News

2016年12月20日(火)

“闘会議2017”新たなパートナー企業発表。企画ブースにはゲームのセンター試験などさまざまな企画を実施

文:たすん

 ドワンゴは、2017年2月11日、12日に開催するゲームファンとゲーム大会の祭典“闘会議2017”について、新規追加企画や各ブースの詳細、イベント出演者に関する最新情報を公開しました。

“闘会議2017”

 闘会議は、デジタルからアナログまで古今東西のゲームが集まる、日本最大級の“ユーザー参加型”ゲームイベントです。2015年に初開催し、3度目となる今年は、アミューズメント業界最大規模の展示会JAEPOと初の合同開催となり、1~8ホールを使用した過去最大の広さで開催します。

出展ブースやゲームタイトル増加し、国内最大級の規模で開催

 会場には、TVゲーム・スマホゲーム・アナログゲームなど、さまざまなゲームが並び、腕に自信のあるゲーマーが当日参加できる“ウデ自慢エリア”、ゲーム実況体験ができる“ゲーム実況者エリア”、懐かしのゲームで遊べる“レトロゲームエリア”など、子どもから大人まで幅広い世代が楽しめる企画が用意されています。

 新旧問わず遊べるゲームのラインナップも増加しました。この他、各ゲームタイトルとコラボレーションしたオリジナルメニューを販売する“フードコート”や、新旧さまざまなゲームに関する問題に挑戦し“ゲーム学力”を判定することができる“ゲームのセンター試験”なども展開します。また、闘会議2017パートナー企業の企画も新たに決定しました。

 “闘会議2017”企画ブースやパートナー企業企画の詳細は、公式サイトのブース一覧ページで確認してください。

“闘会議2017”
▲ゲームの知識が試される“ゲームのセンター試験”。
“闘会議2017”
▲ゲーム作品の名曲が聴ける“ゲーム音楽ステージ supported by ヤマハ ミュージックジャパン”。
“闘会議2017”
▲懐かしのゲームで遊べる“レトロゲームエリア”。
“闘会議2017”
▲ゲーム実況者エリア(イメージ)。
“闘会議2017”
▲自作ゲームが数多く並ぶ“自作・インディーゲームエリア”。
“闘会議2017”
▲大会などが行われるアーケードエリア。
“闘会議2017”
▲リアル“クトゥルフ神話TRPG”(イメージ)。

“闘会議2017”開催概要
開催日時:2017年2月11日10:00~18:00、12日10:00~17:00
主催:niconico
会場:幕張メッセ国際展示場1、4~8ホール
特別パートナー:任天堂
パートナー:XFLAGスタジオ、セガゲームス、エイチーム、#コンパス、バンダイナムコエンターテインメント、モンスターエナジー、ヤマハミュージックジャパン
出展:闘会議GP、闘会議TV

(C)DWANGO Co., Ltd. All rights reserved.

その他のおすすめ記事

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。