総合 > 電撃App > 記事一覧 > 【ディバインゲート零:前日譚】日常編・“ムサシのこだわり”~優しさと温もり
2017-08-26 18:30

【ディバインゲート零:前日譚】日常編・“ムサシのこだわり”~優しさと温もり

文:電撃App

 ガンホー・オンライン・エンターテイメントから配信中のiOS/Android用アプリ『ディバインゲート』。2017年夏開始予定として期待が高まる新章、『ディバインゲート零』のキャラクターストーリーを追っていく連載企画をお届けします。

 今回お届けするのは、日常編・“ムサシのこだわり”。海守学院高等部の教員であるムサシが教え子のココロに“手作り感”のよさを熱く語っていますが、彼女の心に届くのでしょうか?

日常編・“ムサシのこだわり”

テキスト:team yoree
イラスト:シノ屋(TENKY)

 海守学院高等部。ある日の昼下がり。

 職員室の一角で聞きなれない音が響いていた。

「よし……あとは……ここを切って……こうして……いや、先に貼った方がいいか?」

 ぶつぶつと言いながら作業をしているのはムサシだ。彼は一人で、面会やミーティングなどに使う少人数用のデスクを占領していた。

 デスクの上には画用紙、カッターマット、ハサミ、刃の細さの違う数種類のカッター、色鉛筆、チューブインク、等々、図画工作用の道具。そして、散らばっている写真に、わら半紙。彼は今日、出勤してからずっとこれらの道具と共に作業を続けていた。

