News

2016年10月8日(土)

『SAO HR』をクリアした後のやり込み要素はあるの?【SAOなぜなにアンサー】

文:てけおん

 ゲーム『ソードアート・オンライン』シリーズについての質問にプロデューサー陣がお答えしていく“なぜなにアンサー”をお届けしていきます。

“なぜなにアンサー”

 “なぜなにアンサー”は、バンダイナムコエンターテインメントが展開するゲーム『ソードアート・オンライン』シリーズについての素朴な疑問(“なぜなに”)にプロデューサーが答えていくコミュニケーションの場です。

 電撃オンラインだけでなく、『電撃PlayStation』でも“なぜなに”に返答してくれていますので、お見逃しないように。

 それでは、質問とその答えを載せていきますので、じっくりとご覧ください。

Q:鵺刀さんからのご質問

 『インフィニティ・モーメント』から『ロスト・ソング』まで全作プレイしています。『SAO』は原作小説発売当初からのファンなので『ホロウ・リアリゼーション』にはとても期待しています。

 ところで、なぜなににあった“亡くなった人間を出演させる方法”ですが、フラクトライトをシナリオに組み込めば可能キズメルだと思います

 すでに『ホロウ・フラグメント』でコピーが登場しているので、《SA:O》の世界でもコピーを登場させられるはずです。しかも、フラクトライトであればただのコピーではなく、魂の複製なので、記憶も引き継がれるのでその方面でサブストーリーを組めると思います。

 今から可能かどうか分かりませんが、フラクトライト、検討していただけますでしょうか?

A:二見鷹介プロデューサーの答え

 フラクトライト、いいですよねーーー。やりたい……ですが、まだ《アリシゼーション》編のアニメ化も決定されていないですしね……。やりたい!

 『ホロウ・フラグメント』のコピーに関しては、あの閉鎖された空間の出来事という前提にやっておりました。

 もう少しそのあたりのいいところを考えられればいけるかなーーーと思っているのですが、時間がもうないです!

Q:雷電【ジャック】さんからのご質問

 ゲームのシナリオには関係ない話なんですけど、クリアした後の“やり込み要素”はありますか(・_・?)

 何気なく強い武器を探したり、上げるスキルがたくさんあって時間をかけないといけないとか( ・∇・) もし、そんな風にクリアした後の楽しみがあるなら教えてください(^ー^)

A:二見鷹介プロデューサーの答え

 やり込み要素はもちろんありますよ! まだ詳細は言えないので、もうしばらく情報をお待ちください!

Q:不知火さんからのご質問

 マルチプレイに対応するとのことですか、PSvitaとPS4のクロスプレイは可能なのでしょうか? 『ロスト・ソング』ではPSvita、PS3、PS4とクロスプレイできないために、知っている人で使用機種が違い、一緒にプレイができないということが何度もありました

『ホロウ・リアリゼーション』ではどうなるのか気になり投稿した次第です。

A:二見鷹介プロデューサーの答え

 クロスプレイは検討中ですが、通信量が全然違うので、頭を悩ませております。ちゃんと決まれば告知をしますので、その時は公式サイトなどを見ておいてください!

Q:天野 暁奈さんからのご質問

 キリトが主人公ではなく、自分のアバターを作って『SAO』のゲームをしてみたいです。前作の『ロスト・ソング』では使用キャラを変えられました。しかし、やはり《SAO》および《ALO》のキャラクターを操作しているので、あまり自分でプレイしてる感がありませんでした!

 その前作の『ホロウ・フラグメント』では、キリトの容姿と名前が変えられました。ですが、そうして自分のアバターを作ると、キリトとはパーティーが組めないので残念でした。なので、キリトとは別に“自分のアバター”でプレイしてみたいです!

A:二見鷹介プロデューサーの答え

 ……非常に長い目で見ててください! ……頑張ります……としか言えませんが!

Q:旋律零式さんからのご質問

 試遊やPVで、シノンが弓でも短剣でもなく槍を使っていました。おそらくユニークスキルがない、最初からの状態だからだと思うのですが、短剣でなく槍なのは『ロスト・ソング』で槍を使っていた(装備できた)ことがきっかけだったりするのでしょうか?

 シノンさんのことが好きなだけに気になってたりします(`・ω・)

A:二見鷹介プロデューサーの答え

 コメントで予想していただいた通り、『ロスト・ソング』でも槍を使用していたからです!

Q:咲交さんからのご質問

今後、WiiUやWindowsで『ソードアート・オンライン』のソフトが出る予定はありますか? ていうか、出してほしいです!(個人的に……)

A:二見鷹介プロデューサーの答え

 現在いろいろ模索中……ですが、より多くの人に遊んでもらえるようにチャレンジはしていきたいと思います!

