News

2017年2月8日(水)

“第23回電撃小説大賞”大賞作品『86-エイティシックス-』が2月10日に発売

文:イズミン

 2016年10月に受賞作品を発表した小説公募新人賞“第23回電撃小説大賞”の大賞受賞作品『86-エイティシックス-』(著者:安里アサト/イラスト:しらび/メカニックデザイン:I-IV)が、2月10日に電撃文庫より発売されます。

“第23回電撃小説大賞”

 “電撃小説大賞”は、KADOKAWA アスキー・メディアワークスが次代を創造するエンターテイナーの発掘・育成を目的に主催している“電撃大賞”の小説部門賞で、第23回では4,878作品の応募が寄せられました。

 今回電撃文庫より発売となる作品は、選考委員から高い評価を受け、全応募作品の頂点に輝いた作品です。なお、この他の“第23回電撃小説大賞”受賞作は、2月25日にメディアワークス文庫から“大賞”受賞作を含む2作品、3月10日に電撃文庫より3作品、3月25日にメディアワークス文庫から2作品の発売が予定されています。

“その戦場に、死者はいない”だが、彼らは確かにあそこで散った。

 サンマグノリア共和国。そこは日々、隣国である“帝国”の無人兵器≪レギオン≫による侵略を受けていた。しかしその攻撃に対して、共和国側もまた無人兵器≪ジャガーノート≫の開発に成功し、戦線に投入。

 辛うじて犠牲を出すことなく、その脅威を退けていた。そう――表向きは。本当は、誰も死んでいないわけではなかった。

 共和国全85区画の外。≪存在しない“第86区”≫そこでは“エイティシックス”の烙印を押された少年少女たちが日夜、≪有人の無人機≫として戦い続けていた―>―。

 死地へ向かう少年兵と、遥か後方から彼らを指揮する“指揮管制官(ハンドラー)”となった少女の、出会いと別れの物語。

■『86-エイティシックス-』概要
【著者(敬称略)】安里アサト(あさとあさと/応募時筆名:麻里アサト)
【イラスト(敬称略)】しらび
【メカニックデザイン(敬称略)】I-IV
【価格】630円+税
【発売日】2月10日
【ページ数】344ページ
【ISBN】978-4-04-892666-9

“第23回電撃小説大賞”特集サイト開設

 “第23回電撃小説大賞”受賞作の魅力を伝えるための特集サイトでは、各作品のストーリー紹介や登場人物紹介、試し読み、推薦コメント掲載の他、人気作品のTwitterアイコンプレゼントなどが順次行われます。

 また、Twitterで寄せられた読者からの感想もサイト内で随時紹介予定です。

“第23回電撃小説大賞”

“第23回電撃小説大賞”受賞作品の発売概要

メディアワークス文庫より2月25日発売

受賞内容 タイトル 著者およびイラスト(敬称略)
“大賞”受賞作 『君は月夜に光り輝く』 著:佐野徹夜(さのてつや)
イラスト:loundraw
“メディアワークス文庫賞”受賞作 『キネマ探偵カレイドミステリー』 著:斜線堂有紀(しゃせんどうゆうき)
イラスト:スカイエマ

電撃文庫より3月10日発売

受賞内容 タイトル 著者およびイラスト(敬称略)
“金賞”受賞作 『賭博師は祈らない』 著:周藤蓮(すどうれん)
イラスト:ニリツ
“銀賞”受賞作 『キラプリおじさんと幼女先輩』 著:岩沢藍(いわさわあい)
イラスト:Mika Pikazo
“選考委員奨励賞”受賞作 『オリンポスの郵便ポスト』 著:藻野多摩夫(ものたまお)
イラスト:いぬまち

メディアワークス文庫より3月25日発売

受賞内容 タイトル 著者およびイラスト(敬称略)
“銀賞”受賞作 『明治あやかし新聞 怠惰な記者の裏稼業』
※応募時の原題『明治怪異新聞』より改題
著:さとみ桜(さとみさくら)
イラスト:銀行
“選考委員奨励賞”受賞作 『ひきこもりの弟だった』 著:葦舟ナツ(あしふねなつ)
イラスト:げみ

(C)2017 ASATO ASATO / KADOKAWA CORPORATION

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。