News

2016年12月27日(火)

『YU-NO』アニメプロジェクトも発表された20周年記念公開生放送の模様をレポート!

文:電撃PlayStation

 2016年12月26日、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』の20周年を記念する特別番組“この世の果て調査団 YOU KNOW?”公開生放送が東京・秋葉原で開催された。

『この世の果て調査団 YOU KNOW?』

 今回の放送は、レギュラーメンバーの武田絵里子役の小林ゆうさん、ユーノ役の小澤亜李さん、柳原哲也(アメリカザリガニ)さんに加え、有馬たくや役を演じる林勇さん、浅田プロデューサーが出演。

 さらに、『YU-NO』の楽曲を手掛けたサウンドクリエイター陣、オリジナル版が発売された当時を知るゲームライターなど、多くのゲストが登壇する20周年の記念にふさわしいものだった。

『この世の果て調査団 YOU KNOW?』
『この世の果て調査団 YOU KNOW?』
▲会場にはさまざまな世代のファンが。なかにはカナダから来たという人も!

 まずはじめに、小林ゆうさんと小澤亜李さん、林勇さんが登場。改めて本作に登場するキャラクターとCVが紹介されたあと、最初のコーナーである“音楽から振り返るYU-NO”コーナーへ。

 プロデューサーを務める浅田誠氏、セガサターン版のオープニングおよびBGM作曲、リメイク版のBGM作曲・アレンジを手掛けたヨナオケイシ氏、PC-9800シリーズ版のBGM作曲、リメイク版BGMアレンジの高見龍氏が登壇。

 アレンジの出来は自信たっぷりであること、元の楽曲がファンから愛されているため、そのサウンドを内包しつつよりゴージャスにしたこと、元の空気感を大事にしたことなどが語られた。

 また、浅田氏から限定版のハイレゾサウンドトラックDVDについて、最初は曲をハイレゾ音源で収録する予定は無かったが、出すならこの機会しかないと思い、途中で仕様を変更したことも明かされた。

『この世の果て調査団 YOU KNOW?』
▲こちらが限定版に収録されるサントラの内容。
『この世の果て調査団 YOU KNOW?』
▲おふたりの口から制作における苦労やこだわりが存分に語られた。

 このあと、浅田さんが実機で本作をプレイし、コンフィグ内でリメイクとオリジナルの好きなほうのBGMを選べることを説明したが、まだ公開していないマップ画面やシステム画面までも披露してスタッフを慌てさせる場面も!

 続いて“ゲーム業界から振り返るYU-NO”のコーナーへ! 元ゲーメスト編集長の石井ぜんじさんとゲームライターの田淵健康さんが、オリジナル版が発売された1996年の出来事を振り返っていくことに。

 インターネットが発達していない当時は攻略本の情報が貴重だった……という話から、林さんが某ギャルゲーにハマり、大好きな女の子を振り向かせるために必死に攻略本を読んでいたことなど、意外な思い出話なども語られた。

 また、ここで“画伯”で知られる小林さんが林さんと小澤さんから20年前の思い出を聞き、それをイラストに起こしたものを発表するというコーナーがスタート。

『この世の果て調査団 YOU KNOW?』
▲突如として謎のコーナーが!

 当時4歳で保育園で忍者ごっこをしていたという小澤さんをイメージしたイラストがこちら。

『この世の果て調査団 YOU KNOW?』

 真ん中の池にいる小さいのが小澤さん。右上に描かれているのが山だという。ちなみに生放送のコメントで「これがこの世の果てか」と言われていたことがMCの柳原さんから伝えられ、会場から「うまい!」や笑いの声が漏れていた。

 続いて林さんのイラストへ。20年前は13歳だがパッと当時の思い出が出てこなかったため、17歳のころを描いてもらったようで、なんとそのときは“ギャル男”で肌が真っ黒だったという。そして、そのイメージをイラストにしたものがこちら!

