News

2017年6月16日(金)

『二ノ国II』のボス戦を体験。精霊“フニャ”との連携がクセになる気持ちよさ【E3 2017】

文:てけおん

 アメリカ・ロサンゼルスで開催中のE3 2017。そのバンダイナムコエンターテインメントブースで、レベルファイブから11月10日に発売されるPS4/PC用ソフト『二ノ国II レヴァナントキングダム』を試遊できたので、その感想をお届けしていきます。

『二ノ国II レヴァナントキングダム』

 『二ノ国II レヴァナントキングダム』は、“人と人とのつながり。人は誰かによって、変化し、成長する”といった想いが感じられるRPG作品で、制作に百瀬義行さん(元スタジオジブリ)と久石譲さんが参加しています。

 物語の主役となるのは、父の死により新たな王に即位したものの、クーデターにより国を追われた13歳の少年・エバン。王位から蹴落とされ、母親や姉同然の侍女・アルフィニーとの悲しい別れの際、王となることを決意した彼の冒険が描かれていきます。

動画:【二ノ国II レヴァナントキングダム】1stトレーラー

 作品について少し紹介したところで、試遊について書いていきましょう。今回楽しめたのは、PVにも登場したゴリラにも似た屈強な敵“Thogg(日本語版ではウーゴ)”との戦いと、ゴールドパウンドという国の守護神である“Longfeng(日本語版ではウルデラコン)”との戦いの2つです。

 プレイはどちらかを選んで行うことになるのですが、“Thogg”との戦いを選んだ場合は、少しですがシャーティーと会話することができ、彼女が操る乗り物に乗って飛ぶシーンを見ることができます。

 すでに公開されているPVと同じく、このイベントシーンも3Dで作られていたのですが、とにかく美麗。キャラクターの感情に即した表情がしっかりと付けられていて、以前の3D表現にあったようなセリフと表情の違和感をほとんど感じません。アニメで描かれたものと比べても遜色ないレベルだと感じました。せっかくですので、そんなことを念頭に置いて2ndトレーラーをご覧になってみてください。

動画:【二ノ国II レヴァナントキングダム】2ndトレーラー

 さて、上のPVでもあったThoggとの戦いですが、とにかくコイツのモーションが豊富! しばらく見ていても飽きないくらい、いろんなパターンで攻撃してきます。本作の戦闘はアクションですので、敵の行動パターンが多いとそこそこ大変で憎らしくはあるのですが、コイツがまたそこはかとなく愛嬌があるんですよ。

 腕をブンブン振り回してから強力な一撃をお見舞いしてきたりするのですが、そのスキに攻撃すると、ダウンしてしまったり(笑)。慣れてくると、なんだかかわいく見えてくるから不思議ですね。

 さて戦闘ですが、剣での近距離攻撃と魔法による遠距離攻撃、そして使用に制限はあるものの回復や強力な一撃を繰り出せる特殊攻撃(スキル)の3つと、防御・回避・ジャンプが可能な、完全にアクションゲームの形式。プレイヤーは、エバンを操作して戦闘することになります。今回の試遊ではエバンのみを操作できましたが、製品版ではロウランたちも操作できるとのことです。

 ここまではオーソドックスなスタイルのアクションですが、本作の特徴は、エバンたちの足元にいる精霊“フニャ”との連携にあります。フニャたちは、スキルをより強力にしてくれたり、攻撃力や防御力をあげたりしてくれます。この“フニャ”たちとの連携を意識して戦うかどうかが、本作における戦闘の大きなコツと言えます。

 特にバフは強力で、攻撃力をあげてもらった状態でスキルによる攻撃を決めると一挙に大ダメージを与えられます。これはかなり強力だし、敵のゲージをゴリッと削る気持ちよさも味わえました。

 “Thogg”との戦いは、フニャたちの力を借りつつ近接攻撃とスキルでゴリ押しで倒せましたが、遠距離からの攻撃を仕掛けてくる“Longfeng”との戦いでは、回避や防御をしっかりと意識しなければならず、残り体力2割くらいまで削ったところで倒されてしまいました。ただ理不尽な力量差で圧倒されたのではなく、「次はこうすればもっとうまく戦えるな」と思わせてくれる程度の強さで、時間が限られている試遊でなければ、すぐに再戦したくなるくらい楽しめました。基本的にはRPGですので、戦闘がつらいと感じた場合にはレベルアップするなどして戦力を整えればアクションが得意でない人でも大丈夫な気がします。

 プレイし終わった後ではたと気づいたのですが、フニャたちとの連携システムは、本作のテーマである“人と人とのつながり。人は誰かによって、変化し、成長する”というのをうまく取り込んで作られているな、と感心しました。(フニャたちは人間ではありませんが……)

 同じ敵と戦うにしても、フニャたちの力を借りられるタイミングは毎回毎回変わります。それだけに、うまいタイミングで力を借りることができ、強敵を倒した時には気持ちよさがあるのだと思います。皆さんもどこかでプレイする機会があったら、彼らと協力する楽しさを感じてみてくださいね!

 最後に、先日公開されたばかりの3rdトレーラーを紹介して終わりたいと思います。こちらでは、“Longfeng”をはじめとした敵たちとの戦いの様子や、初公開となる集団戦の模様が収録されています。本作の発売を心待ちにしている人は、ぜひご覧ください。

動画:【二ノ国II レヴァナントキングダム】3rdトレーラー

(C)LEVEL-5 Inc.

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。

ゲーム実況エクストリーム
再生数ランキング(02/12~02/18)

  1. 1

    【荒野行動】最新アプデで追加されたS1 フェラーリ乗ってみた結果...時速100kmのスピード余裕で速すぎてやばすぎたwww &今後の課金アイテムについて【KNIVES OUT実況アプデ】

  2. 2

    【荒野行動】最新アプデで追加された新武器の激レアAUGにサプレッサーつけたら近距離瞬殺で強すぎてドン勝!!【KNIVES OUT実況アプデ】

  3. 3

    【荒野行動】最新アプデで追加された新迷彩の天空の龍と六角の裏技を使って10キルドン勝!!【KNIVES OUT実況アプデ】

  4. 4

    【MHW】レアな装飾品を神引き!マカ錬金ガチャ60連「古代竜人の錬金術」開放条件や必要素材の入手方法も【モンハンワールド】

  5. 5

    【荒野行動】あの女性実況者とバレンタインコラボで10キル無双してPT壊滅させたったww【KNIVES OUT実況アプデ】

  6. 6

    【MHW】チャージアックスを練習する弓師のモンスターハンターワールドなのである【モンハンワールド】

  7. 7

    【MHW】ソロで依頼やフリークエスト等をこなすモンスターハンターワールドなのである【モンハンワールド】

  8. 8

    【MHW】歴戦個体をソロで狩り、超会心を入手したいモンスターハンターワールドなのである【モンハンワールド】

  9. 9

    【MHW】歴戦個体をペアで狩り、痛撃や超会心の装飾品を入手したいモンスターハンターワールドなのである【モンハンワールド】

  10. 10

    【荒野行動】ダウンさんと協力プレイで6ドン勝!! 【Knives Out:放送録画】