電撃アーケードゲーム

総合 > 電撃アーケードWeb > 【ディシディアFF攻略コラム】ランズベリー・アーサーのそこに筐体があるから/第1回目
2016-10-09 18:00

【ディシディアFF攻略コラム】ランズベリー・アーサーのそこに筐体があるから/第1回目

文:電撃ARCADE編集部

 みなさん、初めまして!

 今回からプレイ日記を書かせていただくことになりました、ランズベリー・アーサーです。

 初代コンシューマ版から遊んでいた『ディシディアFF』に、公式生放送でのゲスト出演であったり、こういう記事を書いたり……と、お仕事でかかわれることになろうとは、当時思いもしなかったので不思議な感じがしています(笑)。

 さて、第1回目の内容ですが、今回は先日の“神々の闘争”後に先行解禁されたばかりの新キャラ、エースについて話していきたいと思います!

 エースは、SHOOTタイプの新キャラクターということで、射程の長さがウリなのはもちろんなのですが、その最大の特徴は“デッキオープン”いうEXスキル。

 スキルを使うとランダムでカードを引けて、引いたカードの色によって違う効果を得られるのですが、このカードをどう生かすかで試合で活躍できる度合いがグッと変わるはず……!

 と、いうことでミッションで少し触って、さっそく全国対戦に飛び出してみました。

■【ディシディアFF】ランズベリー・アーサーのそこに筐体があるから#01【エース】

 ……はい。

 バトルに夢中になるあまり、一度もカードを引いていない。一番ダメな例のエースですね。

 ………………。

 あれです!ミッションで少し触ってからの全国だったので !ド忘れも仕方ない!! ハハハ

 今回の動画はさておき、ゲーム展開の早くなりやすい狭いステージでは一瞬の硬直が命取りになりやすく、リキャストがきたからといって安易にデッキオープンして自分がやられたり、味方への援護がワンテンポ遅れてしまった……! という展開も多々あるかと思いますので気をつけたいですね。

 ブレイブ技はクセも少なく使いやすい物がそろっていて、空中↑+IIのキャノンレーザーは味方へ向かう敵の妨害やけん制に。

『ディシディアFF』
▲キャノンレーザー

 空中&地上IIのフラリッシュは、敵を拘束したいときや手早くカットしたいときetc.とさまざまな場面で使え、

『ディシディアFF』
▲フラリッシュ

 空中↓+IIのチェイスは、弾速はないものの持続時間は長く2個まで設置できるので、これをうまく置いて立ち回られると相手は攻め入りづらくなります。

『ディシディアFF』
▲チェイス

 地上↑+IIのキャノンボールは判定の大きさや早い弾速を生かして敵の硬直取りなどに、私はこれかレーザーで石を割ることが多いです。

『ディシディアFF』
▲キャノンボール

 地上↓+IIのスパイラルは、ティナのトルネドのような技と違ってサイズも小さく、自分の足元ではなく少し前に出るので、相手が近~中距離に居てこっちにきそうだな……と思った時点で、早めに出すのを心がけると機能しやすいんじゃないかと思います。

 あとは段差などの手前で出すと、その段差の上に技が出るのでミッドガル等の高低差のあるステージでは、上方の敵へのけん制にも使えたりします。

『ディシディアFF』
▲スパイラル

 肝心のデッキオープンは、同色が3枚そろうと強力な技が出せますが、そればかりを狙うとカードを持て余してしまいがち。そのため2枚でガンガン使っていってしまったほうが結果的にはチームに貢献できるはず! と信じて、2枚でガンガン使っていってます。

 1枚目、2枚目に同色がきた場合なんかは3、4枚目を引いて3枚そろうのを狙ってみてもいいかもしれませんね!

 青カードは1枚でも200回復と十分な侮れない強さですが、2枚そろえば範囲でHP&ブレイブが500回復と大きな効果を得られるので、1試合で2回これができただけでリジェネ2種かけたのと同じだけの総量に!

 黄カードも2枚で1.075倍も移動速度が上がります。攻撃防御アップもうれしいですが、それよりもパーティ全体で敵を追い詰めたいときなどに重宝します。

 他色のカードは、1枚のときは相手にもそこまで強く意識されていなかったりするので、とくに黒カードなんかはバインガを撃つくらいの気持ちで迎撃に使うと意外と刺さったりもします。

 各色強みはありますが、そのなかでも青や黄色のパーティ自体の戦闘力を上げるカードの効果が勝ちに直結しやすいので、いかに数多くデッキオープンしてチーム全体の戦闘力を上げるかが、エースを使うカギではないかと思います!

 ちなみに私事の余談ですが、昔からカードゲームでの引きが弱く、引き事故を起こしてよくこういう感じになります。エースでは強い引き運を得られることを願います。

『ディシディアFF』

 第1回目、いかがだったでしょうか。

 ゲーム内では公式マークのついた“Art”という名前でプレイしているので、マッチングしたらみなさんお手柔らかにお願いします!

 ではまた!

データ

▼『ディシディア ファイナルファンタジー』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■ジャンル:対戦アクション
■稼働日:2015年11月26日
■プレイ人数:1~6人

関連サイト

特集

アクセスランキング(過去1週間)

  1. 1

    初心者からレベルアップする『機動戦士ガンダム EXVS2』企画。立ち回りやEXバーストの使い方を伝授

  2. 2

    セガ、新作ゲーム『けものフレンズ3』を発表。スマホアプリとアーケードで展開

  3. 3

    【1月第2週のまとめ記事】Switch版『クラナド』が配信決定やAC『ジョジョの奇妙な冒険』体験レビュー

  4. 4

    AC用リズムゲーム『WACCA(ワッカ)』の無料体験やステージイベントが“JAEPO2019”で実施

  5. 5

    【1月10日のまとめ記事】『ジャンプ フォース』βテストやAC『ジョジョの奇妙な冒険』体験レビュー

  6. 6

    『ジョジョの奇妙な冒険 ラストサバイバー』体験レビュー! 遊び方や承太郎やブチャラティたちの性能を紹介

[集計期間:01月12日~01月18日]

ページ
トップへ