【ディバインゲート零:前日譚】

「ムサシ先生。そんなところで何してるんですか?」

 後ろからやって来たココロが声をかけた。ムサシは「うおっ!」と叫んで慌てたあと、振り返った。

「なんだ、ココロか。びっくりしたあ。驚くだろ、いきなり声かけやがって。どうした?」

「日誌を届けに来たんですよ。担任の先生に頼まれて」

「あ~、日直か。でも、お前の担任、席あっちだろ」

「そうなんですけど、ムサシ先生が真剣に何かしているので、気になって見に来ちゃったんです」

「ああ~……」

 なるほど、と納得したようにムサシは頷いた。

「それで、何してるんですか?」

「今度、学校見学会やるの聞いたか? 外部の中学生向けに」

「ああ、この間ホームルームで先生から説明がありました」

「その見学会向けのしおりを作ってる」

「しおり? えっ、新しくですか?」

「おうともよ」

「へえ~。でも、学院の案内書なら前から使ってるものがあったと思うんですけど……?」

「ばっかやろ。あんなのダメに決まってんだろ。ちっとも良さが伝わらねえ。文章もカタいし、写真も少ねえし。だいたい日常の風景がぜんぜん載ってねえじゃねえか」

 そう言ってムサシは作りかけのしおりをココロに見せた。

「見ろ! これが俺の手作り版だ」

「え……これ、文章全部手書きじゃないですか……!」

「おう。気持ちが伝わるだろ?」

「それはそうですけど、パソコンで作った方が早いんじゃないですか? すごく時間がかかりそう……」

「いいのいいの。こういうのは『手作り感』ってのが大事なんだから」

「な、なるほど……。手作り感……」

 ココロはデスクの上を見た。

 見慣れない道具がいくつかある。

「先生。これ、何ですか? 竹……の定規?」

「それ以外の何に見えるんだよ」

「定規なんだ……。初めて見ました。竹の定規なんてあるんですね」

「あるに決まってんだろ? 定規っつったら竹だよ竹。これがスタンダード」

「そうなんですか……? 透明なものの方が使いやすいような……」

「わかってねえなあ。温もりってやつが違うんだよ」

「温もり?」

「持ってみろ。あったけーだろ?」

「うーん……。手触りは、とてもいいですね……」

「それが温もりってやつだ。これがあるとないとでは、引いた線が変わってくる」

「えっ……線が……?」

 ココロはまた別の道具を見た。

「先生、これは何ですか? このチューブのやつ」

「これか? これはのりだ」

「のり? えっ、のりって、紙と紙をくっつけるときに使う、のりですか?」

「それ以外、こういう時に使うのりって何だよ」

「えっと……。どう使うんですか?」

「簡単なこった。こうやって、チューブから出したのりを指に乗せて、紙に直接塗るんだ」

「ええ~っ……指で塗るといろんなところにくっつきそう……。スティックや、ペンシルタイプを使った方が、楽だと思うんですけど……」

「ダメダメぇ! チューブのじゃなきゃダメなんだよ。他のは優しさってもんが足りねえ」

「優しさ……」

「ちょっと香りをかいでみろ」

 ムサシはココロにチューブのりを渡した。

 ココロがのりの匂いをかいでみる。

「……うーん。確かに、他のとは……ちょっと違う……ような」

「だろ!? これが大事なんだよ。このちょっと甘いような、柔らかいような、懐かしいような、この香りこそ、チューブのりの命。優しさだ」

「はあ……」

「これでくっつけるとな、俺の気持ちが紙に込められて、温もりや優しさが相手に伝わるんだよ」

「そう……なんですね……? これが『手作り』感……。すごいなあ、ムサシ先生。道具へのこだわりが強い……」

「おう。俺がギターを弾く上で大切にしてるもんでもあるからな、温もりと優しさは。だから、こういう道具ひとつをとっても大事にしたいわけよ」

「すごい飛躍……あ、いえ、なるほど。言われてみれば、ムサシ先生の音って、優しさと温もりに溢れてますもんね」

「だろ?」

 ムサシは得意げに笑って返した。

 ココロが写真の方に目を移す。

「これ、ちょっと見てもいいですか?」

「おう。指紋には気を付けてくれよ」

「あっ。はい」

 ココロは写真の端を指でつまんで持ち上げた。そして手のひらに載せて、気を付けながら一枚一枚見る。

「わ~、きれいな花壇の写真。校務員さんの写真もある。それに、夜空の写真も。すごい、星がきれいに写ってる。あとは、猫の写真、猫の写真、猫、猫、猫……。

 先生、猫の写真、多くないですか? 20枚くらいありますけど」

「ああ。でも、ぜんぶ違う猫だぜ?」

「……へ、へええ~、うちの学院、こんなに猫がいたんですねぇ……」

「ちゃんと撮らせてくれたやつはな」

「…………。えっと、ということは、もしかしてこの写真、ムサシ先生が撮ったんですか?」

「ああ、そうだけど」

「授業中のものはないんですか?」

「あー。ないなあ」

「……体育祭とか、写生大会とか、修学旅行とか、合唱コンクールとか、文化祭の写真とかは……?」

「それもない」

「……」

「え、いる?」

「だって、私たちの学院生活の風景ですし」

「入学したらいくらでも見られるんだぜ?」

「そうですけど……そういうのを見せた方がよくないですか? 学院案内なんですし」

「そうかあ? それより、あまり見られねえもん見せた方がよくねえか? うちにはこんなものがあるんだぜって」

 そう言われてココロは作りかけのしおりに目を落とした。よくよく見ると、ムサシが先ほどから一生懸命作っているのは『海守学院内・花壇完全攻略図鑑』に『研究棟の屋上から見える季節別・星座の解説』に『全てを探し出せ!校内ネコMAP』だ。

「こ、これが、うちの学院案内……」

 思わずココロは呟いてしまった。

 ムサシがいつになく真面目な顔でココロを見る。

「おい、ココロ。大事なことを教えておく」

「は、はい。何ですか、先生」

「自分が熱くなれないことをするんじゃない」

「えっ……」

「これは俺が理力学を学んでいたときにずっと思っていたことだ」

 ムサシは遠い昔を見るような目で窓の外を見つめた。

「俺は留学していたとき、向こうの大学で、自分を熱くしてくれるものが見つからなかった。何をやってもどこかで見たことがあるようなものや、誰かがもう完成させてるものばかりで、ちっとも熱くなれなかったんだ。けど、そんなとき、誰もやれないことをやってのける奴に会った。正直、めちゃくちゃ刺激されたよ……」

「そんな出会いが……」

「そいつは、一見、全く関係なさそうなところからすげえもんを導いていた。型にハマらず、常識に囚われず……。だから俺も、あいつに出会って以来、これだ! と思ったことは、たとえ誰かに否定されてもやろうと思ってる」

「先生……」

「俺はこの学院のいいとこを、これから入学してくるかも知れない奴らに見せたい。校務員のおっちゃんが毎日世話してるたくさんの花壇。研究棟から見える星々。俺の昼寝に付き合ってくれる猫。全部好きだ。だから、俺はこれを伝えたい」

