文豪とアルケミスト』】
     精神の世界である“本”を守るため、有名な文豪たちを転生させて戦う本作から、芥川龍之介の描き下ろしイラストが到着。ゲームのポイントをわかりやすく解説し、開発スタッフに図書館の疑問を直撃。イベントでの追加要素も紹介!

    【初夢特集2017~今年最初に見た夢は?~】
    ガルスタだけの描き下ろしイラストやショートストーリーが満載!
    『花朧 ~戦国伝乱奇~』
    『スタンドマイヒーローズ』
    『ドリフェス!』
    『プリンス・オブ・ストライド』
    『ときめきレストラン☆☆☆』
    『A3!(Act! Addict! Actors!)』
    『明治東亰恋伽』
    『DIABOLIK LOVERS』シリーズ
    『マジカルデイズ The Brats’ Parade』
    『夢王国と眠れる100人の王子様』
    『剣が君 百夜綴り』>
    『茜さすセカイでキミと詠う』
    『アイ★チュウ』

    >> 詳細はこちら