『この世の果て調査団 YOU KNOW?』

 右の姿は死んでいるように見えるが、これは日焼けサロンで肌を焼いている姿らしい。また、左の黒い物体は肌を焼きすぎて夜の闇と同化した林さんとのことだ。

 その後は気を取り直して(?)、田淵健康さんが本作の原作者である菅野ひろゆきさんについて解説。菅野さんは初期の“剣乃ゆきひろ”名義で発表した『DESIRE 背徳の螺旋』や『EVE burst error』、『XENON -夢幻の肢体-』のころから注目されていた人物であり、『YU-NO』の発売前もユーザーからの期待がすごく高かったことが語られた。

『この世の果て調査団 YOU KNOW?』
▲こちらが初期の代表作。

 また、『YU-NO』が発売された1996年は『雫』、『痕』、『下級生』、『鬼畜王ランス』など新しい波を生むような数多くの名作が誕生した年であったこと、その締めくくりで『YU-NO』が登場したことなども解説された。

 続いて“クイズ!YU-NOお宝調査団!”のコーナー。どれがいちばんレアなお宝であるものか当てるコーナーで、オリジナル版のゲーム、完全ガイド(攻略本)、そして謎の原画が登場。女性陣が完全ガイドのなかにあるイラストを見て慌てる場面があったものの、無事にすべて正解することに成功した。

『この世の果て調査団 YOU KNOW?』
『この世の果て調査団 YOU KNOW?』
『この世の果て調査団 YOU KNOW?』
『この世の果て調査団 YOU KNOW?』
▲レアグッズの数々。

 ゲームと攻略本は浅田氏の私物で、なんと謎の原画はこのイベントのためにオリジナル版のキャラクターデザインを務めた長岡康史さんのイラストであることが判明! 驚きのアイテムに会場のファンからも思わず感嘆の声が!

『この世の果て調査団 YOU KNOW?』
▲オリジナル版を手掛けた長岡康史さんとリメイク版を手掛ける凪良さんのイラストがリバーシブルとなったポスターが会場のファンに贈られた。

 そして最後は“YU-NO 新着情報”コーナーへ。ゲームの発売日やコミカライズの詳細のほか、ビックサプライズとしてMAGES.×GENCO×feel.がタッグを組んでのアニメプロジェクトが始動したことが発表された。

『この世の果て調査団 YOU KNOW?』
▲まさかの発表に会場からもどよめきが!

 20周年記念としてこれ以上はないであろうサプライズ。ファンは楽しみに続報を待とう。

(C)MAGES./5pb.

データ

▼『この世の果てで恋を唄う少女 YU-NO』
■メーカー:5pb.(MAGES.)
■対応機種:PS4
■ジャンル:ADV
■発売日:2017年3月16日
■希望小売価格:7,800円+税
▼『この世の果てで恋を唄う少女 YU-NO(限定版)』
■メーカー:5pb.(MAGES.)
■対応機種:PS4
■ジャンル:ADV
■発売日:2017年3月16日
■希望小売価格:11,000円+税
▼『この世の果てで恋を唄う少女 YU-NO(ダウンロード版)』
■メーカー:5pb.(MAGES.)
■対応機種:PS4
■ジャンル:ADV
■配信日:2017年3月16日
■価格:7,000円+税
▼『この世の果てで恋を唄う少女 YU-NO』
■メーカー:5pb.(MAGES.)
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:ADV
■発売日:2017年3月16日
■希望小売価格:7,800円+税
▼『この世の果てで恋を唄う少女 YU-NO(限定版)』
■メーカー:5pb.(MAGES.)
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:ADV
■発売日:2017年3月16日
■希望小売価格:11,000円+税
▼『この世の果てで恋を唄う少女 YU-NO(ダウンロード版)』
■メーカー:5pb.(MAGES.)
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:ADV
■配信日:2017年3月16日
■価格:7,000円+税
その他のおすすめ記事

関連サイト

電撃PlayStation

最新号紹介

  • 電撃PlayStation Vol.633

    電撃PlayStation Vol.633表紙画像

    2017年2月23日発売
    特別定価:694円+税

    【表紙&攻略特集】LET IT DIE
    【特別攻略冊子】魔女と百騎兵2
    【月イチ付録】デンプレコミック #3
    【巻頭総力特集】
     AW VS SAO / BLUE REFLECTION
    【特集1】NieR:Automata
    【特集2】スーパーロボット大戦V
    【特集3】Horizon Zero Dawn
    【電撃特報】ガンガンピクシーズ
    【特別企画】PSセンター試験・解答編
    【SUPER PUSH】仁王 / 閃乱カグラ PBS
     ダントラ2-2 / YU-NO / フォーオナー
     バイオ7 / 四女神オンライン ほか
    【ONLINE STATION】
     FFXIV / PSO2 / DDON / FFXI
    【コード付録】NieR:Automata
     魔女と百騎兵2 / 四女神オンライン
     LET IT DIE / DDON / MHF-Z

    >> 詳細はこちら