「……!」

 ココロはムサシの話を聞いて、温かい気持ちになっていた。ムサシの熱に感化されただけでなく、心の内からも伝わってくる温もりによって。

「……先生、私、ちょっとびっくりしましたけど、このしおり、とてもいいと思います。ムサシ先生らしい、温もりと優しさに溢れてて……」

「わかってくれたか」

 ココロは笑顔でムサシに頷き返した。

「先生、お邪魔してしまってすみませんでした。出来上がったら見せてくださいね」

「もちろんだ」

「あ。そうだ。一つだけ、追加しませんか?」

「ん?」

「先生がいつもお昼寝してる中庭の写真です。私、いつも、先生がお昼寝してるのを見て、『中庭、気持ちよさそうだな~』って思ってたんです。中庭も立派な学院のおすすめポイントだと思いますよ」

「なんだよ、見られてたのかよ。昼休みくらい、昼寝したっていいだろ?」

「ダメだなんて言ってませんよ」

 ココロは笑いながら言った。

「ははは。ま、サンキュな!」

「楽しみにしてますね」

 そう言ってココロは日誌を担任のデスクに届けると、自分の教室に戻って行った。

 ココロが出て行ったのを確認して、ムサシはしおり作業に戻る。

 が、再開の前にひとつ息をつくムサシ。

「あいつ、鋭いな……。実はあるんだよな~、中庭の写真。あいつの声が聞こえたから、思わず隠しちまったけど」

 ムサシはカッターマットの下から一枚の写真を取り出した。

 そこにはココロはもちろん、ルーニ、リアン、ミカ、カズシ、シンクが中庭で、それぞれの楽器を手に、楽しそうに笑っているところが写っていた。

「こんな写真、いつの間に撮ってんだよ、ってな……。なーんか、あいつらの顔見てたら、いつの間にかシャッター押しちまっててよ~……。教師っつーか、保護者っつーか、そんな自分がちょっと照れくせえ」

 そう言いながらも写真を見ながらムサシが微笑む。

「こんな風に笑い合える仲間と出会える学院ですよ、っと。これも俺のおすすめポイントなんだぜ?」

→日常編・“ココロの特別な一日”を読む

カズシ編・第一章

日常編

『ディバインゲート』のダウンロードはこちら

データ

▼『ディバインゲート』
■メーカー:ガンホー・オンライン・エンターテイメント
■対応端末:iOS
■ジャンル:パズル/RPG
■配信日:2013年10月10日
■価格:基本無料/アイテム課金
 
iOS『ディバインゲート』のダウンロードはこちら
▼『ディバインゲート』
■メーカー:ガンホー・オンライン・エンターテイメント
■対応端末:Android
■ジャンル:パズル/RPG
■配信日:2013年9月30日
■価格:基本無料/アイテム課金
 
Android『ディバインゲート』のダウンロードはこちら

関連サイト

アプリ人気ランキング

集計期間:12/1~12/31

  1. 1 『Fate/Grand Order(フェイト/グランドオーダー)』

    『Fate/Grand Order(フェイト/グランドオーダー)』

    TYPE-MOON / FGO PROJECT

  2. 2 『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ』

    『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ』

    バンダイナムコエンターテインメント

  3. 3 『チェインクロニクル3』

    『チェインクロニクル3』

    セガゲームス

アプリ人気ランキングに投票

アプリ人気ランキングをもっと見る

アクセスランキング(過去1週間)

  1. 1

    『SAO インテグラル・ファクター』CBTに先駆けてプレイ。感想や注意点をお届け

  2. 2

    【ぶくスタ第6回】瀬名泉の百面相が見られるのはもちろん“ゆうくん”絡みですね

  3. 3

    『FGO』沖田総司、ネロが描かれた手帳型スマホケースや携帯ストラップが登場

  4. 4

    話題のアプリ『アズールレーン』の魅力を紹介。効率的に経験値を稼ぐポイントを解説

  5. 5

    『ミラクルニキ』配信1周年にむけてトータルコーデ人気No.1を選ぼう! 人気投票開催中

  6. 6

    【スパクロ】アルトアイゼン・リーゼ、ライン・ヴァイスリッターのバフ対応表(#258)

  7. 7

    【スパクロ】アルトアイゼン・リーゼ、ライン・ヴァイスリッターを評価(#259)

  8. 8

    『グラスマ』が10月25日にサービス開始。ロードジュエル合計555個が配布決定

  9. 9

    【10月第2週のまとめ記事】『ゴッドイーター3』発売決定や『モンスト』電撃コラボ新情報など

  10. 10

    『FGO』加藤段蔵や柳生但馬守宗矩のピックアップ召喚が開催

[集計期間:10月16日~10月22日]

ページ
トップへ