Q:咲交さんからのご質問

 毎回思うんですけど、初めに自分のキャラを作れたらいいなと……。既存のキャラクター(キリトとかアスナなど)を動かせるのはもちろんうれしいんですけど、やっぱりこのゲームする人って『SAO』の世界にあこがれていると思うんですよ。

 だから、好きな種族、性別、武器、できれば容姿とかを選んだ自分のキャラでプレイしたいんです。僕は、そう思います。

 そこで、そういう機能を入れたのを作ることって可能ですか? ぜひ作っていただきたいです。個人の意見では無理だと思いますが、きっとそう思っている方々も少なからずいると思うんです。

A:二見鷹介プロデューサーの答え

 『SAO』ゲームでよく議論になる“自分キャラクター”ですよね。ここで自分が言えることとしては、こうなります。

 実際に全部をひろって出来ないことも多いですが、なるべく皆さんの期待は裏切らないような結果に向けて、『SAO』チームは頑張っています(進行形)。

 時間はかかるかもしれませんが、すこし長い目で見ていただければうれしいです……。というお返事でご勘弁ください!

Q:むぎちゃさんからのご質問

 『ホロウ・リアリゼーション』では、なぜキリト以外のキャラを操作できないのでしょうか? 別作品ですが、前作の『ロスト・ソング』はパーティ編成が自由で、キリト以外のキャラも操作できました。ストーリーに応じて、あえてキリトをパーティに入れないことも可能でした。

 今作の『ホロウ・リアリゼーション』にて、キリトの視点でストーリーが進むことに問題はありませんが、もしキリト以外のキャラを操作できないとなると、不満で要望が殺到するのでは。

 また複数のキャラを使う点において、追加衣装は重要です。これ、ほとんど機能していないゲームが多数です。長く遊ぶには有料のDLCで、しっかり充実されるとうれしいです。

A:二見鷹介プロデューサーの答え

 今作と同じ成長システムを全キャラ分にすると、そりゃもう……全員育成プレイするのが大変で……ということになってしまうので、それは避けたいとの認識でした。

 ただ、プレイアブルキャラクターとして他のキャラクターも使用したいとのことですので、引き続き検討はしてきたいと思っています。追加衣装に関しては、他のパートナーに着せてあげる。といった遊びになっております。

 とても……とても……頑張れば……ゲーム内にいる女の子NPC100人に同じ服を着せるなんて遊びができるので、そういったプレイの中で楽しんでいただければと思います!

Q:ぴすぴすさんからのご質問

『ホロウ・リアリゼーション』について質問です。ハウジング(?)と言うのでしょうか? 家を買えたり家具を買えたり、家を建てることとかはできるのでしょうか?

 庭になにか育てたりとかしたいなーと……。できたら実装してほしいです。お願いしますううう!

A:二見鷹介プロデューサーの答え

 ……とてもとてもわかります……。開発初期に入れたいと懇願していました……。現在は入っていませんので、今後検討していきますね。僕も入れたいので……。

Q:キョウイチロウさんからのご質問

 『ホロウ・リアリゼーション』についての“なぜなに”です。本作の世界観は浮遊城アインクラッドができる前で、PVなどにはアインクラッド城らしきものが映っていますが、『ソードアート・オンライン プログレッシブ』に出てくる“大型キャンペーンクエスト”のNPC“黒エルフ”や“森エルフ”は出てくるのでしょうか?

A:二見鷹介プロデューサーの答え

 原作の小説シリーズである『ソードアート・オンライン プログレッシブ』とは違う作品・世界になるのですが、先日発表させていただいたキズメルの参戦のように、何かしらの形でかかわっている……かも……という形です。彼女たちがどのような形でゲームに登場し、活躍するのか楽しみにしておいてください!!

『ソードアート・オンライン -ホロウ・リアリゼーション-』
▲凛としたたたずまいの女剣士・キズメル(声優:伊藤静さん)。ゲームではどんな活躍を見せてくれるのでしょうか?

(C)2014 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/SAOII Project
(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

データ

▼『ソードアート・オンライン -ホロウ・リアリゼーション-』初回限定生産版
■メーカー:バンダイナムコエンターテインメント
■対応機種:PS4
■ジャンル:RPG
■発売日:2016年10月27日
■希望小売価格:10,980円+税
▼『ソードアート・オンライン -ホロウ・リアリゼーション-』
■メーカー:バンダイナムコエンターテインメント
■対応機種:PS4
■ジャンル:RPG
■発売日:2016年10月27日
■希望小売価格:7,200円+税
▼『ソードアート・オンライン -ホロウ・リアリゼーション-』初回限定生産版
■メーカー:バンダイナムコエンターテインメント
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:RPG
■発売日:2016年10月27日
■希望小売価格:9,880円+税
▼『ソードアート・オンライン -ホロウ・リアリゼーション-』
■メーカー:バンダイナムコエンターテインメント
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:RPG
■発売日:2016年10月27日
■希望小売価格:6,100円+税

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。