News

2016年10月2日(日)

『劇場版 SAO』の公開日が2017年2月18日に決定。物語の鍵を握る新キャラクターとは?

文:電撃オンライン

 “電撃文庫 秋の祭典2016”のステージイベントで、『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』の公開日が2017年2月18日土曜日であることや、新たに登場するキャラクターの情報などが公開された。

『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』
▲こちらが本日公開されたキービジュアル。左上の女性はユナ、その右に描かれた青年はエイジ、ユナの下にいる眼鏡の男性は重村教授。

 本日公開されたPVでは、ユナはARMMORPG《オーディナル・スケール》の《歌姫》。エイジは《オーディナル・スケール》でランキングナンバー「2」の実力を持つプレイヤー。そして重村教授はウェアラブル・マルチデバイス《オーグマー》の開発者であると明かされた。

●動画:『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』特報第2弾

『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』
▲ユナの設定画。
『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』
▲ユナの表情設定画。
『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』
▲エイジの設定画。
『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』
▲エイジの表情&武器設定画。
『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』
▲重村教授の設定画。

 《オーディナル・スケール》や《オーグマー》については、下にまとめたキーワード解説を参照のこと。

 本日行われたステージのレポートは後ほど公開予定となっている。ファンは楽しみに待っていてもらいたい。

【世界観にまつわるキーワード】

《オーグマー》
 小型のヘッドホンのような外見の次世代ウェアラブル・マルチデバイス。そのコンパクト性はVRマシン《アミュスフィア》をはるかに凌駕する。

 フルダイブ機能を排除した代わりに、AR(現実拡張)機能を最大限に広げた。覚醒状態の人間に視覚・聴覚・触覚情報を送り込むことが可能で、フィットネスや健康管理をゲーム感覚で楽しんでいるユーザーも増えている。

《オーディナル・スケール》
 《オーグマー》専用ARMMO RPG。最新技術を用いた次世代的ゲームとして話題となり、発売と同時に世間を席巻した。現実世界をフィールドとして、各所に出現するアイテムの蒐集、モンスター討伐などを経てプレイヤーの《ランク》を上げていく。

 《オーディナル・スケール(OS)》の特徴はこの《ランキング・システム》で、すべてのプレイヤーに与えられているナンバー(ランク)は、序数(オーディナル数)に基づいて順位づけられている。ゆえに、ランク上位のプレイヤーには圧倒的な力を与えられる。

 ソロのPvPにおいては、ランクの順位が勝敗の大きな要因となる。

“秋の祭典”ステージレポ! 《歌姫》ユナのモデルになった実在の歌姫は?

 “電撃文庫 秋の祭典2016”の“ソードアート・オンライン”ステージには、司会を務めたシリカ役の日高里菜さんをはじめ、アスナ役の戸松遥さん、リーファ役の竹達彩奈さん、ユイ役の伊藤かな恵さん、リズベット役の高垣彩陽さんといった本作のヒロインを演じるキャストが多数登壇。

 『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』の新情報の発表を行いつつ、ステージの合間に出題される『ソードアート・オンライン』に関連したクイズにキャストが回答していくという、ユニークなステージが展開された。

 出題されたクイズは、“公開される第2弾特報は何の作品の特報?(答えは『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』)”といったような、ファンならスムーズに回答できるものが多かったが、戸松さんと高垣さんが珍回答を連発。

 戸松さんも高垣さんも、先ほどの問題では『ソードアート・オフライン』だったり、『ソードアート・アイライン -コスメティック・ビューティ-』といった選択肢を選び、司会の日高さんから「ボケそうな気がしていた」とツッコまれるなど、会場をおおいに沸かせていた。

 ちなみに、クイズの正解者には1問正解するごとに“スーパーキリトくん人形”が1体贈られたのだが、この人形(実際はCDにイラストが張り付けられたもの)の裏面には、ちょっとした豆知識が。

 “アメンボとカメムシは同じ成分”などといった豆知識をクイズに正解した竹達さんや伊藤さんが朗読する様子には、ファンも大喜び。なお、台本には「さすが、全員正解です」と書かれていたようで、それを聞いた会場全員で笑う姿も印象的だった。

 なお、クイズの出題に関連するような形で、ファン必聴の情報が飛び出した瞬間も。本作に登場する《歌姫》ユナには、伊藤監督がモデルとして参考にした現実の歌姫がおり、それはアヴリル・ラヴィーンさんなのだそうだ。

 この他、本記事冒頭に掲載してある新たなキービジュアルの公開や“第2弾特典付き劇場版前売券”が10月15日に発売されるといった情報などが飛び出すなど、驚きと興奮と笑いが入り混じった、充実のステージとなっていた。

 ちなみに、クイズは全部で5問出題されたのだが、見事優勝をその手につかんだのは、竹達さんと伊藤さん。お互いに3問正解し、ダブル優勝したお2人には、本作の劇場前売券5枚セットがプレゼントされた。それを見た戸松さん、高垣さんはボケに走ってしまったことを後悔するような表情を見せ、会場の笑いを誘っていた。

 イベントの最後には、集まったファンに向けてキャストの皆さんからメッセージが。「今後も『SAO』の世界はどんどん続いていくので、ぜひ応援してください」と述べたのは日高さん。

 高垣さんは「劇場版の舞台はARですので、今までの『SAO』とは違う面をお見せできると思います。『SAO』の世界をリアルでも感じてもらえたらうれしいです」とコメントし、続けて伊藤さんも「ARは現実世界なのでユイにどれくらい出番があるか不安です(笑)。でもアフレコが楽しみです!」と思いを語っていた。

 クイズで優勝した竹達さんは「賞品がうれしいので、マジメにやってよかった! 5回観に行きます」とコメントし、他のキャストの皆さんが「一緒に行こう!」と声をかける一幕も。

 最後に戸松さんが「公開された新たなPVを観て、シリアスな部分や日常の楽しそうな雰囲気など、いろいろな内容を感じていただけたらうれしいです。早くアフレコやりたい!」と劇場版に向けての思いを述べ、ステージを締めくくった。

 2017年2月18日の公開まではまだ時間があるものの、今後の続報などで一層の盛り上がりを見せるであろう『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』。公開までに『SAO』の予習・復習をしておき、最高のテンションで映画館に足を運べるようにしておこう。

“電撃文庫 秋の祭典2016”開催概要
【開催日時】2016年10月2日(日)10:00~18:00
【入場料】無料
【会場】秋葉原UDX+ベルサール秋葉原
【主催】株式会社KADOKAWA アスキー・メディアワークス

(C)2016 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/SAO MOVIE Project

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。