News

2017年6月9日(金)

アニメ『刀使ノ巫女』しずまよしのり氏が原案の益子薫と古波蔵エレンの情報が公開

文:電撃オンライン

 女子中高生×日本刀のオリジナルアニメーション『刀使ノ巫女(とじのみこ)』に登場するキャラクター・益子薫と古波蔵エレンの情報が公開されました。

 また、世界観用語集が更新され“ノロ”と“荒魂”についての内容が判明しました。

『刀使ノ巫女』
『刀使ノ巫女』

益子薫(ましこかおる)

『刀使ノ巫女』

「めんどくさい……」

 長船女学院高等部一年生の15歳。御刀は祢々切丸。無口でめんどうくさがり、いつもだるそうな省エネスタイル。一人称は“オレ”。

 小柄ながら大剣を軽々振り回すパワーファイター。守護獣である荒魂の“ねね”を連れている。エレンをうっとおしがるそぶりをしているが、実はかなり信頼している。

古波蔵エレン(こはぐらえれん)

『刀使ノ巫女』

「では――ミッションスタートデス!」

 長船女学院高等部一年生の15歳。御刀は越前康継。日本人の父とアメリカ人の母を持つ。天真爛漫な性格で周りを笑顔にするムードメーカー的存在。

 薫とはよいパートナー。初対面でも人見知りせず、相手に勝手にあだ名をつけて呼ぶ。

“世界観用語集”が更新

ノロ

 珠鋼を精製する際に砂鉄から出る不純物。負の神性を帯びており、ほぼ消滅しないため、厳重に扱われている。ノロには結合しやすい特性があり、結合が進むと荒魂となって世の中に災いをもたらす物もある。

 荒魂化を防ぐため、古来少量ずつ金属の壺などに小分けされ、各地の杜に奉られ、鎮められてきた。

荒魂

 怪異、妖怪、物の怪、悪霊などとも呼ばれる。その正体はノロが結合し、擬似生物のように変化したものである。ノロの総量、質によって災いのレベルは異なる。刀使の御刀は、荒魂を斬って祓うことができる。

(C)伍箇伝計画/刀使ノ巫女製作委員会

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。