News

2017年3月1日(水)

【電撃PS】『FF14 紅蓮のリベレーター』侍に乱れ雪月花は存在する! 吉田直樹P/Dへのインタビューを掲載

文:電撃PlayStation

 ドイツでのファンフェスティバルが行われ、6月20日発売の拡張パッケージ『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』への期待が高まる『FFXIV』。今回は、電撃PSから提出したメールインタビューへの、吉田直樹プロデューサー兼ディレクターの回答を掲載!

『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』

 このメールインタビューは、ドイツファンフェスティバル1日目終了後のインタビューに加える形で、各メディアから別個に吉田P/Dに出されたもの。メディアごとに内容が異なるはずなので、興味がある方はいろいろと探してみるのもおもしろいかも!?

――以前からたびたび触れられていた受け流し・命中のサブステータス関係の調整もパッチ4.0で入るのでしょうか。どのような形になりますか?

吉田:受け流し、命中、ブロック率、PIEなど多くのサブステータス、メインステータスの一部に変更が行われます。これらは説明がかなり細かく必要なため、プロデューサーレターライブなどで、説明の機会を作ろうと思っています。詳細はそれまでお待ちください。

――東方の珍獣としてパンダ(ミニオン・パンダの説明文)や虎(タイガーコッドの説明文)が存在しているようですが、実物に会えますか?

吉田:冒険する大陸が異なるため、モンスターの生態系も変わったモノが多くなると思います。パンダは実際には割と凶暴な動物ですが、エオルゼアの世界であの愛くるしいパンダを殴るのは……ちょっと気が引けますね。どんな動物やモンスターに出会うかは、皆さんの目でお確かめください!

――飛空艇に代わる新たなカンパニークラフトや、それを用いることで挑戦可能になる新コンテンツはありますか?(海が登場したということは……今度は潜水艦を作れる!?)

吉田:カンパニークラフトの大型アップデートは、4.Xシリーズのパッチにて予定しています。潜水艇もその候補のひとつですが、はたして何になるか、今はいろいろご想像しつつお待ちください(笑)。

『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』

――4.0開始後はやはり侍&赤魔道士のプレイ人口が大きくなると思われますが、タンクやヒーラーが自分のジョブをやり続けたいと思える飴のようなものはありますか?

吉田:タンクには上位専用マウントを準備中です。ただ、基調講演でもお話しした通り、蒼天のイシュガルド時のデータを見る限り、タンクやヒーラーの方が、いきなりDPSジョブをプレイすることは殆どありませんでした。4.0リリースから数週間後に新アラガントームストーンが追加されたり、レイドが開放されることから、やはり最初は皆さんメインロールのジョブをプレイすることが殆どです。

 もちろん、メインジョブのカンスト後は、新ジョブのレベリングをされると思いますが、現在はディープダンジョンやFATEもあり、ID一択でのレベリングにはならないと思います。むしろ、ディープダンジョンが一番混むのではないでしょうか……。

――DPS2ジョブの追加で、とくにLv50~60台はタンク・ヒーラー不足になる可能性があります。それに対して、何らかの施策(レベリングルーレットのボーナスアップ、ダンジョン以外の経験値稼ぎ手段、該当レベル帯の経験値緩和など)は考えていますか?

吉田:上記にも重複回答がありますが、EXPが増加されている蒼天側のFATEやディープダンジョンで、ガシガシレベリングできますので、あまりIDにこだわらない方がよいと思います。現在の最効率レベリングはディープダンジョンですし……。

――地図に見える四神(青竜、朱雀、玄武、白虎)について教えてください。蛮神とは異なりますか?

吉田:これらが何を意味しているのか、そもそも意味があるのかどうかについては、ご想像にお任せします(笑)。これ以外にも今回の新たなワールドマップには、幾つか仕掛けがあるようですので、世界設定がお好きな方々で、考察をしてみていただけると嬉しいです!

『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』

――新たな都市(街)には、エオルゼアのグランドカンパニーに該当するような組織はありますか?(所属できますか?)

吉田:基調講演でもお話ししましたが、クガネはひんがしの国に属した港町ですが、ひんがしの国自体は鎖国政策中です。ひんがしの国が現在どうなっているのかは、紅蓮のリベレーターである程度語られますので、それまでお待ちください。というわけで、GCのような国家単位の組織はクガネにはありません。とある組織はありますが、いずれにせよ、プレイヤーが所属できるものではないです。

『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』

――ネット上では光の戦士たちがテレポ代に戦々恐々としていますが……大陸間移動はやはり高額なのでしょうか

吉田:大陸間移動には、やはりそれなりのギルが……。とはいえ、999ギル以上にはならないよう、現在最終調整を行っています。

――侍のリミットブレイク技について教えてください。もしかすると“乱れ雪月花”……!?

吉田:新ジョブのリミットブレイクの一部が公開されるのは、恐らく新たなベンチマークソフトのリリースになると思います。ぜひそちらをお待ちください。いずれにせよ、LBかどうかは伏せるとして、乱れ雪月花は存在します(笑)。

『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』

――侍に絡めてギルガメッシュが再登場する可能性は……!?

吉田:風の噂で、東方には腕の立つ“用心棒”がいるとかなんとか……。そういえば、ギルちゃんとも久しく会ってないですね。元気でやっているといいのですが。

『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』

――ありがとうございました!

データ

▼『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター コレクターズエディション』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS4
■ジャンル:MMORPG
■発売日:2017年6月20日
■希望小売価格:19,800円+税
▼『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS4
■ジャンル:MMORPG
■発売日:2017年6月20日
■希望小売価格:3,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター コレクターズエディション(ダウンロード版)』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS4
■ジャンル:MMORPG
■配信日:2017年6月20日
■価格:5,600円+税
▼『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター(ダウンロード版)』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS4
■ジャンル:MMORPG
■配信日:2017年6月20日
■価格:3,800円+税
その他のおすすめ記事

関連サイト

電撃PlayStation

最新号紹介

  • 電撃PlayStation Vol.638

    電撃PlayStation Vol.638表紙画像

    2017年5月11日発売
    特別定価:639円+税

    【表紙&巻頭特集】ザンキゼロ
    【特集1】今だから聞ける名作インタビュー
     GRAVITY DAZE 2 / Horizon Zero Dawn
     NieR:Automata(ニーア オートマタ)
    【特集2】『アトリエ』20周年特別企画
    【電撃特報】深夜廻 / 祝姫 -祀-
     ハコニワカンパニワークス
    【SUPER PUSH】閃の軌跡III / イースVIII
     ドラゴンクエストXI / GOD WARS
     信長の野望・大志 / 旋光の輪舞2
     SAO HR / アクセル・ワールド VS SAO
    【ONLINE】FFXIV / PSO2 / Destiny
     LET IT DIE / DDON / FFXI / MHF-Z
    【特別企画】ニューダンガンロンパV3 ほか
    【コード付録】GOD EATER 2 RAGE BURST
     ガンガンピクシーズ / DDON / MHF-Z

    >> 詳細はこちら